テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 06日

ホッとひと息

a0042932_1204629.jpg
4月1日と3日のオルガン・コンサート、無事に終えました。まだこれから、イースターやら、クワイヤー・コンサートやらありますが、ホッとひと息ついてます。これ、テキサスで一番、大きなパイプオルガンです。199ランク、カナダのカサバン社製。フォートワースのBroadway Baptist Church にあります。室内の音響も最高。オルガンの音色も最高!あ〜〜〜こんなオルガンを弾かせてもらえて光栄 & 幸せでした!!

****
実はね、1日&3日のコンサートの前、メチャ、緊張しました。『何度もコンサートしてるから緊張なんて、しないでしょ。』な〜んて言われますが、緊張しなかったことなど一度もございませんよ。それも心地よい緊張じゃなくって、手が冷たくなっちゃう悪質な緊張(笑)。緊張するとやっぱり損だと思いますよ。すぐトイレ行きたくなっちゃうし。
もし、このブログを読まれた方で、緊張をしない方法を知っておられる方がいましたら、是非、是非そのコツを教えてくださいませ!



a0042932_1295788.jpg

で、↑これがBroadway Baptist Church のオルガンの鍵盤です。このオルガンは建てられてからまる10年だそうですが、鍵盤、メチャ汚かったです。鍵盤が黒いので、気がつかないんでしょうね。演奏会の前、ペーパータオルで拭き掃除をしたのですが、タオルが泥を拭き取ったような色になりました。鍵盤の光沢は剥げて、メモリーボタンの数字も、手の脂で半分くらい消えてましたし。1週間に一度でいいから、拭き掃除してたら、こんな状態にはならないだろうに・・って思いましたよ。

a0042932_13251793.jpg
↑久しぶりにジャン友・千夏カップル登場。彼らは最近、フォートワースに素敵な家を買ったんですよ。4日が彼女の誕生日だったので、リハーサルの後、一緒にご飯をしました。Mojito 美味しかったです。アメリカ人の旦那さまのノーマンは海産物は全くダメなはずなのに、このレストランのエビフライだけは食べられるんですって。
a0042932_13344536.jpg
↑リクエストにお応えして(?)フォートワースの料理の達人 M 子さんとトムのお写真も載せますね。以前、和食を作ってくれました。この夫妻も今じゃ、かなりのマージャン狂らしいです。忙しい中、コンサートに来てくれました。ありがとう!
[PR]

by organistnikki | 2007-04-06 12:31 | パイプオルガン | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/5367081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うらら at 2007-04-06 14:28 x
コンサートお疲れ様でした~~!
緊張しない方法私も知りたいですぅ~~~。
私が今 レッスン&練習で使用しているオルガンは3段なんです。
それでも上段はやっと届いてる状態・・5段なんで手が届かない・・。
私の先生はジュリアード卒でNYはMIDTOWNの教会のオルガニストです。
もう一つ掛け持ちしているみたいだけど・・そんのってありなんですか?
あと某学校でも教えているようです。(でも若い先生です)

Commented by NotsuOh at 2007-04-07 12:33
実は再来週の日曜日ピアノの発表会です。前回はいろいろ悪材料もあったのですが散々な結果だったせいもあって、先生も気を使ってくれているのがわかって、余計緊張しています。1度目の発表会の日、すごい頭痛で痛み止めを飲んでいましたがボーっとして現実感のないまま演奏が終わりました。あれは自分にとっては一番ラクだったけど、間違わなかっただけで、平たい演奏だったのかもしれません。「緊張しても間違わない方法」を是非教えてください。
Commented by darari at 2007-04-07 13:25
演奏会、おつかれさまでした。
立派なオルガンですね〜、コンサート一度聴きに伺いたいです、せっかくお近くなのだし。
緊張しない方法、私も昔は人前で演奏したりする時は、「人」と手のひらに書いて飲んだり、アルコール飲んだり色々しましたが、プロの方でも緊張なさるのですね〜。じゃぁ、仕方がないということで(笑)

