2017年 04月 15日

タロー・ロス

a0042932_07170144.jpg
去年5月25日のタローです!
タローが旅立って2週間経ちました。


明日はイースターってこともあり、大掃除を始めたんですけど
あちらこちらに愛猫タローの痕跡を見つけて
泣けます。
a0042932_07165439.jpg
去年4月9日のタローです。

食卓(コタツ)の上で長々とくつろがれるタローを見るのは日常茶飯事のことでした。
『躾がなってないね〜』などと、ブツブツ言いながら
テーブルを拭くタロー母さんでしたが
もう、こういう光景ももう見られまん。

泣けるよ〜






[PR]

by organistnikki | 2017-04-15 17:42 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/23817332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 紅福母 at 2017-04-16 13:03 x
分かります分かります・・・もう痛いほど・・ 目が曇ってくる~、ワイパー欲しい~、何を見ても思い出すのですよね。そして不思議に思うのです・・この前までそこにいたのに、どうして居ないの?って・・ 心がからっぽになる感じ・・こればかりはどうしようもないですよね。紅太郎とのお別れの時80代の大先輩が仰ったのです・・「そんなに悲しむほど愛せたと言うことは素晴らしいことですよ!」と。愛するものとの別れは身を切られるほど辛いけど、いっぱい愛して見送ってあげられた、お互いに幸せだったんだと思うと少しだけ痛みが和らぎました。でもでも、やっぱり辛いですよね。 無理に元気を出そうとなさらずに少しずつ、少しずつ元気を取り戻して下さいね。こんなことしか言えなくて・・

↓コンサートお疲れ様でした。生の演奏聴きたかったな~。ブルーの衣装素敵です!(前からも写して欲しかった!)
好きな仕事があるって本当に有り難いですよね!(紅太郎ロスの時、どんなに仕事に助けられたか分かりません)特にChiemiさんのお仕事は常に技術や感性を磨き続けなければならないお仕事。大変だけれど心を一心に注ぐことができますよね。↓本当は~を弾きたいって書いていらっしゃるので、きっと願い続けていれば叶うと思います! 紅太郎、福太郎と一緒に応援していますね~♪♪(^o^)♪♪♪ もちろんタロー君も傍で応援していますよ~!(*^_^*)
Commented by 紅緒まま at 2017-04-17 08:01 x
先代猫マロンを亡くした時のこと思い出しました。
長年の癖(習慣)でもう必要ないのに、リモコンは上面を下に向けて置いたり、玄関の出入りの際に跳び出さないように(もう居ないのに)足元を見まわしたり、室温に出しておいたバターに(なめられないように)ラップしたり、帰宅した時に迎えてくれる子がいなくなったさびしさ、夜お布団に入ってくる子がいない寂しさ・・・・あ~切りがなし。

タロー王子、うちの茶白っ子の大先輩ですが、ぴっちより毛質が柔らかそう。ぴっちも充分に柔らかいのですが、まーちゃんの方がもっと柔らかいのです。王子もそんな感じがします。
王子、愛してるよ♡ ちえみしゃん、どうぞお元気になられてくださいね。王子もそれがきっといちばんの願いですよ。

コンサート、うふふ。6月行くもんね。楽しみにしていますよ(=^・^=)
天国の王子に心でなでなでです(=^・^=)
Commented by みいはあ at 2017-04-17 13:55 x
わかります!私も経験者だもん。
家に帰るのが怖かった・・・だって、家に帰ってもいないのだもの・・・外に出ていれば、猫に会えないのは当たり前。でも家の中では・・・

寂しさが薄すれるには、こればっかりは時間しか解決してはくれません。
それと・・
出来れば、早めにまたにゃんを迎えてほしいです。タイミングを逃すと再び飼うのが難しいですから。

はやくちえみちゃん、元気になれますように。
Commented by organistnikki at 2017-04-19 09:26
紅福母さん
優しい優しいお言葉をありがとうございます。どれだけ、紅福母さんのお言葉に癒されていることか!
そうなんです、タローをたくさん愛して、可愛がらせていただいて、ホント、タローに感謝なんです。
タローから、ホントたくさんのことを学ばせてもらったんですもん。
コンサート、無事終わりました。おかげさまで、おかげさまで、盛況でした。
音楽がタロー父母の心を癒してくれます。音楽を仕事に選んで本当に良かったと思います。
紅くんも、福ちゃんも一緒に応援してくれるなんて、うれしいです。ワイパー必要ですよ〜
Commented by organistnikki at 2017-04-19 09:48
紅緒ままさん
そうですよね、猫仲間のほとんど全員が同じ悲しい経験をしていますよね!優しいお言葉をありがとうね!
朝一番でタローのトイレ周りを掃除してたのですが、それがなくなり、最近の朝はゆったりとしてますよ。
タローのものは潔く、処分しました。タローのベッドも、タローのおもちゃも、もうありません。
家の中、がら〜〜〜んとしてます。ガラ〜〜〜〜ン!
タローの毛質はきっとぴっち坊っちゃまと同じかと思います!ぴっち君ったら、ツヤツヤ!!
6月、紅緒ままさんと会えるのを楽しみにしています!陽だまり堂さんとも!
Commented by organistnikki at 2017-04-19 10:00
みいはあさん
ね、同じ経験者ですものね!
家に帰っても誰もいないって現実、最近、ようやく慣れてきたような。
みいはあ師匠の言う通り、時間が全て解決してくれると思います。
帰国する時とか、演奏旅行に行く時などは、タローの世話を同僚やタローの元母に頼んだりしてましたが
これからはその必要がなくなり、その点はホッとしてます。
旅先でもタローのことが気になって仕方なかったんですよ(笑)
次の猫は、今の所、縁があったら、と言うことにしておきますね!
Commented by wasabin at 2017-04-19 10:18 x
おはようございます。
タローロス、お気持ち察します。
潔よく片付けられたのですね。。。気持ちの整理をつけようとされたんですね。
それでも、ふとした拍子に悲しみが押し寄せてくる。。。存在の大きさを感じる時ですね、

ウチは長女は腕の中で旅立ったのがせめてもの救い、次女の時は居てあげられなかった悔いが残ります。
予想外に、、3か月後に(その時は3年位に感じました)「はぴい」赤ちゃんが来てくれました。
天使が舞い降りてくれたと思いました。
同じ猫好きの妹曰く「中毒だから、猫は切れせられないはず」ですって。

時間薬が効きます様に。

↓ ご夫婦で演奏家なんて素晴らしいです。


Commented by organistnikki at 2017-04-21 22:56
wasabin さん
おはようございます!
タロー父母とも、ケジメをしっかりつけたい性分なので
タローが旅立ってから、割とすぐにタローの思い出の品々を整理しました。
コンピューターに向かう私の目の前に、どっしりと座るタローの姿はもう見られないけれど、
タローの姿は、記憶の中に確かにあります。
wasabin さんの猫ちゃんは「はぴいちゃん」とは、なんと可愛いお名前!!
その名の通り、wasabin さんにたくさんのハピネスを毎日、もたらしてくれてる天使ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


     棕櫚の日曜コンサート >>