2013年 01月 04日

111のオルガンコンサート

a0042932_11485089.jpg


新年が明ければ、今年も、きよ(オット)のオルガンコンサート!

今回の目玉曲?!というか、テーマは、ポスターにあるように
チャップリンの無声映画です。

プログラムは

1. ハンガリア狂詩曲2番(オルガン連弾で)・・・・・リスト作曲/渡邉清人編曲 
    もちろん、私が連弾の相棒ですよ。
*この連弾楽譜はスウェーデンのTRUMPH 出版社から近々、出版されます。

2. 主の祈り・・・・デュルフレ作曲 ージムの歌のソロ 

3. 前奏曲、アダージョと「来たれ創り主なる聖霊」による変奏曲・・・デュルフレ作曲 

そして

4. チャップリンのゴルフ狂時代 (32分)

コンサートは、1月11日 7時より
First United Methodist Church in Wichita Falls, Texas にて


余談ですが、今回のプログラムに入っている
デュルフレという作曲家は1902年1月11日に生まれたんだそうです。
年齢を計算してみたら、なんと111歳。

きよはデュルフレの熱烈な大ファンで彼の曲は全曲弾きますが、
この記念すべき111回めのデュルフレの誕生日にデュルフレを弾くなんて、
面白い偶然だな、と思いました。
111の111ですからね! (^_-)---☆

日本では111って、ワンワンワンで犬の日だったりするのかな(笑)。
[PR]

by organistnikki | 2013-01-04 13:54 | パイプオルガン | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/17095917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 紅緒まま at 2013-01-04 17:40 x
111のコンサート♪
1月11日生まれで、存命なら今年111歳になる作曲家の曲を1月11日に弾かれるんですね~
入場料無料で駐車場も無料・・・きよさんの教会、大きかったのを思い出しました。
またコンサートの様子、アップしてくださいね。
Commented by toramutti at 2013-01-05 01:45
私はヂュルフレ、譜めくりだけで弾いたことありません。
こちらは19日の30分のコンサート、北ドイツとバッハです。5月は久々にメンデルスゾーンかなぁ。
今年もよろしくお願いします!
Commented by みいはあ at 2013-01-09 09:59 x
ゾロメって縁起がいいというか、ゲン担ぎというのか、おめでたいものに使うような。アメリカでもそうなのかな?
麻雀でもぞろ目だと役がいっぱい?!

チャップリンの映画音楽って好きです♪
今季フィギュア・スケートのスペインのフェルナンデス選手は、FSにチャップリンメロディーを選んでました(^O^)なかなかいいです。
日本では略すことが多いんで、彼は「なんです君」と呼ばれています(笑)
Commented by organistnikki at 2013-01-14 03:53
紅緒ままさん
ね、何か特別な日って気がしますよね!
実は新年早々、インフルエンザにかかったようで、
久しぶりに大変な目に遭いました。
元気なのはタローだけ!
ぼちぼち、アップしようと思います。
Commented by organistnikki at 2013-01-14 03:57
虎ママさん
ドイツのオルガンではやはりドイツの音楽が最高ですよね。
19日のコンサート、頑張ってくださいね。
11日のコンサートはすっごく良かったですよ。
いつもこんなコンサートができたらいいな〜。
Commented by organistnikki at 2013-01-14 04:00
みいはあさん
ゾロメ、縁起がいいですよ!
この日だけ最高気温が20度まで上がり、暖かく、いいお天気に恵まれました。
今はもう零下再びで、骨の随まで冷えること、テキサスの冬って厳しいわ。
「なんです君」の演技、みいはあさんに言われて早速見ました。
これから応援しようかな、なんです君。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 111の報告      タロー豹変 >>