2005年 11月 06日

カルロ・カーリー


行ってきました、カルロ・カーリーのパイプオルガンコンサート。フォートワース市 のSt. Stephen's Presbyterian Church にて、入場無料。

教会に入るやいなや、カーリー氏ご本人より、「いらっしゃい。」とお迎えがあったんですよ。いやあ〜びっくりしました。やっぱり大物中の大物?! 余裕ありすぎって言うか、普通じゃない!

カーリーさんは世界各国で精力的に演奏活動をしてる有名なオルガニストなのに、この日のお客さんは、たった80人くらいでした。日本だったら入場有料でもホールは満員になるんじゃないかな。

ところで、カーリーさんはとても大柄な方で、おまけに汗かき。演奏中は タキシードじゃなくて、シャツでしたよ。毎曲弾き終わるごとに、鍵盤についた汗をハンカチで念入りに拭いてた姿が印象的でした。そういえば楽章の間でさえ、ヒマを見つけては汗を拭いておられましたね。

アンコールは「バーンスタインに捧ぐ」というペダルワークの多い華やかな曲でした。カーリーさん、その曲を弾いてる最中にペダルを壊してしまったんですよ。彼は演奏の後、スピーチで『僕がこのオルガンを去っても僕がこのオルガンを演奏した痕跡がしばらく残るね。』と言ってお客さんを笑わせて、コンサートは終わり。

その破壊力は力持ちだったせいか、体重のせいだったのかは不明・・・・清人は2008年に自分の教会に招きたい、と考えてたらしいけれど、オルガン壊されるかもしれないし・・って、かなり後ろ向きになってる。
12月に川口市のリリアホールで演奏会をされるそうで、楽しみですね。
[PR]

by organistnikki | 2005-11-06 14:02 | パイプオルガン | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/2505262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kanbe48 at 2005-11-06 17:47
私の祈りは通じたのでしょうか?
Commented by Nonchan at 2005-11-08 07:48 x
Hi Chiemi -

Even though I can't read anything (though I tied using Google Transalte), the site looks really nice!

Nonchan
Commented by Yae at 2005-11-09 12:55 x
ななななんと!!?パイプオルガンのペダル鍵盤を壊すとは!なんとまた怪力・・・あれ?体重のせい?どちらにしてもちょっと笑えてしまった「笑えない出来事」ですね。キヨさんが心配なさるのもわかりますw
でも、大だるまの著名オルガニストが華やかなペダル鍵盤の曲を弾く想像がなかなかつかないので、そういう意味では聴いてみたいし見てみたいですね。キヨさん、ここはぜひひとつ、お呼びしましょう!!w
Commented by organistnikki at 2005-11-15 11:51
Nonchan! thanks for visiting my blog.
Let's play mahjong this Friday
Commented by organistnikki at 2005-11-15 11:52
う〜〜ん、八重ちゃん、それは大変なことだよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< フェニックスに演奏旅行に行って...      臆病猫 >>