テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 21日

ベイラー大学演奏会 1

a0042932_448459.jpg


2011年のバレンタインデーはベイラー大学 (Waco 市)にて
清人とパイプオルガン演奏会でしたよ。
Waco ってハート・オブ・テキサスって言われてるんですが
バレンタインにハート・オブ・テキサスで彼とオルガン演奏会って
言葉にするとロマンチックでしょう(笑)。

a0042932_11463675.jpg

写真は13日のリハーサル風景なんですが
この1時間後にオルガン様は突然、ご機嫌を損ねられました・・・。

上から3番目の鍵盤(グレート)の中央C(ド)の1オクターブ上のドを弾くたびに、
グレート 鍵盤のすべての音が消える、というヤッカイな事態発生。
壊した壊れたのがコンサートの前日、しかも深夜。

ここ3週間のテキサスの気温変化は激しかったですからね。
マイナス13度からプラス27度まで、急激に上がりました。
人間だって、この気候で病人が続出してるんです。
オルガン様だって、叛乱を起こしたくなる気持ちはわかるんだけど
なにも私たちのコンサートの直前じゃなくてもええやん!
(と、心の中で叫んだ私。)

a0042932_1145071.jpg

で、翌朝8時、オルガンビルダー氏が駆けつけてくれました。


続く
[PR]

by organistnikki | 2011-02-21 11:51 | パイプオルガン | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/12154997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toramutti at 2011-02-21 17:18
あぁぁ。。そう、こういうことって直前なんです、直後にはないんです。
うちのほうでは、ペダルさんがストライキして、一回鳴ったらそのままよん、ということが。。。
Commented by 紅緒まま at 2011-02-21 18:12 x
おおおおお、ロマンチックです♪
テキサスのチェ・ジウとええと・・・きよさんは誰にしようかな。
でも大変でしたね。
「続く」を待っております。
Commented by みいはあ at 2011-02-22 10:02 x
waco・・日本語で「和光」かな?

気温の変化にびっくりです(@_@;)砂漠じゃありませんか?!
体調もおかしくなりそうです。一日で四季を味わえる・・贅沢と言えば贅沢(笑)
楽器だって気分も悪くなりますよねぇ。本番直前って・・その時間をみはらかっていたのに違いない!
Commented by 陽だまり堂 at 2011-02-22 18:25 x
バレンタインデーの日、清人さんとの演奏会素敵~☆
アクシデントは神様のヤキモチかも?

「陽だまり堂」開店6周年の猫の日に「我家のにゃんこ・わんこ紹介」コーナーに
タロー君の可愛いお写真を頂き、ありがとうございました。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
Commented by organistnikki at 2011-02-23 12:22
虎ママさん
がはは、そうですね、直後にはないですよね。
虎ママさんのそのキッパリ&サッパリとした表現に大受けしてます。
同業者のお言葉は胸を打つのです。
うっはー、そちらも大変でしたね。
Commented by organistnikki at 2011-02-23 12:25
紅緒ままさん
チエ・ジウさまのお相手はやっぱりあの方でしょう。
むふふ、ヨ・ン・さ・ま!
前から写真を載せていないので、見逃してください(笑)。
Commented by organistnikki at 2011-02-23 12:32
みいはあさん
正直なところ、この気温の変化で、体調も気分も変てこでした。
楽器様も頃合いを見計らって、激しくストライキを起こしました。
もう〜、絶妙なタイミング!
でも壊れても愛しい楽器だなーと思いました(笑)。
Commented by organistnikki at 2011-02-23 12:35
陽だまり堂さん
いろいろアクシデントがあって楽しいバレンタインでした。
6周年記念、おめでとうございます!!!!
いつもタローのお写真を飾っていただいてありがとうございます。
可愛い犬猫グッズ満載の陽だまり堂さん、テキサス支部長も営業活動させていただきますね。
Commented by いけ at 2011-02-27 06:12 x
演奏会お疲れ様でしたー!(^^)/
直前のアクシデント大変でしたね!やっぱり広い教会と言えど、温度差でオルガンがんがん狂いますよね…。
すごい!そちらのオルガンはこうして鍵盤の間がガバッ!と開くんですね~これは驚きです。うちのは昔風機械アクションなので、気温の変化でしょっちゅう鍵盤が戻らなくなります。果たして電気式と機械式とどっちが便利なんでしょう…??
ホント、オルガンビルダー様様ですね~苦笑。
Commented by タロー母 at 2011-02-28 05:32 x
いけさん
ありがとうございます。
そうなんです、ここのオルガンは温度の管理がされているとは思うのですが、やはり、急激な温度差に悲鳴をあげたみたいですね。とにかく、人間もこの気温差で、へろへろでした。あ、それとリストの曲。私がCの音を連打したのですが、オルガンくんはその連打のされ方に怒った?みたいです(笑)。
いけさんのオルガンは鍵盤が戻らなくなることがあるんですね。それは困ります。
いずれのオルガンにしても長所、短所があるんでしょうね。オルガンビルダーさんがいつも近所に控えてくれてたら問題なし、でしょうが、なかなかね(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ベイラー大学演奏会 2      幻の九連宝燈 チューレンポートン >>