テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 23日

ベイラー大学演奏会 2

a0042932_10373638.jpg

1からの続きです。


オルガンビルダー氏、汗を垂らしながら、3時間くらいでオルガン修理してくれました。
音が消えた原因は真っすぐであるべき3本のワイヤーの1本が曲がっており、
それが誤作動を起こしてたらしいです。

しかし、練習は「おあずけ」でしたね。
なんせ、大学のホールは忙しい場所なんですよ。
すぐ学生オーケストラ楽団のリハーサルが始まりまして
総勢100名くらいいたかなー。(上の写真です)
当然、私たちはリハーサルできないので
早めのランチをすることにしました。
a0042932_10411863.jpg

フレンチオニオンスープとサンドウィッチ、
きよは、タイ・チキンサラダ。
きよのサラダ、激辛でしたよ〜お気の毒。
食事にハズレると、ショックは大きいですって(笑)。

ランチの後、オーケストラのリハーサルの後半を聴かせてもらいました。
彼らが練習してたのはショスタコーヴィッチ作曲の交響曲7番「レニングラード」
もうこの曲大好き!!
学生さんたちのの演奏も、素晴らしかったです。
惚れ2 (みいはあさんから拝借)

オケのリハーサルの後ようやくオルガンを触ることができたのですが
2時半から別のホールで友人夫妻の演奏会があるし
ホールでウィンドアンサンブルのリハーサルもスケジュールされてるし
私たちのリハーサルは、ほんの1時間で打ち切り。

a0042932_10493425.jpg

こちら別のホールのオルガンくん。
イタリアのルファティー社のオルガン。
バレンタインカラーにライティングされてますね。粋な演出!
実はこのオルガンも前日ご機嫌を損ねられたそうで。
トランペットエンシュマーダ(一番大きな音がする)がストライキを起こしたんですって。
そういえば、前日、別のオルガンビルダーの ロス・キング氏と奥さんのキャロルさんを見かけのは
そういう理由だったんだ、やれやれです〜。3に続く



上記の友人夫妻はニューヨーク在住のピアニスト&オルガニスト。
Erik Birk さん とBernadette Hoke さん。
左のエリックは私が音楽院に入学した時、音楽院の図書館で働いてたんです。
返却が遅れたりすると、容赦なく、厳しく怒るので、学生たちにはすこぶる評判が悪かった。
(もちろん、本を返し忘れる学生の方が悪いんですが、ははは。)

その時は、エリックがテキサス北部の田舎町出身だなんて知らなかったし、
まさか、将来、私が彼のお母さんの仕事を引き継ぐなんて、想像もしてなかったし。
世間はひょっとして狭いのかもしれないですね。
関係なさそうで、何かしら、いろんな人と繋がりがあるようです。

ご夫妻は帰郷する度に、きよや私の教会に寄ってくれるし
今じゃ、すごくいい音楽友達であります。
ちゃんちゃん

3に続く〜
[PR]

by organistnikki | 2011-02-23 12:08 | パイプオルガン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/12166985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 紅緒まま at 2011-02-24 20:10 x
エリックさんとは不思議な縁ですね。
不思議というか世間は狭いというか。
早めのランチ・・スリムなChiemiしゃんのどこにこんなに入るんだろう?オニオンスープは私が作るのより大雑把に見えなくもないれす。
「3」を待っておりまする。
Commented by みいはあ at 2011-02-25 11:18 x
chiemiさん、私のブログの宣伝までして下さってありがとう(~o~)

バレンタインデーにあわせて色を塗ったのですか?!そんなに簡単に塗りかえって出来るのですか?

ランチ、そうそう、私も思いましたとも!私が拵えてるんじゃなかろうかの素人っぽさ。野菜の大きさのバラバラなこと"^_^"各野菜の個性を生かしたきり方なのだね~~、きっと。

「3」を待っておりますです。。
Commented by organistnikki at 2011-02-25 23:40
紅緒ままさん
ホント、世間は狭いです。
エリックたちのコンサートではエリックのご両親の隣の席に座りました。
うふふ、オニオンスープ、大雑把ですよね。
私はこういう大雑把に慣れてしまって、大雑把なものは平気です。
美味しかったで〜す。
Commented by organistnikki at 2011-02-25 23:44
みいはあさん
あれは赤い色の電気の照明です。もちろん塗ったわけじゃないです(笑)。
ね、野菜の大きさがバラバラ、盛りつけが豪快とか、サンドウィッチがパサパサとか、日本の食事とは繊細さのレベルが違います(笑)。
私はこういうのに、慣れてしまったので、美味しくいただきましたよ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ベイラー大学演奏会 3      ベイラー大学演奏会 1 >>