テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:パイプオルガン( 96 )


2016年 03月 20日

棕櫚のコンサート2016

a0042932_11594782.jpg

今年で棕櫚のオルガンコンサートはこんな感じでしたよ。
毎年、私が休みなく弾いてきたのですが
今回はテキサスの心臓部 Waco より
ジョイス・ジョーンズ師をお迎えしました。

ジョーンズ先生はベイラー大学のオルガン教授を引退後も
ロンドンのEpworth Old Rectory の再建のために
チャリティーオルガンコンサートをやったり
子供たちにパイプオルガンを紹介するコンサートをしたり
精力的に演奏活動されてます。

他人のために役に立つことができるって素晴らしい。
自分の生きる力に繋がりますから!

実は私、自分の教会にゲストオルガニストを招くのは初めての経験でして(笑)

まずは教会スタッフにゲストオルガニストを招く意味を説明して
許可をもらうことからスタート!
今年は怠け心が起きたなんてことは言わない

1)宣伝活動(新聞、facebook、ポスターなど)して
2)ゲストのためにホテルを予約して

ゲストが来たら
3)オルガンの特徴を説明して(各オルガン造りが違うので)
4)練習時間を確保して (そのために教会の開け閉めをして)
5)食事にお連れして
6)他のスタッフを巻き込んで、レセプションの用意

今回はジョーンズ先生作曲の合唱曲もプログラムにあったので
事前に合唱とハンドベルのリハーサルをして・・・

結構いろいろあったなー
途中、いろんなアクシデントなどもあったけど
すべてが素晴らしい体験となり、感謝感謝!

コンサートのアンコール曲は、リムスキーコルサコフの「熊ん蜂の飛行」
手で弾いても結構速いパッセージですが、それを足鍵盤で!
私のリクエストに応えてくださいました。
それと、コンサートは録音されたので、さきほどCD をジョーンズ先生に送りました。

ジョイス・ジョーンズ、83歳。
まだまだゴーゴー

コンサート直前に3人で
[PR]

by organistnikki | 2016-03-20 11:59 | パイプオルガン | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 14日

アラバマでオルガン2!

夜のアラバマの教会です。
間が開きましたが、コンサートの報告しますね。
投稿は時間指定にしたので、14日になってますけど(笑)
書いたのは21日です。

月があまりに綺麗だったので、礼拝堂と共に写真に撮っておきました。
右上に小さく見えるのが三日月。
a0042932_2391777.jpg

コンサート当日は「13日の金曜日」で、
『不吉な日やね、アハハ』と笑ってたのですが
コンサートの直前にパリのテロのニュースが飛び込んできて
アハハ気分が一転して重苦しい雰囲気に・・・

なんせ、今回このコンサートシリーズに招いていただいたのは
パリで出会ったご縁でしたから!
a0042932_2310159.jpg

プログラムの前に主催者ヘレンがパリの人々にお祈りを捧げ
演奏者の紹介をして
コンサートの開始となりました。

いつも「さぁ〜いくぞ!」と、1曲めから景気のよい曲で始めるんですが
ここアラバマでも1曲めから元気よくいきましたよ。
弾いてる自身たちも音楽から元気をいただいてるんで。
a0042932_23214497.jpg

たくさんの聴衆の人たちに、あたたかく迎えられ
終わった後に、うれしいお言葉やら有り難いお言葉をいただき、
生かされてることに感謝を捧げずにいられませんでした。
そしてアラバマにも感謝!

レセプションでは
[PR]

by organistnikki | 2015-11-14 23:08 | パイプオルガン | Trackback | Comments(4)
2015年 10月 03日

アランが来た!

a0042932_248710.jpg

アラン・モリソン氏(Alan Morrison)が来ました!
はるばるテキサス北部の田舎町までオルガンを弾きに!

