テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:パイプオルガン( 94 )


2017年 05月 10日

コンサートのご案内

6月1日に兵庫県西宮市にある関西学院大学の中央講堂で
ランチタイムコンサートをさせていただくことになりました。
そのポスターが、ようやくネットに出現したので、ここで宣伝しておきますね

a0042932_09362328.jpg
楽器は2014年に設置されたばかりのリーガー社の2段鍵盤のパイプオルガンです。
オルガンのパイプが関西学院のシンボルの新月をイメージしてるそうです。
楽しみです!


**********
日本に帰る1週間前にミズーリ州セントルイスの教会で演奏会があります。
そこで弾かせていただくオルガンがこれ!
a0042932_09363840.jpg

106.png段々畑が5段もある〜!!!
どんな音色がするのか、メッサ楽しみです!

これが教会のウェブサイトです。







[PR]

by organistnikki | 2017-05-10 10:19 | パイプオルガン | Trackback | Comments(8)
2017年 04月 09日

棕櫚の日曜コンサート

a0042932_05244005.jpg

今年も恒例の棕櫚の日曜のオルガンコンサートやりましたよ。
気がつけば、20回目です。


今年のテーマがラプソディーインブルーなので
青いスーツにしましたよ(笑)


ラプソディーインブルーはプログラム後半でして

オルガン・ベンチを離れて、ピアノを弾きました。

清人がオーケストラパートをオルガンで演奏
オーケストラパートは清人がパイプオルガン用に編曲しました。


ラプソディーインブルーって映画にもなってるんですね。
「クラシック音は知らないけれど、ラプソディーインブルーは知ってるよ」

って声をよく聞きました。

a0042932_06561542.jpg


毎年やってるオルガンコンサートですが、人々のニーズに合わせていたら

オルガンもピアノもいてる自分がありまして・・

ホントは現代フランス作曲家のオルガン・プログラムや

オールバッハ・プログラムもやりたいんですが

自分の好きな曲ばかりやってたら、お客さんがなくなっちゃうという現実がありまして・・・

パイプオルガンの音って重いし、時々神経を逆なでするような音も出すので(笑)


おかげで幼い頃にピアニストになりたいという夢が、今、叶ってたりするんですけど。

人生、何が幸いするか、わかりませんね。

というわけで、棕櫚の日曜のコンサート無事終了です。

たくさんのお客さんにていただき、感謝でいっぱいです。




[PR]

by organistnikki | 2017-04-09 05:37 | パイプオルガン | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 22日

ラプソディー・イン・ブルー

a0042932_21333445.jpg
ここで宣伝しても、日本のお友達が来れるわけじゃないけれど
ただいま、練習中
棕櫚の日曜日、「しくしく泣かない4月9日」
コンサートします。
今年のテーマはラプソディー・イン・ブルー
めっちゃいいです。
頑張るっ!!







[PR]

by organistnikki | 2017-03-22 21:49 | パイプオルガン | Trackback | Comments(4)
2017年 03月 07日

名演奏 x いい音響 =

a0042932_00122787.jpg
ここんところ、召使たちはあまり家にいないんにゃ!
どこに行ったのかと思ったら

オルガンコンサートだってにゃ
この日も帰りが遅くてにゃあ
a0042932_00124949.jpg
パリから立派なオルガニスト先生が来たんだってにゃあ〜

*******

この教会、カサバン社製の素敵なオルガンがあるんですが
音響ほとんどゼロ・・・!
音楽の面から見たら、残念なサンクチュアリーでした。


音響が素晴らしいと、どんな迷演奏でも名演奏に聞こえることがあるんですが

どんなに素晴らしい演奏でも残響がないと、下手に聞こえちゃうんですよ。
特にパイプオルガンの場合は。

オルガンの音が、カーペットや、クッションや天井に吸収されて
乾いた音に聞こえました。

プログラムも演奏もとても良かったのに・・・。


デントン市の聖アンドリュー教会にて
演奏者はパリ音楽院の教授 Michel Bouvard 氏
この教会のオルガニストはサミュエル・ガスキン氏 (最近、あるオルガン・コンテストで優勝したんですよ)
オルガンはカサヴァン社製 OP 3625
3段鍵盤 29ストップ 39ランク 2188本のパイプ
エステル・ラトナー・ブラウン夫人と彼女のご家族が寄付されたオルガンで
ラトナー記念オルガンと名付けられてます


テキサス西部の田舎町よりオルガン仲間たちが来て
ちょっとしたリ・ユニオンになり、楽しかったです!

