2010年 11月 24日

タローからはじめよ

a0042932_1456582.jpg


素顔のタローです。

って言っても、普段、タローが化粧してるわけじゃあないんですが。

自分のデジカメで撮ると、タローらしさが出ないなと思ってたのですが
父の一眼レフで撮ると、この通り。
タローの特徴がバッチリ表現されてるような気がします。
って、単に私の写真の腕が今ひとつなだけなんですが。

父のカメラはすでにきよの「おもちゃ」になってまして、
よって、これはきよの写真です。

a0042932_15111920.jpg

あれ、タローが増えた??

写真の勉強を始めるなら、まずはタローから!
ってことで、これからタローの写真が増えることでしょう。
写真が趣味と言っても、ツマの写真は撮ってくれないんですが・・・。
いつも眺めていたくないからか(笑)。

***
きよが村上春樹氏の「意味がなければスイングはない」を読んで以来、
すっかりフランシス・プーランクの音楽にハマっています。
で、我が家のBGM はプーランク三昧。
ピアノ協奏曲や、オルガン協奏曲、ピアノ曲とかはよく聴いてたけれど、
室内曲は知らなかった、いや、これがまた面白いんです。
プーランクの室内曲、おすすめです。
*追記)歌曲もおすすめです!




ついでにきよが書いた本の感想文?も載せておきます。
村上春樹著 「意味がなければスイングはない」

『村上春樹による音楽評論集。タイトルは、デューク・エリントンの作品「スイングがなければ意味はない」をもじってある。全部で十章に分かれているが、だいたいジャズ→ロック→クラシックの順で書かれている。かなりマニアックな視点で書かれている(あまりにも専門的で、どうでもいい内容も多い)ので、読み始めてすぐに最後まで読めるか自信がなくなった。ところがさすが村上春樹だけあって、文体はとても読みやすく、特にそれぞれのミュージシャンの生涯が面白く描かれているので、ついついハマってしまった。個人的に気に入った章は「ブルース・スプリングスティーンと彼のアメリカ」と「ゼルキンとルービンシュタイン〜二人のピアニスト」だった。さすがに本の中で紹介されている音楽はどれも気になる。その影響で、読み終わってすぐにフランスの作曲家「フランシス・プーランク」のCDを3枚もネットで買ってしまった。』

ちゃんちゃん
[PR]

by organistnikki | 2010-11-24 22:55 | | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/11613030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タローの父 at 2010-11-24 23:23 x
カメラのおかげもあるんだけど、実は開放値の高くて明るいレンズを使ったからこんな写真が撮れたんだよ。ニコンのAF-S DX NIKKOR 35mm F1.8Gというのを使いました。ズームの付いていない単焦点レンズなんだけど、これで撮影するのがとても楽しいのだ。ちなみにレンズはアマゾンで 180ドルと安値だったので許してください。
m(。_。;))m ペコペコ…
Commented by toramutti at 2010-11-25 01:58
プーランク、フルートとピアノのを伴奏でやったことがあります。楽しかったよ。オルガンのあれ、いつか弾きたいとスコアはあるんですけどね。。
Commented by いけ at 2010-11-25 06:44 x
やっぱり一眼レフで撮ると遠近感がぐっと出て良いですね!タローちゃんとってもりりしいです♪
プーランクは室内楽も良いですけど何と言っても歌曲がおススメです!あのパリ独特の気だる~い感じが出ててなんとも言えぬ感傷度です。是非聴いてみてくださ~い(^^)
Commented by organistnikki at 2010-11-25 09:45
>タロー父さん
タロー父さんの工夫でいい写真が撮れたとアピールをしているね!
じゃ、今度タロー父の工夫で母を実年齢より10若く撮ってください。
Commented by organistnikki at 2010-11-25 09:47
>虎ママさん
演奏されたことがあるのですね。アンサンブル楽しいですよね。
オルガン協奏曲はオルガニストなら多くの人が弾いてみたいと思うでしょうね。
Commented by organistnikki at 2010-11-25 09:50
>いけさん
いらっしゃいませ!タローをりりしいと言ってくださってありがとうございます。
プーランクの歌曲はおととい初めて聴いてぶっ飛びました。。
いけさんのおっしゃる通り、パリを思わせる気だる〜い感じ、最高です〜。
Commented by みいはあ at 2010-11-25 09:52 x
タローちゃんだ!!
タローちゃんがいっぱい♪
ゴメンね。私、違いがわかんない人なのだ(^_^;)
ピンボケじゃなく、被写体が可愛ければどんなのでもいいです!
う~ん、それともこの可愛さが出てるのはカメラのせいなのかな??

↑タロー父さま
お元気ですか?お久しぶりです~~。
え?レンズを買い換えたのですか?!たった180ドルって・・日本円にしたら・・高すぎです!
chiemiさん、来月のタロー父さまのお小遣い値下げを検討してください(~o~)

村上春樹は私は、あまり読んでいませんが、チェックしておきます♪
Commented by organistnikki at 2010-11-25 10:01
>みいはあさん
ね、みいはあさんのためにタローをいっぱい載せましたよ。
タローは可愛いからどんなのでもいいって、もう最高のお褒めのお言葉です。
ね、タロー父は知らないうちに買い物をするんです。止められません。
ま、無駄遣いじゃない・・らしいから、大目に見ておこうかな。
Commented by Marty紅緒 at 2010-11-25 10:32 x
春樹マニアのため春樹さんの本はすべて読んでる私です。この「意味がなければ・・」は、音楽ど素人の私にはわからん事がいっぱい・・それでも、春樹マニアなので最後まで読んじゃいました。
タロー王子の素顔ですにゃ。なにやら憂いを含んだ表情のようにも見えまする。私も真っ黒王女に鈴付けようかな?あの子、かくれんぼして、私が呼んでもお返事しないときもあるんです。鈴が付いていたら探すのも楽そう?!
Commented by organistnikki at 2010-11-25 14:17
>紅緒ママさん
春樹さんの本をすべて読まれてるんですか!すごいっ。
タローは幼少の頃から鈴を付けてて、気に入ってるようです。
わざと鈴を鳴らして、自分の要求を伝えようとすることもあって、
時々、タローの頭の良さに感服してます(って親ばか?!)
Commented by tnysatcmo at 2010-12-06 12:16
こんにちは〜。
リンクを秘かに勝手に頂いておきながら、ほとんど訪問していなかった不届き者です。す、すみません><。
タローくんがあまりにかわいいので、ついコメント^^;。
春樹氏は昔ずいぶんとはまったのですが、最近は全然読んでいなくて、
「意味がなければスイングはない」も文庫が出る前から手に入れていたのですが、何だかんだと未読。
タロー父さまのコメントを拝見して読む気が沸いてきました。ありがとうございます。
プーランクは美しいメロディを紡ぎながらも諧謔味とかもあって面白いですよねー。
オケで「牝鹿」をやった時はおもしろい裏切りがたくさんあって翻弄されましたです。
歌曲もオルガンの曲もたくさん書いているんですね。
管楽器の室内楽に偏って聞いていたので、今度そちら方面も聞いてみます!
Commented by organistnikki at 2010-12-07 11:37
tnysatcmo さん
いらっしゃいませ〜! はじめまして、ですよね。
タロー父は村上春樹氏のファンでほとんど読んでます。
またタロー父の感想文を載せますね。私はあまり読んでいないのです。
プーランクの曲、おもしろいでしょう。彼自身も面白い人ですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2010年のサンクスギビング      太陽拝タロー教 >>