テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:教会( 124 )


2017年 12月 10日

クリスマス・パジェント 2017

a0042932_22132839.jpg
日曜の午後、子供達によるクリスマス・パジェント(=キリストの降誕劇)がありました。

中高生たちが聖書の句を詠んで
クリスマスの賛美歌を歌って、子供達が順番に入場して
舞台に並ぶというシンプルな行事です。
ピアノ伴奏は私,、ね109.png

劇の後半、3人の博士が入場した時に思わぬハプニングが!
子供達には、『舞台に立ったらじっと立ってること』と
リーダーのお母さんが何度も言い聞かせていたのですが・・

博士の中の一人(3歳児!)が舞台に上がるやいなや
赤ちゃん人形の入ったカゴに駆け寄り
抱っこしてキスをするというハプニングがありました(笑)
赤ちゃん人形はもちろんイエス・キリストです。

3歳児はうれしくて、誰も止められません。
会場は騒然とし、3歳児はますます、はしゃぎまわります。
聖句を詠んでいた中学生はどうしていいのかわからず
自分の聖句を詠むのを忘れて、舞台の真ん中で茫然としてました。

そんな時、突然、天使役のお姉さん(4歳児)が、立ち上がり
お人形を3歳児から静かに取り戻し、籠に戻し、
3歳児に定位置に戻るようにいいきかせ
見事に場を収めたのでした。

どうなることやらと思ったのですが
素晴らしい4歳児の対応に、会場全員が安堵したのでした。
さて、彼女、将来どんな大物になるんでしょう。
そんな彼女の将来を見られないのが残念




[PR]

by organistnikki | 2017-12-10 22:13 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2017年 11月 28日

年末の教会例会 2017


11月末に行われた教会の例会の様子です。
a0042932_06203241.jpg
アメリカ各地で人々の教会離れが進んでいて
うちの教会も例外じゃありません。
教会活動に熱心だった人たちがどんどん亡くなり
メンバーが減って来てます。
それをどう盛り返すか、皆さん、話し合っておられます。
a0042932_06193839.jpg
ブレーンストーミング中
この例会の参加者は、残念ながら、年上の方ばかりでしたね。

a0042932_06194683.jpg
みんなで力を合わせて何かをすると
時には、とんでもない素晴らしい力を発揮することがありますから。
盛り返し、期待してます114.png



[PR]

by organistnikki | 2017-11-28 06:33 | 教会 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 19日

熊本有貴さんのピアノリサイタル


デントン市から熊本有貴さんをお招きして
私の教会で
ピアノリサイタルを催しましたよ。
プログラムはこちら169.png
a0042932_01450054.jpg
プロフィールはこちら101.png
北テキサス大学のピアノ科博士課程に在籍中のピアニストさんです。

a0042932_01451645.jpg

プロフィールのクマのイラストは
清人が有貴さんの苗字から勝手に連想して載せました104.png

素晴らしいリサイタルでしたよ。
私たち、今まで本当に多くの人たちに支えられて、感謝でいっぱいです。
今回は若い才能ある人に演奏の機会を作ってあげたい
切に思ったんでした。

有貴ちゃんのこれからの活躍が楽しみです。

[PR]

by organistnikki | 2017-11-19 16:46 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2017年 11月 16日

秋の祭壇

a0042932_14524136.jpg
もうすぐサンクスギヴィング(感謝祭の休日)101.png
サンクチュアリーの祭壇も感謝祭の飾り付けになりました。
祭壇の後ろにあるのがパイプオルガンの演奏台

裏から見るとこれ
a0042932_14455540.jpg




[PR]

by organistnikki | 2017-11-16 14:09 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2017年 11月 08日

Jacelyn Hall のお葬式

久しぶりに大きなお葬式がありました。
亡くなった方は、うちの教会のメンバーでもないし
宗派も違う。
家族の方が日曜礼拝に来て、サンクチュアリーを見て
ドン牧師の説教を聞いて
私のパイプオルガンを聴いた後
是非ここでお葬式をやりたい、という申し出を受けました。

家族からのリクエスト曲はバッハ作曲の
*「聖アンのフーガ」
*「トッカータ、アダージョ、フーガ ハ長調」
*「羊は安らかに草を食み」
3曲ともすぐ弾ける曲で良かった〜。
ボーン・ウイリアムズ作曲の "Rhosymedre" という曲は知らなかったので
このお葬式を機会に学びましたよ、大急ぎで!

他に歌手の伴奏で2曲
賛美歌は3曲
そして後奏は毎度のヴィドール作曲のトッカータ

後奏を弾いてる最中、パーンというピストルを撃つような大きな音がして
びっくりして、演奏を中断しそうになりました(苦笑)
何しろテキサスの教会で銃撃事件があったばかりだったので・・
幸い、最後まで、止まらないで弾きましたよ(笑)


お葬式の後、何の音だったか?と見に行ったら
花瓶が割れてました。
あのパーン音は花瓶の割れる音だったのかな。



同じ日の同じ時刻にタロー父もお葬式で
彼が弾いた教会がここ↓
1時間弱のお葬式だったそうです。
a0042932_13594702.jpg

More
[PR]

by organistnikki | 2017-11-08 16:00 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2017年 11月 05日

