テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 05日

ミセス・アンソニーのお葬式

a0042932_10443373.jpg

テキサス北部の田舎町、この花が満開です。
クリーブランド・フラワーリング・ペア・トゥリーという名前らしいです。
知らぬ間に春は来てたんですね。
残念ながら、今晩の強風で散ってしまうでしょうが。

a0042932_11344330.jpg

お葬式の風景です。
教会の名物人物ミセス・アンソニーが亡くなり、昨日がお葬式でした。
89才という天寿を立派に全うされたと思います。
ゲストスピーカーもユーモアたっぷりに彼女の生前のストーリーを語り
笑い声の絶えないお葬式でした。
a0042932_12241448.jpg
故ミセス・アンソニーのお友達が彼女に敬意を表し、教会の周りに50本ものアメリカの国旗を立ててくれました。


ところで、こちらのお葬式では黒の礼服は着ません。
華やかな服装で参列される方もいます。
とても自由な雰囲気です。
香典というものもありません。

今回も心を込めてお葬式の奏楽をさせていただきました。
参列者の方々から音楽が良かったとたくさんコメントをいただき、感激です。
好きなオルガンを弾かせていただき、みなさんに喜んでいただき
こんなにありがたくて幸せなことはない、といつも思うのです。




お・ま・け
a0042932_12204346.jpg

「ものほしげなタロー」の写真をどうぞ。
タロー氏、すっごく元気です。
ダイエットも順調。一日15分くらいは運動してますよ。
[PR]

by organistnikki | 2011-03-05 12:37 | テキサスライフ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/12223237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 紅緒まま at 2011-03-06 09:58 x
クリーブランド・フラワーリング・ペア・トゥリー・・・素敵です。でも、長い名前。花や木の名前、覚えるの苦手です。
89歳で亡くなられたミセス・アンソニー・・・お葬式であたたかい笑いがあったというところに彼女のお人柄が偲ばれます。
あ~Chiemiさんのオルガン♪私もまた生で聴きたいにゃぁ。sakurakoさんと聴いたあの日を思い出しました。
タロー王子・・あはは♪ 今度はあのおっかないChiemiさんの「ダメッ!」の動画のお声を思い出しちゃいました。逃げろ~
Commented by くう at 2011-03-06 20:15 x
いつも楽しみに拝見してます。コメントは初めてです。
教会での奏楽の初心者です。葬儀の前奏・後奏・献花の曲は、どんなものを弾かれたのですか? 初心者用のお薦め曲なども教えて下さいますか。
Commented by ハレはは at 2011-03-06 23:05 x
夢みたいに綺麗な木ですね~さくらみたい。
薄桃色に見えますが、真っ白なんでしょうか?
花が散ったあとの、新緑の木もきれいでしょうね。
見てみたいです。

タロー王子のアップに、メロメロになっちゃいました~~
Commented by みいはあ at 2011-03-08 13:56 x
グス。。今日は日が悪いのでしょうか?午前と午後コメント書いていて操作ミスで二度も文字が消えてしまった(~_~;)
記入する元気がなくなりそうです。

この木は、chiemiさんに何度か紹介してもらってますね。もう満開の季節になりましたか。紅緒ままさん、名前を覚えられないそうですが、私よりは救いがありますよ♪私、最初から諦めてるもん♪
覚える気もない(笑)

こういう言い方は失礼かもしれませんけど、同じお葬式でも明るく見送れる年齢だったんじゃないかと・・だから演奏を聴く心の余裕も参列者にあったのではないでしょうか?私も演奏聴きたかったです。
タローちゃんはダイエット中なの?!わお~~頑張ってね(^_-)-☆
Commented by ミツルリのお母飯 at 2011-03-09 19:06 x
たくさんの人がいらっしゃいますね 確かに派手なネクタイの方も見えます!日本とは全然違うのですね~!でもそちらの方がなんだか晴れやかでいいですね~天寿をまっとうされたならなおさら明るく送り出したい気がしますね。タロちゃん!かわいい!ぬーんって表情に笑ってしまいました~
Commented by organistnikki at 2011-03-13 09:58
紅緒ままさん
同僚に聞いたら、これはブラッドフォード・ペアツリーだそうです。
名前間違えです、ごめんね、ツリー。
お葬式の後の日曜、いつもの席にミセス・アンソニーがいなくて、寂しかったです。
sakurako さんのこと、ホント思い出しますね。会えて良かったです。
あはは、タローの動画、覚えててくださってありがとうごじゃます。
あの『ダメー!』は怖いですよね。自分でもそう思いますもん(笑)。
Commented by organistnikki at 2011-03-13 10:04
くうさん
初めまして!いらっしゃいませ!!
前奏は30分くらい弾いてました。スタンダードなクラシック曲ばかりですが(オルガン用にアレンジされてる曲)、パッヘルベルのカノン、バッハの人の望みの喜びよ、バッハのアベマリア、賛美歌のアレンジとか、弾いたと思います。後奏はリクエストにより、ドボルザークの家路、そのあとで、ヴィドールのトッカータを弾きました。毎回、こんな曲を弾いてます。うちの教会では献花の曲というのはないんですよ。他にはクワイヤーが「battle hymn of republic」を歌いました。「ごんべさんの赤ちゃんが風邪ひいた〜」のメロディーのあれです(笑)。
Commented by organistnikki at 2011-03-13 10:07
ハレははさん
花が散ったあとの新緑のペアツリーのお写真も載せますね。
それもとってもまあるくてかわいいんですよ。
特にテキサスの青空と一緒に撮ると、素敵なんです。
この花は白です。うちにもあったのですが、嵐の日に折れてしまいました。
ちょっと幹が弱い木なんだと思います。
タローにメロメロになってくださいました?!うれしいです。
彼は今日も元気いっぱいですよ!

Commented by organistnikki at 2011-03-13 10:14
みいはあさん
そちらにいたずら天使が登場しましたね。せっかく書いたコメントが消えちゃうとガッカリですよね。私も同じ体験、みいはあさんのところで2回ばかり、ありましたよ!!がはは。ミセスアンソニーは天寿を全うされ、明るく見送ることができて良かったです。
地震の被害は目を覆うばかりですが、みいはあさんのところも揺れ続けてて、心配です。被害がこれ以上拡大しませんように、祈るばかりです。被災地救済コンサートをやれ!と言ってくるアメリカ人がいます。うーーむ。
Commented by organistnikki at 2011-03-13 10:21
ミツルリのお母飯さん
お久しぶりで〜す。お元気ですか?
ね、派手派手なネクタイのおじさんとか、金ぴかなお洋服のおばあちゃまとかいらっしゃるのですよ。これも彼らなりに故人に敬意を表しているのです。日本の喪服はとてもフォーマルで素敵だと思うのですが、お葬式の時に会場が真っ黒になると、ものすごく悲しくなってしまうことがあります。
タローの表情、おかしいですよね。実はテーブルの上に美味しいものがあって、タロー氏はそれが欲しくてたまらなかったのでした(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< コロラドへ行ってきました      ベイラー大学演奏会 3 >>