テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 02日

オルガニストのジレンマ

そろそろ来年のPalm Sunday Organ Concert で弾く曲を決めなければいけないんだけど、これがまた頭痛の種。自分が弾きたい曲を弾けばいいじゃん、って思うでしょ。
最初の頃は好きな曲を弾いてたけれど、9年めともなるとそんなに簡単じゃないのです。具体的にリクエストされることも多くなってきたし、
旦那・清人からは「僕の曲、弾いて!」と頼まれるし、
遠方の作曲家の方からも『今度、これを弾いてね。』って楽譜を送っていただくこともあるし・・・・で、とうとうプログラム決めました。興味ある方はこちらへ

http://www.kiyochiemi.com

9回目は Franklin Ashdown 氏の曲をプログラムに加えます。彼は私たちがエルパソという町で演奏会をした時、遠路はるばる、ニューメキシコから演奏会に来てくれたのです。彼は医者であり、作曲家でもあり、オルガン愛好家でもあります。感謝を込めて!

清人とAshdown先生
a0042932_10155071.jpg
[PR]

by organistnikki | 2005-11-02 11:19 | パイプオルガン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/2464447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 臆病猫      オール・ミュージック・サンデー >>