2012年 08月 12日

ありがとう カルロ・カーリー

a0042932_1039666.jpg

1952年8月24日生ー2012年8月11日没

突然の彼の悲報に、とてもショックを受けています。
4年前の、ここテキサス北部の田舎町での素晴らしいオルガンコンサートは
まだまだ記憶に新しいです。
彼はノース・キャロライナ出身のアメリカ人。
後にイギリスに拠点を移し、音楽活動を続けてきました。
日本でも何度か演奏会をされてます。

カルロ・カーリー氏の演奏はメチャクチャ表現豊か。
ユーモアのセンスも抜群、そして、人の面倒をみるやさしい人でした。
私たちも縁あり、何度も長いメールをいただき、勇気づけられました。

彼のご冥福を心よりお祈り申し上げます。




演奏会の前、清人と一緒にオルガンの演奏台の前で
a0042932_10524437.jpg


わしの手は大きいじゃろ〜と私の手と比べっこするカーリー氏。
a0042932_10532285.jpg


大きな体の割にメチャクチャ神経質(失礼!!)で、
演奏会の前に丹念に鍵盤を拭くカーリー氏。
a0042932_10533990.jpg

[PR]

by organistnikki | 2012-08-12 11:11 | パイプオルガン | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/15954264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しま at 2012-08-12 15:36 x
カルロ・カーリーさん亡くなったのですか!?
とてもショックです。実は、私、30年以上前にとても影響を受けて、それでオルガン弾いていたんです。
東北の公演でお会いして写真をとったこともありました。
ご冥福をお祈りしています。
Commented by 紅緒まま at 2012-08-13 09:40 x
60歳を目前に亡くなられたんですね。
ご冥福をお祈りします。
メチャクチャ表現力豊か・・という演奏、聴いてみたかったです。
Commented by みいはあ at 2012-08-17 13:12 x
お悔やみ申し上げますm(__)m

「ご冥福を祈ります」って普通に言うけれど、我が家のお寺では「冥途は福があるところに決まってるんで言っちゃいけないんだとか。弔電もその言葉を除いて読み上げたのであっという間に終わりました(笑)

話は戻って・・
とてもお元気そうに見えましたが急な病だったのでしょうか?
お気の毒です・・・
私も聴いてみたかったなあ。。
Commented by organistnikki at 2012-08-20 05:04
しまさん
カルロさんとはテキサス北部の田舎町全体をドライブしましたよ。
ということは、私たちがしまさんに出会えたこともカルロ・カーリーさんのおかげですね。
わーそう考えると人の縁ってすごいな、って思います。
Commented by organistnikki at 2012-08-20 05:09
紅緒ままさん
ホント60才目前でしたね。
紅緒ままさん、この方は面白い人でした。
一生懸命に生きた人だった、という気がします。
Commented by organistnikki at 2012-08-20 05:14
みいはあさん
演奏会ではノリにノって、1時間半のところを2時間くらい弾き続けてくれました。
人並みはずれたパワーのある人でした。
体も人並みはずれて大きい人でしたし、たぶん心臓が悪かったのかな、と思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 不思議な引っ越し      広島原爆の日 >>