テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 14日

1月11日のオルガンコンサートの報告

a0042932_6461337.jpg

コンサート、無事に終わりました。今年はおかげさまで晴れました。写真はリハーサル風景より(笑)。

大抵、オルガンの演奏会で見えるのはオルガニストの背中ばかりです。場合によっては何十段も階段を登ったバルコニーに演奏台があったりして、演奏者が全く見えないこともあります。そういう場合、スクリーンを使って、演奏者を見えるようにするだけでも、お客さまに喜ばれるのですが、今回は新しい試みとして、演奏に映像を合わせてみました。

前回プログラムの紹介では英語ばかりだったので、今回は日本語で載せますね。

1) ワーグナー作曲 / ディッケンソン&ロックウッド編曲 「ワルキューレの騎行」

2) ロッシーニ作曲 / ディンダ編曲 「セヴィリアの理髪師への序曲」
3) ペリー作曲 「クリストス・パタラキス」
4) エルガー作曲 / レメア編曲 「威風堂々」
5) リスト作曲 「アドノス・アド・サルタレム・ウンダムによる幻想曲とフーガ」

1)と2)はオルガン連弾、3)4)5)はきよのソロ。


この日の午前に、午後7時からのコンサートに加え、急遽、子供たちのためにもコンサートを2回することになりました。これは映像担当の副牧師にも自分たちにもリハーサルになり、良かったです。

映像を使ったため、子供たちの反響は予想通り、やいやいとっても賑やかでした。でも、実は、午前の部でも夕方のコンサートでも、大人たちの反響が素晴らしかったです。何せ映像で使ったバックス・バニーはアメリカの今の大人たちが育った世代のアニメですからね。このアニメを通して、はじめてクラシック音楽を聞いたという人たちも多いんだそうです。

私が一番感動したのがディズニーの映像と「威風堂々」の組み合わせ。「ノアの箱船」という聖書のお話に、ドナルドダックのラブストーリーが絡んで、ホロリとさせられるのです。私は子供のコンサートと合わせて3回、泣きました(笑)。大人のためのアニメでしたね!

えっと、ついでに服装のことも(笑)。午前の子供のためのコンサートでは楽な服装で弾きました。きよは上の写真の通り、青のセーターとジーンズ、私は真っ赤なセーター(またまたユニクロ!)とジーンズ。7時からの演奏会では正装です。きよはタキシード、私は黒のスーツでございました。

次回のコンサートはイースターの1週間前の3月16日 Palm Sunday です。

追記)「セビリアの理髪師」」 WB の著作権により、削除されました。
「威風堂々」はYoutube から削除しました。悪しからず!
[PR]

by organistnikki | 2008-01-14 08:10 | パイプオルガン | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://pipeorgan.exblog.jp/tb/6674950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Marty紅緒 at 2008-01-14 09:30 x
わ~、素敵だな♪ 行けなくてほんと残念でした(*_*)
映像もクリックして・・・わ~!今、出かける前で最後まで見れないんです。夕方また訪問しま~す。「威風堂々」てイギリス人が好きなあの曲かな?これも夕方find out します。
Commented by 紅太郎母 at 2008-01-14 10:09 x
Chiemiさん、きよさん、ブラボー!!!!本当に素晴らしい!心から拍手を送ります。遠く離れた日本のしかも鹿児島でこんな素晴らしい演奏を映像つきで楽しめるなんて、なんてラッキーなんでしょう。最初のは可笑しくて可笑しくて(オペラ曲なのに~~と思って)楽しめて2曲目は厳かな演奏に可愛くてほろりとさせる映像が不思議とマッチしていて、胸がじ~~んとなりました。アニメだけど伝えたいことがしっかりあるからですね。 もう、もう「ありがとう」という言葉以外見つかりません。すてきな演奏ありがとうございました。
Commented by nyf1403 at 2008-01-14 16:38
「威風堂々」、昨日、拝見しまして、私もうるるっとなっちゃったんです。私だけかと思っていたら、ちえみさんもなんですね。
ワルキューレ、猪之助と一緒に拝見/拝聴しまして、彼は大喜びでした。
しかし、しゅごいです、とくにキヨさん!いやっ、脱帽っす。
Commented by Marty紅緒 at 2008-01-14 18:20 x
再訪問のMarty紅緒です。ほんと素晴らしい・・でした。
ありがとうございます。音楽好きの友人にもこのYou Tube知らせなくっちゃ。鹿児島の教会でパイプオルガンのある教会・・少ないです。結婚式場にはあるのに・・
Commented by sakurako at 2008-01-14 20:27 x
まあ~すばらしい演奏。には皆様のように↑コメントできない私ですが・・(汗)キヨパパのお姿と手の動きにうっとりしていました(笑)
Commented by catnip at 2008-01-15 10:35 x
おつかれさまでした。
chiemiさん、曲名を日本語で書いて下さってありがとう。
全部知ってる曲だとようやく理解できました(笑)

