2007年 09月 19日

ジョイス・ジョーンズのオルガン演奏会

無事に終りました。気が付けば、肝心の当日の演奏者の写真を撮ることをすっかり忘れてました。キラキラ光るブルーの美しいドレスだったんですよ。もちろん Joyce Jones 氏の手作り。

聴衆の入りは、400 人くらい。前日こどものためのオルガンコンサートで、サンクチュアリーが満員になったのを見たあとだったので、ちょっと拍子抜けしました。

コンサート当日、ほぼ同じ時間に、地元のスタジアムで高校のフットボールの試合があり、地元のコロシウムでは「テキサスvs オクラホマ・フェア」があり、地元名物の「ビニーバーガー早食い競争」なんて楽しいイベントがあったらしいし、ダウンタウンでは「ワインとシュリンプの夕べ」などという美味しいイベントもあったらしいです。数千人がそちらに流れた模様です。納得。フットボールと食欲には勝てませぬ。

こういう状況の中、コンサートのために足を運んでくださった人たちには、より一層、感謝です。オクラホマから3時間もかけて車で聴きに来てくださった日本人家族の方もいらっしゃったんですよ。有り難うございました。

****

Jones 氏は1ヶ月前、肺の一部を切り取る大手術をして3週間前まで入院されてました。おまけに心臓も悪くて去年から入退院を繰り返された後でした。今回はそういう状況からの初の復活コンサートだったんです。

なので、今回の演奏は、普段の彼女の演奏と比べたら、かなり粗い演奏でしたが、粗さをカバーするもっともっと素晴らしい「何か」光るものがありました。それは年輪なのか、経験なのか、信仰なのか、それとも先生の温かいお人柄によるものか、もっと他の「何か」なのか、言葉に表せないんですが、とても深く感動しました。

心に残る演奏って、ミスタッチ・ゼロの演奏でもなければ、テクニックが素晴らしいってだけの演奏でもないんですよね。

今回の演奏会、キャッチフレーズの通り、Music of Mystery, Majesty and Miracles ということになりました。ホントに良かった!!大・大成功です。
[PR]

by organistnikki | 2007-09-19 10:46 | パイプオルガン | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/6188979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by takusukila at 2007-09-19 11:14
ヨガにも通じるところがあります・・・。 どんなにテクニックが素晴らしくても、説明のしかたが上手でも、心に響かないインストラクターって結構いるんですよ(というか、私の心に響かないだけなので、相性の問題も大きいのでしょうが)。 うふふ。 今チエミさん、コンピュータの前ですね~~~!
Commented by organistnikki at 2007-09-19 11:25
☆雅子さん
うふふ、そうそう、コンピューターの前にいます、私。あ、そういえばそうかも、雅子さんのおっしゃる通り。私は、それほど多くのヨガの先生に習ったわけじゃないけれど、相性のいい先生っていますもん。それってなんでしょーね。言葉に表そうと思っても表せなくて、四苦八苦しております(笑)。
Commented by nyf1403 at 2007-09-20 03:12
400人!信じらんないですー。うーん、ドイツって教会音楽の国じゃなかったっけっか・・・。
Commented by catnip at 2007-09-20 11:00 x
chiemiさん、無事に終りましたね。お疲れ様でした。
↓の写真、いっぱいあるのでまだ全部見てません。
で、わかったことはお二人仲良くペアルックってわけじゃないってこと!(笑)。赤いポロシャツの人がいっぱい。
ちょっとがっかりした私でした(笑)
Commented by organistnikki at 2007-09-20 21:51
nyf1403 さん
ニューヨークにいた頃、教会でもホールでもオルガンコンサートは閑散としてましたよ。有名なオルガニストが来ても同じ。唯一満員を見たのが、Park Ave&84th St. にあるSt. Ignatius 教会のこけら落としコンサートのみ。あの時はMadison Ave. まで行列ができて、NY Times にも大きな記事になりました。やっぱり新聞の宣伝力って大きいです。しかし、どこでも、なかなかオルガンでお客さんを招くのは大変です。合唱とかオーケストラの方がまだ簡単。
Commented by organistnikki at 2007-09-20 22:13
catnip さん
写真を見てくださってありがとうございます。
あーやってパチパチ撮るの好きなんです。下手な横好きです(笑)。catnip さん、がっかりさせてごめんちゃい!そうそう、前の記事にコメントで残すのを忘れたんだけど、あれ、ペアルックではないのよん。きよの教会のクワイヤーシャツです。夏は暑いのでローブを着る代わりにあのシャツを着て、礼拝で歌うんですよ。あの色、よ〜く目立ちます。来年、ボストンにクワイヤーツアーに行くんですが、(60人もの大所帯で)あの色だったら迷子も出ないでしょう(笑)。
Commented by DOLCE at 2007-09-28 04:07 x
オクラホマから出かけた日本人です~
ご案内いただいて、張り切って出かけて良かったです!
Jones氏の演奏は、そのような状況でとはとても思えず情熱に溢れていらっしゃいました。
それは、先生ご自身が演奏できる喜びを心から感じていらっしゃったからでしょうか?
次回は、お二人の演奏を楽しみにしています♪
パソコンの調子が悪く、すっかりお礼が遅くなってしまいました。
ありがとうございました。。
Commented by organistnikki at 2007-09-30 07:22
☆DOLCE さま
ホント、この度はわざわざありがとうございました。お会いできてとってもうれしかったです!!
あ、DOLCE さまのおっしゃるとおり、演奏できる喜びを心から感じて体全体で表現していらっしゃったからですよね。ところで、10月28日3時から、私の教会でDr. Ruth Pitts によるピアノ&ボーカルコンサートがあります。彼女には指が合計で5〜6本しかないのですが、その両手でリストの愛の夢などを弾かれますよ。ゼッタイ感動します。時間がありましたら、是非来てください。来なかったら損ですよ(笑)!!
Commented at 2007-10-09 14:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by organistnikki at 2007-10-21 01:10
☆鍵コメさま
そちらにお返事書きますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< おやつはトカゲ?      Children's ... >>