テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 11日

ちょっと外泊

来週テキサス州のガーランド市のカトリック教会で演奏会をするので
今週末は駆け足でリハーサルに行ってきました。
a0042932_1127718.jpg

礼拝堂はアメリカで流行りの「コンテンポラリー」タイプ
a0042932_11334845.jpg



これが演奏台。2003 年 Ross King 社製。
段々畑のおもちゃみたいに見えますけど。
a0042932_11363674.jpg

この日、ビルダーのRoss King 氏がじーっと聴いてくれてたんですよ。
自分の楽器が演奏される時ってどんな気分なんでしょうね。

オルガンの魅力を最大限に引き出すために
作曲者の指定したレジストレーションを変えることがありますが
今回はレジストレーションでかなりの妥協が必要になりそう。




リハーサルの前日は Joyce Jones 氏のコンサートに行ってきました。
場所はBroadway Baptist Church 。
Jones 先生はきよの大学時代のオルガンの恩師であり、テキサスの母です。
a0042932_11544641.jpg

写真はコンサートの後のレセプションから。
懐かしい顔ぶれでいっぱい。
ひたすら食べて、飲んで、喋って、撮って、楽しいひとときでした。

ちゃんちゃん
[PR]

by organistnikki | 2010-04-11 12:40 | パイプオルガン | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/10392212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toramutti at 2010-04-11 22:46
うーん、聴衆からもろ、見られる位置にSpieltischがあるんですねぇ。私には弾けないなぁ。見られない、ということに慣れちゃっているからなぁ。。
10月にはでも、もろ見られるオルガンで弾くことになっちゃっているんですけどねぇ。
で、プログラムは?
わたくしは4月24日オールバッハです。ペンテコステのChoralvorspielを二つとトリオソナタのト長調。。無謀でしょ。
Commented by Marty紅緒 at 2010-04-12 10:16 x
世界地図を持ってきて・・ガーランド市を確認でした。
Jones先生はきよさんの恩師でテキサスのお母上なんですね(*^_^*)私のボスもファミリーネームがJonesです。ボスになる前は私の英語の先生でした。
テキサスって本当に広いですよね~ いつも地図を見てはそう思います。
Commented by みいはあ at 2010-04-13 11:21 x
Marty紅緒さまエライ!ちゃんと調べたんだ!
ガーランドはテキサスのどのへん?大きな町?

コンテンポラリーって現代風ってことですか?
どのへんがですか?
段々畑はいつもと変わりありませんし・・
違いがわからぬのです^^;
すみません、教えて下さいね。
Commented by 南十字星 at 2010-04-13 19:01 x

私もChiemiさんに‘みいはあさん’とおなじ質問したいです。

で、たった今、地図でガーランド市を見てみました。ダラスに近いのですね。やっぱりアメリカは大きい国ですね!

カトリックの教会もモダンな礼拝堂が流行ですか?
演奏台も建物に合わせて作られているのですね。
シンプルで機能的でフレンドリーな雰囲気ですね。
コンサートホールとか劇場のようにも見えますね。
Commented by sakurako at 2010-04-14 08:45 x
皆さん勉強家ですね。え~と世界地図は・・
あれ?どこに行ったのか。(汗)

CHIEMIさん!5月の飛行機の
チケット購入しましたよ~~
Commented by 紅太郎母 at 2010-04-14 20:19 x
自分の作った楽器を弾かれる時って、どきどきでしょうね。お顔が想像できそうな気がします。(私も同じ気持ちになって今そんな顔をしています(笑))

↑ぐふふ、sakurakoさん、私も地図帳が旅に出たようで・・(汗)

Chiemiさん、5月が待ち遠しいです♪♪ 演奏後、楽屋に押しかけたらご迷惑でしょうか?絶対黄色い声出しませんから♪
Commented by organistnikki at 2010-04-21 10:32
虎ママさん
プログラムはソロ5曲と連弾4曲です。
あ、そうですね、このオルガン、みなさんからよく見えますね。
ヨーロッパのオルガンは演奏者の姿を見られないことがほとんですよね。
虎ママさんは24日ですか!
オールバッハ、楽しみですね。 足腰手首を大事にしてくださいね!!
Commented by organistnikki at 2010-04-21 10:35
紅緒ママさん
私もね、お恥ずかしながら、ガーランドの位置をわかってませんでした。
ダラスの周辺ってことだけは知ってましたけど。
テキサス、広いです。
アメリカ人は遠距離運転なんて日常茶飯事らしいですが、私はダメなんです。
Jones という名前は日本でいう佐藤さんや鈴木さんみたいなんでしょうか(笑)。
Commented by organistnikki at 2010-04-21 10:42
みいはあさん
段々畑の違いねえ、弾いてみるとよーくわかるのです。
段々畑の数が違うこともあるし、色が違うこともあります。
素材も木やら象牙やら、プラスチックやらそれぞれです。
なので触覚も楽器によって全然違うんですよ。こんなんでわかります?(笑)
そうそう、そうです、コンテンポラリーって現代風でいいです。
同僚たちがそういう言い方をするもんで、つい使ってしまいました。
Commented by organistnikki at 2010-04-21 10:53
南十字星さま
うちの教会は古めかしい暗めの長方形の礼拝堂なんですが、この教会はもうちょっと丸みをおびた感じの礼拝堂で、光をたくさん取り入れてます。ホント、シンプルでフレンドリーですよね。居心地良かったです。
アメリカって大きな国です。それなのに、車で移動したがる人が多いってすごいです。車で17時間ノンストップで運転しても平気な同僚がいますから。私は1時間運転したら休憩が必要・・・。
Commented by organistnikki at 2010-04-21 10:54
sakurako さん
みなさん、勉強家ですよねー。私はさっぱりですよ。
わー5月、楽しみにしております!!!
どこで集合しましょうか。
マロンちゃんにお留守番をしっかり頼んでおかなくてはいけませんね(笑)。
Commented by organistnikki at 2010-04-21 11:00
紅母さん
ねーみんな勉強家ですよね。エラい!
オルガンビルダー氏の気持ち、わかるような気もします。演奏会の後のキング氏は笑顔満面で私たちもすごくうれしかったです。
5月、楽しみですよ。もうどうしましょ〜〜。エステに行く時間はないので、もうこのままで許してくださいね。楽屋ってあるのかな。私たちが紅母さんたちのところに伺いますので(笑)。よろしくお願いします!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ガーランドの演奏会の報告      イースターの日 >>