ワーグナーのはね、映画「地獄の黙示録」で
ヘリコプターの騒音と共に効果的に使われてました。
アニメとのコラボいいですねえ。視覚、聴覚に訴えれば
すごく印象に残ります。しかし、演奏の感想を訊かれると
「アニメに夢中になり、よく聞いてなかった」となりますm(__)m

タローちゃんの水のみ動画の音楽は「ママが泣いた日」?
タローちゃんの動きにとても合うのでアニメ音楽だと思ってました。
( ..)φメモメモ。レンタル当たってみます。
Commented by organistnikki at 2008-01-16 11:57
☆Marty 紅緒さん
どうも見ていただきありがとうございました。
このコンサートのクライマックスは最後のリストの曲だったのですが、これ27分もあるので、紹介できませんでした。再訪問してコメントをいただき、感激です。
Commented by organistnikki at 2008-01-16 11:59
☆紅太郎母さん
どうも見ていただいてありがとうございました。
何をおっしゃる!紅太郎母さんの歌声には感動しましたよ。朝一番で、紅太郎さんの声を聴いて、爽やかな気分で一日を過ごせました。ありがとう!
Commented by organistnikki at 2008-01-16 12:05
☆nyf1403 さん
27分間のリストも暗譜でした。立派でした。暗譜はただの習慣だそうです。私は、学生時代、暗譜で弾いてて曲が終わらなくなってしまい、それ以来、暗譜で弾くのが怖いです。ちなみにそれ、バッハの二長調のフーガでした。
Commented by organistnikki at 2008-01-16 12:08
☆sakurako さん
うっとりですか?!ありがとうございます。そんなことを言われたら、きよ、木に登っちゃいますね(笑)。コンサートの時だけ、我が夫、カッコいいと私も思います(笑)。
Commented by organistnikki at 2008-01-16 12:13
☆catnip さん
さすがです。私はやっぱりcatnip さんの洞察力はすごいと思いますよ。バレてますね。そうです、演奏に注意を向けないように映像を付けました(笑)。ワーグナーの曲、地獄の黙示録に使われてましたか。ママが泣いた日、もし見たら感想、お知らせくださいね!!
Commented by denn_7 at 2008-01-17 11:42
ちえみさん、すごく、すごくいいですね。スピーカーをつないでいるわけでもないパソコンのシャカシャカ音で聴いておきながらこんなことを言うのは失礼かも知れませんが、すごくいいです。ライブで実際に教会で聴くことができたら、どんなにいいんだろうと想像してしまいます。どの曲もパイプオルガンでの演奏を聴くのははじめてです。わたしは「ワルキューレ・・・」が原曲のイメージとまったくちがうところがおもしろくて好きです。きよさん、他にもたくさんYou Tube にアップされているようなので、少しずつ聴かせてもらいます。
やっぱり音楽っていい。わたしは音楽の素養はありませんが、子どもの頃から好きでずっと聴いてます(いろいろなものを雑多に)。ほんとにずっと途切れることなく。音楽のない生活なんて考えられません。音楽がなくても生きていけるけれど、音楽がない人生なんて無味乾燥で想像ができません。ですから、ちえみさんはすばらしいです。音楽で人を感動させたり楽しませたりできるなんて。限られた人にだけ与えられた才能です。
長々とごめんなさい。ほんとによかったです。(あぁ、なんて陳腐なことば。。。)
Commented by organistnikki at 2008-01-19 11:21
☆でん七さん
聞いてくださり、見てくださり、ありがとうございました。ライブで是非とお誘いしたいところですが、やっぱりテキサスは遠いですね(笑)。私も音楽のない生活は考えられません。紆余曲折ありましたが、音楽の道を選んで良かったと思う日々です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2008年 最近の彼      上品な水の飲み方 >>