カテゴリ:教会( 114 )


2017年 03月 06日

パーキンズ・レクチャー追加

タロー父のハンドベルグループが演奏したので
リンクを載せておきます。
時間がある方だけ、どうぞ(笑)




タロー母の教会のドン牧師も最終日に参加

時間がたっぷりある方だけ、どうぞ(笑)

自身の記録です。


[PR]

by organistnikki | 2017-03-06 23:58 | 教会 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 06日

2017パーキンズレクチャー終了

レクチャーの様子です。
バルコニーから写真を撮りました(笑)
a0042932_22384501.jpg


これ、ランチタイムのダラス北部の牧師さんの集まり
なぜか、スピーカの前の特等席&指定席に座らせてもらってるタロー父母
この方がゲスト・スピーカー
元ビショップ・ヒューイさん
a0042932_22411114.jpg
教会の役割って何?という理想論を語られました。
右側に写ってるポール牧師は今年6月に引退で
7月から新しい牧師が来るんです。



レクチャーシリーズが終わった後、夜10時過ぎまで
理想論の続きをみんなで楽しんでおいででした。
引退されるポール牧師は抜き
a0042932_22391969.jpg
私も付き合わされまして・・ねぇ
タロー、帰宅が遅くてごめん!
決してワインとスナックに釣られたわけじゃないんです。
a0042932_22383553.jpg
メソジストの牧師ってランクがあるんですが
前線で働く牧師さまとトップ牧師とは、当然考え方&感じ方に差があります。
これは企業でも同じことですよね。

とにかく無事に終わって何より
一年に一度のパーキンズ・レクチャー、全力でサポートさせていただきましたよ。
来年は演奏で参加しま〜す。


[PR]

by organistnikki | 2017-03-06 23:31 | 教会 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 04日

2017 パーキンズ・レクチャー始まる

今年もパーキンズ・レクチャーがやってきました。
何と72回目だとか!
テキサス北部の田舎町に宗教界の著名人が遠方より来たりて
講演会を行う一年に一度の教会行事です。
なぜか、自分、過去に記事にしてませんね。
a0042932_22123597.jpg
今年のゲスト・スピーカーはジャニス・ヒューイ氏

このレクチャーが始まる前日には講演者とディナーがあるんですが
テーブルがこちら
a0042932_22113428.jpg
席順も決められてます。


メニューはステーキにお魚
バターたっぷり
デザートももちろんありましたよ。
a0042932_22103493.jpg
ワインは飲み放題(私は味だけ確認しておきました)
ウェイトレスさんたちによるサービスも素晴らしかった。

赤い洋服の方がゲスト・スピーカーですよ。
a0042932_22101239.jpg





More
[PR]

by organistnikki | 2017-03-04 21:15 | 教会 | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 17日

マーリーンのお葬式

マーリーンの訃報は突然でした。
前日、彼は、いつものように日曜学校で教えてましたからね。
私は礼拝の音楽準備&リハーサルがあって
クラスを途中で抜けたんですが、悔やまれます。
せめて、彼に元気の出るクラスをありがとうと言いたかった・・。
a0042932_22565189.jpg
死因は心臓発作です。
よく働き(死ぬまで現役)家族を愛し、教会を愛し、
私の伴奏で大きな声で歌ってくれました。
彼の声にどれだけ励まされたことか!
ご冥福をお祈りします。

お葬式はもちろん私が奏楽させていただきました


More
[PR]

by organistnikki | 2017-02-17 23:25 | 教会 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 28日

マーウィン・ターナー牧師のお葬式

左にいる人が故マーウィン・ターナー牧師です
生前、彼には、とってもお世話になりました!
テキサス訛りが強く、のんびり喋る牧師さんでした。
とにかく説教が長かった(笑)
a0042932_08230964.jpg
マーウィンは
私のハンドチャイムのグループの一員だったので
彼の引率で老人ホームでハンドチャイムの演奏会をしたっけ。
マーウィンの運転で一緒にバス旅行もしたし
a0042932_10061186.jpg
もちろん、礼拝、結婚式、お葬式で、しょっちゅう一緒に仕事しました。


お葬式は、私が弾かせていただきました。
a0042932_10071017.jpg
お葬式では、地域の牧師さんや、一緒に働いた歴代の牧師さんたちが大集合
私が今まで弾いたお葬式の中で一番大きかったのは確か

サンクチュアリーは超・満員で、人があふれ出ておりましたから。
マーウィンがいなくなって、ものすごく寂しいです。
まるでテキサスの親が亡くなったような気分ですよ。

マーウィンのご冥福をお祈りしてます。





More
[PR]

by organistnikki | 2017-01-28 16:30 | 教会 | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 11日

フランシス・パットンのお葬式

この写真、2010年のもの。
最後に彼女に会った日です。
テキサス州ガーランド市のカトリック教会でオルガンコンサートをした後
レセプションで撮った写真です。
a0042932_07293972.jpg
彼女の世代の親戚一同のほとんどが私の教会に在籍していましたが
彼女が逝って、もう全員いなくなってしまいました。
音楽を愛する一家で、チェンバロを寄付してくれたのもパットン家。
そのチェンバロも、使う機会がなくて、教会の片隅に置かれたままですが・・・

フランシスのご冥福をお祈りします。


More
[PR]

by organistnikki | 2017-01-11 23:05 | 教会 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 24日

クリスマスイブ2016

a0042932_7115965.jpg

今年のタロー母のクリスマスイブの礼拝の様子
これは夜9時からのキャンドルライトサービスです。
タロー母の教会では、6時からと9時からの2度、礼拝があります。
実は6時からの方がサンクチュアリーが混んでたな〜

6時では、ハンドベル、教会のオーケストラ、子供達の合唱、中高生の合唱
など、多彩な音楽を提供しました。
私は、全てに領域の音楽に関わっているので
リハーサルは分刻みで、てんやわんや!