ところでタロー父母、6月1日に関西学院大の中央講堂で
ランチタイム・オルガンコンサートをするのですが
残響がないと聞きました・・・・う〜〜〜む




More
[PR]

by organistnikki | 2017-03-07 23:09 | パイプオルガン | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 13日

タロー父のコンサート

13日の金曜日、タロー父がオルガン・ソロコンサートをしました。
a0042932_21560038.jpg
プログラム後半、タロー母はライトを担当しまして
2階のバルコニーに一人で座って
曲に合わせて、赤やら青やら緑やら(笑)
緊張したな〜
a0042932_07512070.jpg
プログラムが全て終了したところ。
ライト担当の私をみなさまが見上げておられます(笑)

この日のテキサス北部の田舎町、かなり寒かったですよ。
雪の予報が出ましたから。
この寒さの中、わざわざ足を運んでくださった聴衆のみなさまに感謝!

コンサート後のレセプションの様子。

a0042932_07563758.jpg
オルガンを動かしてくれたボランティアの人たちに感謝
こういう方々の協力があってこそ、演奏ができる!
a0042932_07581620.jpg
レセプションの用意をしてくれた方々に感謝!
a0042932_08022361.jpg
この日のプログラムはフランス人作曲家のオルガン曲
前半はヴィエルヌ作曲
ウェストミンスターの鐘
即興曲
トッカータ
月の光
ファイナル

後半はヴィドールオルガン交響曲5番
全5楽章
全部好きな曲ばかりです!




[PR]

by organistnikki | 2017-01-13 22:01 | パイプオルガン | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 07日

ネーサンが来た

a0042932_404662.jpg

今年のエリザベス・プロスローオルガン演奏会のゲストは
ネーサン・ラウバでした。
去年、演奏してくれたアラン・モリソンの愛弟子。
ネーサンは28歳ですでにアメリカの名門イーストマンの先生してます。
今、一番引く手あまたのオルガニストですよ。
なんせ、グラミー賞を受賞したCD に出演していた、という。
残念ながら、受賞者として名前を載せるのには、3分くらい足らなかったそうですが。
常にポジティブ、元気でイケメンのオルガニストです。

最近、きよはオルガンに照射するライトに凝っていて
私、ライト担当にさせられまして
バルコニーでライト操作をしてたので
演奏をじっくり聴く余裕がありませんでした。残念!


これ演奏会の後の写真
a0042932_414948.jpg

ダラス(右)とオクラホマ(左)から来たお客さんも写ってます。

More
[PR]

by organistnikki | 2016-10-07 04:00 | パイプオルガン | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 20日

ねずみ捕りしかけました

a0042932_6243375.jpg

我が教会のパイプオルガンです。
この夏、突然、一番上の鍵盤が鳴らなくなり

早速、フォートワースのオルガン技師に来てもらいました。
フォートワースからテキサス北部の田舎町まで車で2時間半。
ちなみにフォートワースは長岡市と姉妹都市ですよ。

おかげで、何が起こったか判明しました。
a0042932_6261911.jpg

これオルガン本体の中なんですが
ネズミがね、電気システムにおしっこを掛けたんですって(泣)

1回めの訪問は、替えの部品がなく、原因を突き止めただけに終わり

替えの部品を待って、再度、来ていただきましたよ。
a0042932_6314865.jpg

しかし、部品を交換しても、まだ音は出なかった。
ダン技師、考え込んでおります。

更に追求した結果
a0042932_6491158.jpg

実は、ネズミはさらにさらに深い部分にまで侵入して
悪さをしていたことが判明し
再度、新たに部品を注文し、再々度来ていただきましたよ。

おかげで、オルガンは復活しましたが
怖いのはオルガンビルダーからの請求書・・・

ダン技師のアドバイスに従い、
オルガン本体の中と、パイプのある部屋に
ねずみ捕りを仕掛けました。

実は他の教会でもネズミの被害多いんですって。
パイプオルガンって革を使ってるんですよ。
ネズミはその革を好んで食べるそうですから。

教会内に猫がいたらなぁ〜
こんな問題起きないのに!

ん、こういう猫じゃ役に立たないかな(笑)
a0042932_814345.jpg

[PR]

by organistnikki | 2016-08-20 06:10 | パイプオルガン | Trackback | Comments(4)
2016年 04月 14日

タイラーでオルガン演奏会 1

a0042932_7514368.jpg

ステンドグラス、綺麗でしょう!
これ、 Christ Episcopal Church in Tyler のサンクチュアリーです。
テキサス東部の田舎町タイラーでオルガンコンサートしてきたんですよ。
テキサス北部の田舎町からタイラーまで車で4時間弱。
途中、ダラス周辺の町で日本のラーメン屋に寄ることができましたよ!