Pappadeux、私も大好きです♪今はザリガニを食べたい人たちでごった返していますね〜。
Commented by sakurako at 2007-04-07 23:47 x
お疲れ様!最高のオルガンでの演奏だったのですね。よかった!
緊張しない方法ですか?私は仕事で緊張しそうな時はマロンの
だらしない顔と格好を思い浮かべます(笑)
Commented by ちなつ at 2007-04-08 01:35 x
演奏会、すごくよかったよ。緊張してるようには見えなかった。何度も見に行っているのに、今回は特に鳥肌状態。ちえみちゃんのダイナミックな弾きっぷりに、“おお、日頃の体力づくりがここで生かされるのね”と感心。
Mojito、ミンティーでおいしかったね〜。ほんと、すっかりゴチになりまして、ありがと〜。
Commented by organistnikki at 2007-04-08 11:16
☆うららさま
ありがとうございます!ホッとしております。5段鍵盤のてっぺんの鍵盤で弾いた時はもちろん必死に手と背中をストレッチさせました。
NYC の音楽家はたいていの人がかけ持ちしているようです。私のふたりのオルガンの師匠も、音楽院ふたつと教会の仕事を「かけ持ち」してらっしゃいましたよ。ところで、うららさまは今、何の曲を練習してらっしゃいますか?
Commented by organistnikki at 2007-04-08 11:22
☆もかさま
「緊張しても間違わない方法」って、とにかく、1に練習、2に練習ですねえ。これしかないですよ。うわ〜発表会、楽しみですね。何を弾かれますか?『せっかくの短い演奏時間、楽しまなきゃ、損ですよ!!』って人には簡単に言えるけど、なかなかねえ、自分が弾くとなると、簡単じゃないですね。発表会、うまくいきますように!!!
Commented by organistnikki at 2007-04-08 11:30
☆darari さま
そうでした、darari さんダラスだし、フォートワース近かったんでした。次回 DFW 地域で演奏する機会があったら、ご案内しますね!
Pappadeux、美味しかったです。ザリガニ好きな人って多いんですねえ。私たちが行った日はザリガニ食べ放題の日だったらしくて、ザリガニの残骸をたくさん、見ました(笑)。
Commented by organistnikki at 2007-04-08 11:32
☆sakurako さま
私もね、タローの顔と格好を思い浮かべたりしたんですが、残念ながら本番では効きませんでしたね。でもコンサートを終えて、家にt着いてタローの出迎えを受けた時には疲れが吹っ飛びましたよ。ホント、タローには世話になってます。
Commented by organistnikki at 2007-04-08 11:43
☆千夏ちゃん
忙しいところ、来てくれてありがとう。うれしかったです。Pappaduex 、美味しかったねえ〜。mojito にはハマりそうです。
いやあ、確かにオルガン弾く時って体力もいるし、精神力も要ります。精神力は日頃のマージャンで鍛えられてます?が(ロンされ続けてもめげないこと!)、体力は衰えるので、鍛えなくては。
Commented by takusukila at 2007-04-08 12:37
本番前にこっそり頭立ちしてみるとか(爆)。 私は大勢の前でオルガンを弾く、なんて高尚な経験はないんですが、ヨガの実施試験の前、緊張しかけたときに思った事が「私は完璧なものを人に提供する為にここにいるのではなくて、私のヨガに対する愛をシェアするためにここにいるんだ」という事に焦点を当てたら、不思議と緊張感が解けました。 チエミさんのオルガンを聴きに来る人も、チエミさんの「愛」を感じるために来てると思うんですよ~。なので、完璧である必要は全くなし。 そしてあらゆる意味で、すでにもう完璧なのだと思うんですよ、たとえ失敗しても。それと、鍵盤の写真みて思いましたが、これ、間違って当たり前なぐらいの数の多さぢゃないですかっ! 自分の「完璧」というアイデアに囚われるから、「失敗」とか「不完全」とかって事に対し恐れを抱き、それが緊張感となるのでは?と思うんです。 なので、ホント、こんなすごい楽器を弾くんだから、間違って当たり前なんだ、ぐらいの心持ちで臨んではいかがでしょう???(笑)。 ヨガのバランスのポーズでもそうなんですが、わざとバランスを崩そう、と思ってポーズを取ると、全然崩れなかったりするんですよね~(笑)。
Commented by catnip at 2007-04-09 09:46 x
お疲れ様でした!
オルガンの音色、良し悪し聞き分けられるのですか?
すごいです!
私には全く区別できません。好みの曲かそうでないかで価値が決まります(笑)

緊張する場面の無い私の生活なのでリラックスできるアドバイスは
できないけど、観客が全て私だと思うのはどうでしょうか(^_-)
静かな曲ではどうせ寝てしまってますし、楽しい曲では手拍子したり、踊ってますので(笑)

Commented by organistnikki at 2007-04-10 01:11
☆雅子さま
頭立ち、効きますか??今度場所があったらこっそりやってみますよ。ありがとう!雅子さんのコメントを読みながら、こないだの演奏会で聴衆のみなさまに、私からの「愛」を感じていただけたかな〜って回想してました。雅子さんの愛のあるコメントに感謝します!!ヨガのバランスポーズのお話、とっても興味深いです。
Commented by organistnikki at 2007-04-10 01:14
☆catnip さま
ありがとうございます。いやあ、またまた大爆笑させていただきましたよ〜〜〜。私もね、日常生活じゃ、だら〜〜んとしてて、緊張感のない生活をしてるので、ちょっと非日常な場面になると、必要以上にキンチョーするんですわ〜〜。
Commented by nyf1403 at 2007-04-27 22:14 x
緊張は適当な段階までは絶対必要だと思いますよー。緊張をいかにポジティブに使いこなすか、ですよね。じぇんじぇん、できませんけど。
礼拝の後奏弾きながら、あぁ、ランチには何をつくろう、なんて考える私ですから、いや、いかんなー。

5段鍵盤・・上まで私には手が届かないでしょう。すごいですね。
Commented by organistnikki at 2007-04-29 06:15 x
☆nyf1403 さま
私もね、適度な緊張は絶対必要だと思います。その適度っていうのが難しい〜。私も時々、礼拝の時など、弾きながら、別のこと考えちゃうことありまーす(笑)。そうそう、たいていランチのこと。
5段鍵盤のトップ、高かったです。必死に背伸びをして弾きましたよ。ああ、だから、緊張したのかも。鍵盤の位置を変えるの、うまくできるかなーって心配でしたから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 彼の最近のお気に入り      芝刈りの季節 >>