教会創立98周年

毎年11月の第一日曜日は礼拝の後に
「教会の創立祝」兼「メンバー全員の誕生日祝」の昼食会があります。

昼食会のテーブル・デコレーション、彩り鮮やかでしょう。
テーブルは誕生月ごとに飾り付けが異なります。
これ12月生まれの人の席 ー クリスマスっぽい飾り付け
a0042932_08432485.jpg

2月生まれの人の席 ー バレンタインっぽい飾り付け
a0042932_10263318.jpg

7月生まれの人の席 ー 独立記念日っぽい飾り付け
a0042932_10262137.jpg

人々が席につくとこんな感じ
a0042932_10104241.jpg
2年後には100周年になります。
100周年を記念して、教会メンバーの誰か、新しいパイプオルガンを寄付してくれたらいいな(笑)








More
[PR]

by organistnikki | 2017-11-05 14:40 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2017年 10月 29日

Trunk or Treat 2017

今年のうちの教会のハロウィーン・イベントの様子です。
車のトランクの前で子供たちと遊んで
参加した子たちにお菓子をあげるという楽しいイベント。
大人たちは子供達のためにガンバリましたよ101.png
同僚カレンと音楽のインターン二人で題名当てクイズ
彼らの楽器の生演奏です。
a0042932_10061332.jpg
子供達、楽しそう!

a0042932_10052946.jpg
フェイスアートも人気
a0042932_10044572.jpg
一番の人気はポニーライドでしたね。
ポニーに乗って駐車場を半周させてもらえます。
ポニーばかりじゃなくて、うさぎ、七面鳥、鶏、ヒナなどもいましたよ。
動物を触らせてもらって、子供達、大喜びでした。
動物たちには迷惑だったろうけど(笑)
a0042932_11353002.jpg
BGMのバンドの人たち。
いい歳のおじさんたちですが、これがなかなかでしたね。
80年代〜90年代の曲が多かったなあ。
a0042932_10055939.jpg

写真は室外のものばかりだけど、室内でもケーキウォークやら塗り絵大会やらありました。
ごった返してて、写真はあまり撮りませんでしたが。
室内で、ポップコーン、ホットドックが配られました。
用意した350個のホットドッグは45分でなくなったそうです。
500人くらいは来てたかな。
大成功!

ちゃんちゃん





[PR]

by organistnikki | 2017-10-29 21:04 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2017年 10月 14日

帰ってきたよ!

a0042932_21370458.jpg
テキサスに帰って来ました!
しばらくは、時差ボケでこんな状態でしょうが
生きてます、自分102.png



[PR]

by organistnikki | 2017-10-14 21:30 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2017年 04月 20日

マリリンのお葬式


4月19日、親愛なるマリリンのお葬式で奏楽させていただきました。

旦那様のジョーからのリクエスト曲は"It Had To Be You"
この曲は家族が退場する時にオルガンで弾きました。
まさか教会でこんな曲が、しかもパイプオルガンで演奏されるとは
誰も想像してなかったようで、ちょっとした歓声が上がりました。

お葬式の後のレセプションで、いろんな人たちと話をする機会がありました。
その中にブレッケンリッジから来たという方がいました。
ブレッケンリッジと言えば、大昔、オルガン演奏会の依頼を受けた田舎町。
懐かしい地名だなぁと思っていたら、
その方たち、私のことを覚えていてくれました。
テキサスの田舎町だし、やはりアジア人は目立ったんでしょうかね。

その大昔、マリリンはブレッケンリッジの友人たちに
一生懸命、私たちのオルガニスト・デュオの宣伝してくれたようです。
そういえば、教会のバスで、私たちのコンサートの応援にワイワイと駆けつけてくれたっけな。
その時、バスを運転してたのは、今年初めにお葬式で奏楽したマーウィン牧師でしたよ。


素敵な経験をたくさんさせていただいてます。
お葬式での奏楽はお世話になった人たちへのせめての恩返し。
マリリンのご冥福をお祈りします。ありがとう!


[PR]

by organistnikki | 2017-04-20 09:09 | 教会 | Trackback | Comments(6)
2017年 04月 16日

イースター2017



a0042932_21364664.jpg
今年はドン牧師が我が教会に赴任して初めてのイースターでした。
去年のイースターは前の牧師のせいで、盛り下がったんですよ。
今年はどうなることやらと思っていたら
a0042932_21371569.jpg
おかげさまで、少し人々が戻って来た感じ。

今のドン牧師の説教と人徳のおかげで、少しづつ盛り返してるところ。
説教はShort and Sweetが良いんです!
a0042932_21381845.jpg
これで、だいたい350人
教会に人が来るか来ないかは、9割は牧師の説教力と人徳力にかかっていると思います。

清人の教会はポール牧師のおかげで大丈夫。
それでも800人くらい。
ポール牧師は6月で引退します。
新しく来るジョン牧師は、もともとテキサス北部田舎町の出身。
ダラス方面で牧師として修行を積んだし、若くてカッコよくて
期待の星です173.png

天国に旅立った愛猫タローのために白百合を教会に寄付しました。
ハッピーイースター179.png




More
[PR]

by organistnikki | 2017-04-16 21:36 | 教会 | Trackback | Comments(4)