通りから見た教会の建物
a0042932_1192432.jpg


コンサート前日、オルガン調律に来てくれました。
a0042932_11172043.jpg


演奏会は金曜と日曜の2度
金曜がタロー父によるチャップリンの無声映画コンサート
a0042932_11402617.jpg

日曜が、いつものタロー父母によるデュエット・コンサート
a0042932_9362877.jpg


同じテキサス州ですが、東部・タイラーは湿気が多く
その上、その週に限って、急に気温が下がりまして
コンサート本番前にはとうとう病気になってしまいました。
でも、もちろん弾きましたとも!!

滞在させていただいたお宅が、大邸宅でして
私らのベッドルームとバスルームだけで、およそ我が家一軒分の面積!
家の中を歩くだけでちょっとした運動だったりして(笑)

More
[PR]

by organistnikki | 2016-04-14 07:51 | パイプオルガン | Trackback | Comments(4)
2016年 03月 20日

棕櫚のコンサート2016

a0042932_11594782.jpg

今年で棕櫚のオルガンコンサートはこんな感じでしたよ。
毎年、私が休みなく弾いてきたのですが
今回はテキサスの心臓部 Waco より
ジョイス・ジョーンズ師をお迎えしました。

ジョーンズ先生はベイラー大学のオルガン教授を引退後も
ロンドンのEpworth Old Rectory の再建のために
チャリティーオルガンコンサートをやったり
子供たちにパイプオルガンを紹介するコンサートをしたり
精力的に演奏活動されてます。

他人のために役に立つことができるって素晴らしい。
自分の生きる力に繋がりますから!

実は私、自分の教会にゲストオルガニストを招くのは初めての経験でして(笑)

まずは教会スタッフにゲストオルガニストを招く意味を説明して
許可をもらうことからスタート!
今年は怠け心が起きたなんてことは言わない

1)宣伝活動(新聞、facebook、ポスターなど)して
2)ゲストのためにホテルを予約して

ゲストが来たら
3)オルガンの特徴を説明して(各オルガン造りが違うので)
4)練習時間を確保して (そのために教会の開け閉めをして)
5)食事にお連れして
6)他のスタッフを巻き込んで、レセプションの用意

今回はジョーンズ先生作曲の合唱曲もプログラムにあったので
事前に合唱とハンドベルのリハーサルをして・・・

結構いろいろあったなー
途中、いろんなアクシデントなどもあったけど
すべてが素晴らしい体験となり、感謝感謝!

コンサートのアンコール曲は、リムスキーコルサコフの「熊ん蜂の飛行」
手で弾いても結構速いパッセージですが、それを足鍵盤で!
私のリクエストに応えてくださいました。
それと、コンサートは録音されたので、さきほどCD をジョーンズ先生に送りました。

ジョイス・ジョーンズ、83歳。
まだまだゴーゴー

コンサート直前に3人で
[PR]

by organistnikki | 2016-03-20 11:59 | パイプオルガン | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 14日

アラバマでオルガン2!

夜のアラバマの教会です。
間が開きましたが、コンサートの報告しますね。
投稿は時間指定にしたので、14日になってますけど(笑)
書いたのは21日です。

月があまりに綺麗だったので、礼拝堂と共に写真に撮っておきました。
右上に小さく見えるのが三日月。
a0042932_2391777.jpg

コンサート当日は「13日の金曜日」で、
『不吉な日やね、アハハ』と笑ってたのですが
コンサートの直前にパリのテロのニュースが飛び込んできて
アハハ気分が一転して重苦しい雰囲気に・・・

なんせ、今回このコンサートシリーズに招いていただいたのは
パリで出会ったご縁でしたから!
a0042932_2310159.jpg

プログラムの前に主催者ヘレンがパリの人々にお祈りを捧げ
演奏者の紹介をして
コンサートの開始となりました。

いつも「さぁ〜いくぞ!」と、1曲めから景気のよい曲で始めるんですが
ここアラバマでも1曲めから元気よくいきましたよ。
弾いてる自身たちも音楽から元気をいただいてるんで。
a0042932_23214497.jpg

たくさんの聴衆の人たちに、あたたかく迎えられ
終わった後に、うれしいお言葉やら有り難いお言葉をいただき、
生かされてることに感謝を捧げずにいられませんでした。
そしてアラバマにも感謝!

レセプションでは
[PR]

by organistnikki | 2015-11-14 23:08 | パイプオルガン | Trackback | Comments(4)