テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 13日

タローさまの昼寝

a0042932_12253718.jpgそういうえば最近、タローのこういうお姿、見てないなあ。

家にピアノがあった頃、ピアノの上はタローのお気に入りの昼寝の場所だったんですよ。ピアノの上に、うまい具合に太陽の光が入ってきて、心地よかったらしいんです。


このピアノ、教会の知り合いから、預かってくれって頼まれて、4年間うちに置いてましたが、ようやく、持ち主の元に返りました。今じゃ、ピアノがあった場所、ガラ〜ンとしてます。

そういえば、それ以来、タロー、いつも丸くなって寝てるね。
[PR]

by organistnikki | 2006-01-13 13:14 | | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/3013927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by takusukila at 2006-01-14 06:25
あ~~~! タローちゃんのおっぴろげ~だ! 可愛いなぁ~~~。 そっかー。 ピアノ、気に入ってたのね~~~。 やっぱりこれは、あれですね。 ピアノ一台、タローくんの為に購入すべきですね。 はい。
Commented by organistnikki at 2006-01-14 23:10
雅子さま!そうなの、このおっぴろげをやられると、飼い主の私も、その可愛さに参ってしまいます。う〜〜〜む、ピアノね〜タローのためにね・・・・。タロー、爪ないんだけど、毎朝ピアノの下にもぐって爪を研いでたんですよ・・。
購入したいけど、もし買ったら、家計が火の車になって、タローのエサ代、危うくなるかも(爆)!
Commented by minechan15 at 2006-01-15 00:06
あららっ!なんともあられもないお姿のタローちゃん~(笑)。可愛いですね。我家の韓国猫のミミとネネは、シーズ犬のタロウがくるまでは
結構タローちゃんのような格好もしていましたが、ワンがいては
そうそうそんなノーテンキな姿で爆睡もできないみたいで(笑)~
それだけは彼らに悪かったなぁ~と思っております。
Commented by sakurako at 2006-01-15 00:06 x
す すごーーい。
大胆な寝相!このおなかに顔をうずめたくなる私。タローちゃ~ん。
Commented by 雅子 at 2006-01-15 23:48 x
ええええっ!? タローちゃん、つめないって、もらって来た時からなかったのでしょうか? 
Commented by organistnikki at 2006-01-19 03:09
ミネママさま〜〜 タロー、こ〜〜んな格好で失礼いたします。
タロウくんは、元気いっぱいなんだけど、たまにミミちゃんやらネネちゃんにピシャリってやられることもあるんでしょうか。
う〜〜ん、想像はふくらむばかり。
Commented by organistnikki at 2006-01-19 03:12
Sakurako さま 
お行儀よく、丸く寝てる猫ちゃんもかわいいけど、
こういうおっぴろげ状態って、見てて、こっちが助かるって感じ。
マロンちゃんはこんなふうに寝るのかな?
Commented by organistnikki at 2006-01-19 03:51
雅子さま、去勢手術の時に爪もとったのです。タローが生まれて9〜10ヶ月くらいの時でした。ホントかわいそうだった。
私の住んでる所は猫の放し飼いが市の条例で禁止されてるんです。ま、放し飼いの猫も時々見るけど。というわけで、獣医さんが「手術の時に爪も取りましょう」ってことになりました。
Commented at 2006-01-19 08:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by organistnikki at 2006-01-19 13:39
雅子さま、爪をとるってことはとても残酷なことだということは、私も本で読んで知ってました。もうこれは、苦渋の決断でした。今も外を見てるタローを見るたびに、かわいそうだなって思います。人間の勝手な都合でこうなってしまったんですもんね。地元の獣医さんは爪を取るのは当然なこと、って感じでした。猫が外に出れば、病気を運んでくることもあるし、それを防ぐためにも家の中で飼いなさいってことでした。市の法律では、猫を外で飼い放しにすることは禁止で、アニマルコントロールに見つかれば、連れ去られてしまいます。で、私、ここでは爪を取るのが当たり前なんだと思ってました。もし次に猫を飼うようなことがあったら、爪抜きはしません。タローは、一生大事にかわいがりますよ。雅子さま、コメントを本当にありがとう!!
Commented by takusukila at 2006-01-20 05:22
ちえみさ~ん。 いえいえ、本当にちえみさんが辛かっただろうというのが、すごくわかります。 ただ、その地元の獣医さんってのが納得いかない!って思っちゃったんです。 だって、爪抜くことと、外に出さないことがどう関係あるのかが、私には分からないんです。 勿論、家にいれば、猫によっては家具で爪とぎをして、ソファなどがボロボロになったりする事があります(実際、うちの実家がそうでした。笑)。 でもね、それは水を霧吹きでふっかけたり、両面テープを貼ったりすることで、猫ちゃんにやってはいけないという事を分からせる事が出来るんです。 だからだから、何故その獣医さんが当然なこと、ってなるのかが私には理解できなくて…。 そんな獣医さんが存在することに、ちょっと心が痛くなってしまったんです。決してちえみさんを攻めるつもりでのコメントではなかったんですよ~。 タローちゃんを見てると、愛情いっぱいもらってノビノビ暮らしてるのがとってもよく分かりますもの~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 1月13日のコンサートの報告      熱唱・タロー >>