9時では、きよに礼拝前の前奏を頼んで、
私はその間、大人のクワイヤーと余裕でリハーサルできました。
で、冒頭の写真はバルコニーから、きよに撮ってもらったものです。
無事、終わってホッとしてます。


タロー父の教会では6時からキャンドルライトの礼拝が1度のみ。
800人くらいの人が来たとか。
キヨの教会の写真があったら良かったのに!
[PR]

by organistnikki | 2016-12-24 22:11 | 教会 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 20日

クリスマスの音楽イベントあれこれ

a0042932_6344475.jpg

タロー母の教会にて地元のコミュニティー合唱団のクリスマス・コンサート
写真にするとなかなか絵になりますよね。
私の教会のメンバーが10人くらい歌ってます。

これ、タロー父の教会のサンクチュアリー
a0042932_6361741.jpg

クリスマス前の1週間毎日ランチタイムに
きよが静かにオルガンを弾かされてました弾いてましたよ。
クリスマスの喧騒とはまるで別世界。
教会の美しいサンクチュアリーを一般公開する試みの一つだとか

こちらはメサイア・コンサート
地元の他の宗派の教会にて
a0042932_6423675.jpg

オーケストラを雇う代わりに、合唱の伴奏はきよ氏のパイプオルガンでした。

メサイア・コンサートの後、タロー母の教会のクワイヤが老人ホームでキャロリング
a0042932_6451012.jpg

教会メンバーの部屋の前でクリスマスキャロルを歌う図ですが
私的にはこういうのは、どうかな?と思ってます。
親切?!の押し売りのような気がするので。
将来、年をとってキャロリングされる立場には、なりたくないです。
ま、考え方は年をとるごとに変化するんでしょうね。
今は仕事として、楽しく楽しくやってますよ。
a0042932_7104198.jpg

[PR]

by organistnikki | 2016-12-20 06:34 | 教会 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 10日

チャールズ・エンロゥ氏のお葬式

長生きするミュージシャンは多いですが、
チャールズさんもその一人。
私は彼のことを敬してミスター・エンローと呼んでましたよ。

チャールズさんはブラスバンドの指導者であり
ご自身はトロンボーンの奏者でした。
亡くなる数ヶ月前まで、演奏されてたそうです。

彼のお葬式では、20人ものブラスバンド奏者たちが演奏しましたよ。
もちろん、お葬式では、私もオルガンを奏楽しましたが
オルガンベンチのすぐ後ろに座ってたのが
トランペット奏者、トロンボーン奏者でして
それはそれは、大・大音量でした。
耳栓持参したけど、それでも、ねぇ。

地元のお葬式会社が作った
英語の記事のコピーつけておきました。
たまたま、ギャラリーの写真を見てたら、
あ、私じゃん!という一枚があってびっくり。
とっても温かい気持ちになりました。
お葬式代いただいてないんですけど
ま、いいやって思いましたもん(笑)

英語の記事
[PR]

by organistnikki | 2016-12-10 00:38 | 教会 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 18日

教会の新しいフード・パントリー


これ、うちの教会での出来事です。

10月初めにテキサス・カントリー・レポーターが取材に来て
11月、テレビで放送されました。

私の教会では日々の生活に困っている人たちのために
食料品を無料で提供するというフード・パントリーという活動をしています。
1979年以来続いてるボランティア活動だそうです。

しかし、近年、財源やらセキュリティーやら問題が発生して
教会の一部として活動が難しくなりました。
前任牧師のデイビッドの時
フード・パントリーを教会の財源から切り離す決定が下されました。

フード・パントリー活動を存続させるため
ビデオにも登場してるエイミーやらローナは必死に動き、訴え、
彼らの訴えがミューラーファミリーの心を動かし
ニューラーファミリーの寄付でフード・パントリー専用の建物ができました。
その記録です。
a0042932_12162042.jpg

自分の教会での出来事だし
身近な人たちが登場してるし
テキサスライフを垣間見ることができるし
テキサス訛りのしゃべりを聞くことができるし(笑)
記録として載せておくことにします。
私はこの活動においてはまったく蚊帳の外の人ですが。

ミューラーファミリーはとっても景気が良くて?!
地元のパーティー会場で何百人もの人たちに
ステーキを無料で振舞ったり
a0042932_12175556.jpg

うちの教会でバーベキューを振舞ったりしました。
その恩恵には預かりましたよ。
[PR]

by organistnikki | 2016-11-18 11:00 | 教会 | Trackback | Comments(0)