テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

2008年 02月 26日 ( 1 )


2008年 02月 26日

ジョニーが町にやって来た!

a0042932_10383625.jpgジョニーは、きよの大学の先輩です。
二十年前、Waco の空港に降り立った、右も左もわからぬ若造きよを迎えに来てくれたのも彼、私たちの結婚式でオルガンを弾いてくれたのも、彼でした。

きよの人生の節目にはいつもジョニーあり、なんです。

彼は Wicks というオルガン会社のオルガンビルダーであり、ダラスの隣町で教会オルガニストや短大で音楽の先生もしています。

彼は、いつも何の前触れもなくやって来るのですが、この日もそうでした。そして毎度のことながら登場のタイミングが絶妙なんです。この日、彼と助手のライアン君が現れたのは、ちょうど私たちが練習を終えて帰ろうとしてた時でしたし。
****

私の教会には2台パイプオルガンがあって、チャペルには Wicks 製のパイプオルガンがあります。頑丈で、故障もなく、あまり調律が狂わないので、私ったら、長い間メンテを怠っていました。その オルガンが、2週間前からSwell box の開け閉めが逆になって、おかしいなあと思っていたんです。

早速ジョニーに見てもらいましたよ。あるパーツが焼けこげてたそうです。彼がそのパーツを偶然、持っていたおかげで、交換できました。もしこれを放っておいたら、もっと深刻なダメージになってたでしょう。素晴らしいタイミングでした。感謝!!

そのあと、きよの教会のオルガンで遊び弾きをされ、夕方には別れました。
ジョニーは即興が得意なんです。彼は即興ばかりしてるので、ふつうの楽曲の練習はしないんですって。教会で奏楽する時ももっぱら即興なんだそうです。

きよの教会の新しいオルガンを弾くのは初めてなのに、堂々とかっこいい演奏をしてましたよ。それも運動靴のまま。偶然、カメラを持ってたので、途中からビデオに撮りました。興味のある方はこちらでご覧くださいね。ビデオの最後に彼のヒステリカルな笑いも入ってますよん(笑)。

*ところで、ジョニーの正式な名前はJohn です。Johnny というのは実はちょっと子供っぽい言い方ですが、親しみを込めてそう呼んでます(笑)。
[PR]

by organistnikki | 2008-02-26 12:08 | パイプオルガン | Trackback | Comments(4)