2007年 03月 30日

初心に戻る

私、毎年、イースターの1週間前の Palm Sunday に自分の教会でオルガンコンサートをしてるんです。今年はおかげさまで10回目を迎えます。下は去年のPalm Sunday Organ Concert の写真。スクリーンに写っているのが私です。オルガン演奏台はスクリーンの後ろに隠れてて見えないので(笑)。
a0042932_10575550.jpg

今年の Palm Sunday は4月1日。そのコンサートまで、あと5日ってことで、調子に乗って練習をしてたんですが、昨日、突然、「私のオルガンさま」が切れました。「サイファー」を起こしたんです。「サイファー」とは、鳴らした「ある音」が突然止まらなくなってしまう、やっかいな状態をいいます。

毎年、コンサートの1週間前には必ずフォートワースのオルガン・ビルダーの方に来てもらって、調律やらメンテなどをしていただいてます。でも、今年は、「オルガンビルダーの人が来ると、1日練習できなくなるし、それほど音も狂ってないし、ま〜〜ええやないの!」って思ってたんですね。そういう安易な私の心を見透かしたかのように、絶妙なタイミングで、オルガンが騒音 (しかも choir の mixture のストップ !) を出し始めたんでした。

で、慌ててオルガン会社に電話したら、『ただ今、ボスは隣のルイジアナ州に出張中。』とのこと。「うわ、大変だあ〜。」と、困ってたんですが、1時間後に電話があり、今日、代理の技術者の方が来てくださいました。この忙しい時期に、電話して翌日に来てもらえるって、ものすごくラッキーなことです。

オルガン・コンサートをするんだと言っても、やっぱり主役は演奏者じゃなく、パイプオルガンでしたね。オルガンが正常に機能してなきゃ、いい演奏は望めません。それにパイプオルガンって、日本だったら、好きな時間に好きなだけ弾けるってこと、なかなかないでしょうから。感謝の心が欠如してました、自分。まったく、基本の「キ」を忘れてました!そういう奢った自分に「初心に戻れ!」と喝を入れてくれた「私のパイプオルガン」に改めて感謝。ホント、このオルガンには10年もお世話になっております。
[PR]

by organistnikki | 2007-03-30 09:25 | パイプオルガン | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/5315193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うらら at 2007-03-30 14:17 x
初めまして!
オルガンで検索していてこちらのブログ&お2人のサイトにたどり着き
度々拝見させていただいております。
わたくし、現在NYに夫と愛猫うららと暮らしております。
夫の転勤でこちらへ来てからオルガンを習い始めまもなく3年に
なります。
××年間 ピアノはやっておりますが、いまやオルガンの魅力に
どっぷりはまっております。
先生の好意で教会の鍵を頂き、週に2~3回好きなだけ練習を
させてもらっております。
これからもちょくちょくおじゃまさせてください!

しかし・・CHOIR の MIXTURE が止まらなくなったら頭痛くなりそうですね。
どうぞ素晴らしいコンサートになりますように!
Commented by sakurako at 2007-03-30 23:33 x
マロンは私の世話になって4年ですが、触ると何で
あんなにきれるのでしょうか・・
Commented by catnip at 2007-03-31 10:00 x
”サイファー”という現象は何をやっても音が止まらないのですか?
エレクトーン、や電子ピアノならばスイッチを切ればとまるけど・・
修理の人が来てくれるまで鳴りっ放しなんですか?そうなら焦りますね。
汗びっしょりかきそう。(笑)

本番じゃなくてよかったです!
Commented by organistnikki at 2007-03-31 23:55
☆うららさま
はじめまして!!うわ〜い、オルガン仲間。
オルガンの魅力って取り付かれると、もう逃れられなくなりますよね(笑)。不思議です。教会って、好きなだけ練習できるって素晴らしいですよね。うららさんはどこの教会で練習されてますか?ひょっとして私、その教会や先生を知ってるかも(笑)。ところで mixture の叫び、ホント頭痛ものでした。でね、都合の悪いことに翌日、技術師の方がいらした時など、突然、サイファーがなくなってたし。でも長い時間をかけて、原因を突き止めて、直してくださって、ホッとしました。また遊びにきてくださいね!!
Commented by organistnikki at 2007-03-31 23:57
☆sakurako さま
うちのタローも抱くときれてましたが、長いこと時間をかけて躾けました(笑)。眠い時間をねらって、抱くと、嫌がらなくなるそうですよ。猫の本に書いてありました。今じゃ、簡単に膝猫になりますからねえ。でも専ら、きよの膝ばっかりですが(笑)。
Commented by organistnikki at 2007-04-01 00:01
☆catnip さま
ホント、このサイファー、本番じゃなくて良かったです。まるで、オルガンって時々、生き物のように反応するんで、ドキッとします。もちろん、スイッチを切れば、音は止まるんですが、音が止まると演奏できないし、困りました(笑)。
他所のオルガンコンサートに行って、たまに本番中にサイファーが起きることがあって、演奏者の人、気の毒だな〜〜〜って思ったことあります。
Commented by NotsuOh at 2007-04-03 11:13
うっひゃ~、修理の方すぐ来てくれてよかったですね。しかも徹底的に原因を突き止めてくれるなんて!「機械」って時々気まぐれな故障を起こしますね。極秘ですが私車と電化製品には時々話しかけてます、お金ないときに壊れないでねって。。
Commented by organistnikki at 2007-04-05 13:40
☆もかさま
植物とかに話かけるといいってよく聞きますが、案外、電化製品や、車に話しかけると、心が伝わるのかも(笑)!オルガンが壊れた時、まるでオルガンの叫びのように聞こえました。ホント、技師の方が丹念に調べてくれて助かりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 芝刈りの季節      忙中和食あり >>