テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 16日

イースター2017



a0042932_21364664.jpg
今年はドン牧師が我が教会に赴任して初めてのイースターでした。
去年のイースターは前の牧師のせいで、盛り下がったんですよ。
今年はどうなることやらと思っていたら
a0042932_21371569.jpg
おかげさまで、少し人々が戻って来た感じ。

今のドン牧師の説教と人徳のおかげで、少しづつ盛り返してるところ。
説教はShort and Sweetが良いんです!
a0042932_21381845.jpg
これで、だいたい350人
教会に人が来るか来ないかは、9割は牧師の説教力と人徳力にかかっていると思います。

清人の教会はポール牧師のおかげで大丈夫。
それでも800人くらい。
ポール牧師は6月で引退します。
新しく来るジョン牧師は、もともとテキサス北部田舎町の出身。
ダラス方面で牧師として修行を積んだし、若くてカッコよくて
期待の星です173.png

天国に旅立った愛猫タローのために白百合を教会に寄付しました。
ハッピーイースター179.png






こちら、清人の教会
礼拝中の写真はありませんが、あしからず。
でも間違いなく、美しい!
a0042932_06562155.jpg
真ん中に写ってるのがポール牧師です。
a0042932_06553791.jpg
百合を載せる前のライザーの様子。
a0042932_07045420.jpg
ライザーをイースターのために作り直してくれたのが赤いシャツのジェリー
私たちも彼の作業を手伝わせてもらって
日曜大工の楽しさを教えていただいた次第!


[PR]

by organistnikki | 2017-04-16 21:36 | 教会 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/23849729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みいはあ at 2017-05-01 14:07 x
きよさんの教会、本当に美しいです!!
ここに来たら、心が洗われそう!!

教会って、牧師さんの人柄が重要なんですね!
そうなんだ。お説教が上手で、人柄もよく、リーダーシップもある方ならば人気あるとは思うけれど、
それで、そんなにも人々が集まるかそうでないかが決まるものなんですね。
教会の建物の豪華さとか斬新さで人を呼ぶこともありでしょうが、長続きはしないものなのかな。

タローちゃん、いない生活に少しはなれた?
二代目タローの予定はなし?
Commented by organistnikki at 2017-05-02 10:53
みいはあさん
ね、きよの教会はホント美しいです。毎週テレビで放送されてるし、綺麗にしなきゃ(笑)
牧師の人柄はとっても重要。
ポールを慕って(前のうちの教会の牧師を嫌って)きよの教会に移動したメンバーが何人もいるんですよ。
それとポール牧師の説教は簡潔なんです。それも魅力だったりして(笑)
建物の豪華さ、斬新さで人を呼び込むことは、もちろんありでしょうね。
ただメンテが良くないと長続きしないんですよね。

タローなしの生活、ホントホントさみしいです。
気がつけば、いつも近くにいてくれて、ほんわか心を和ませてくれる存在でした。
2代目のタローの予定はないのです。あまりにもタローが素晴らしい猫だったし
それに次の猫がまた16年くらい生きると思うと・・・つい自分の年齢も考えちゃう・・・
自分が先に逝くようなことがあったら、猫に申し訳ないって思うの。
Commented by Yozakura at 2017-05-10 07:17 x
Texas Organists さま

 無沙汰しております。「イースターを祝う記念集会」と聞き、(以前、このブログに投稿したかもしれませんが)その昔30年以上も前のこと、割と頻繁に通っていた語学教授サークルが開催されていた某・教会に飾られていた「彩色着き卵を吊り提げた樹木」を思い出しました。
 日本風に云えば盆栽のようなミニ・サイズの樹木の枝に、色とりどりの卵が千成り瓢箪の如く吊り下げられ、それ迄は4月初めの東京らしく、殺風景で一寸寒々とした集会室の室内風景が一度に色着き、華やかに変身して雰囲気を一変させたのです。

 亦、その卵に着色した米国人の女性も、その語学教授の集会にアシスタントとして参加しており、復活祭に向けた着色作業の仔細をあれこれと、楽しそうに語って呉れました。今、思い出しましたよ。

 でオルガニストさん、この記事にて言及されている「教会単位での復活祭行事への参加人数」ですが、矢張り、これが重要なんですね?
 つまり、教会運営の成否の程度を表示する「重要な数字」と云う訳ですね?沢山の来会者、良かったですね。また、何か興味深い出来事がありましたら、紹介して下さい。お元気で。
Commented by organistnikki at 2017-05-10 10:59
Yozakura さん
「彩色着き卵を吊り提げた樹木」面白いですね。想像できます(笑)春らしいでしょうね。
卵といえば、こちら、イースターエッグハントです。子供達にはイースターの行事として人気です。
カラフルなプラスチックの卵の容器にお菓子を入れて、あちこちに隠して、子供達に見つけさせて、喜ばせる行事ですが。

「教会単位での復活祭行事への参加人数」なんですが、行事というか、普段の日曜礼拝です。
イースターやクリスマスは、いつもより多くの人々が来てくれるとうれしいです。懐かしい人達も来てくれたりするし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< マリリンのお葬式      タロー・ロス >>