アランはNY のジュリアードで同じ時にオルガンを修行した同窓生です。
同窓生と言っても、彼はすでにアメリカの若手オルガニストNo.1 でしたけどね。
そんな彼と一緒にオルガンを勉強できたことはメチャ光栄だったし
彼から学んだこと、たくさんありました。

今はフィラデルフィアにある名門カーチス音楽院にて
巨匠ジョン・ウィーバー先生のあとを継いでオルガンを教えてます。
ちなみに2010年にジョン・ウィーバー先生(Dr.John Weaver)もテキサス北部の田舎町で演奏してくれました。

まずはアランをYoutube でどうぞ!


a0042932_711776.jpg

アランの隣にいるのは彼の相棒・アンジェロで
ニュージャージー州にある Marabella というイタリアン・レストランで美味しいものを作ってる人です(笑)
ウェブサイトのリンクもどうぞ


演奏会の後、リラックスした表情の人たち
a0042932_765665.jpg

きよもコンサートの企画人として
演奏者と同じくらい緊張してたと思います。

そして、これが後日、地元の新聞に載った写真ですよ
a0042932_781924.jpg


アラン、素晴らしい演奏をありがとう!
会えてホントにうれしかった!!
来年はアランに5年間も師事した生徒さんで
アメリカで今、引っぱりダコのNathan Laube が来る予定ですよ。

His Program
[PR]

by organistnikki | 2015-10-03 02:46 | パイプオルガン | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 15日

オランダ・オルガンの旅

Beverwijk で弾いたMueller Organ
a0042932_5512816.jpg

1756 年に建てられ1983年に改築されたそうな。

2段畑のオランダのオルガン(笑)
a0042932_5553518.jpg

黒鍵盤の模様がユニークでしょう。
この鍵盤、べっ甲ですって!!!

オランダ、ハーレムの運河
a0042932_634385.jpg

綺麗だなぁ

St. Bavo (バボ教会)へ行く途中の景色
a0042932_651328.jpg

お花が綺麗でした

More
[PR]

by organistnikki | 2015-07-15 06:49 | パイプオルガン | Trackback | Comments(8)
2015年 07月 03日

AGO 演奏会の報告

a0042932_1237135.jpg

コンサート無事終了です。
写真はフォートワース在住のカプリさんが撮ってくれました。
ここ、テキサス州、フォートワース市にあるアーリントン・ハイツ・メソジスト教会です。
正面に小さく写ってるのが、私たち、見えます?

私たちの演奏会はAGO (アメリカ・オルガニスト協会)の
サウスウェスト支部のコンベンションのオープニングだったんですよ。
聴衆のほとんどがオルガニスト。
そういう機会で弾かせていただくのは非常に名誉なことでしたが
朝9時からのコンサートで、眠かったです(笑)。
それなりに緊張もしました。

好きなオルガンを弾かせてもらってるくせに、眠いとか、緊張したなんて
もったいない話しですけど(笑)。

コンサートの後、きよの大学時代の親友ご夫妻とオルガンの先生と一緒に
これもカプリさんが撮ってくれました。
a0042932_12385084.jpg

こうして見ると、とってもカジュアルな感じな服装ですこと!
それに、これでも身長160 センチあるんですが、背が低く見えますねえ。

レセプションの様子、これもカプリさん
a0042932_12403870.jpg

演奏のあと、挨拶で忙しく写真が撮れなかったのですが、
写真をいただいて本当にうれしいです。

こちらはこのオルガンを建てたRoss King 氏ご夫妻
a0042932_12411998.jpg

自分が建てたオルガンが演奏されるってことで、
彼らも緊張してましたから(笑)。
そんな彼らに喜んでいただけて、光栄でしたよ。

上手なオルガン演奏家はたくさんいるんです。
そんな中で北部の田舎町に住む日本人の私たちに機会を与えていただき
もぅ〜〜感謝いっぱいです!
ありがとう、フォートワース!
[PR]

by organistnikki | 2015-07-03 12:36 | パイプオルガン | Trackback | Comments(6)
2015年 06月 28日

あしたが本番!

a0042932_2044507.jpg

テキサス州、フォーートワースのアーリントン・ハイツ教会(宗派はメソジスト)です。
明朝9時、AGO (アメリカオルガニスト協会)の地区コンベンションのオープニングで弾かせていただきます。


2001年、ここでコンサートに招いていただいて以来
ブロードウェー・バプティスト教会をはじめ(故・クライバーンの教会)
あちらこちらで演奏する機会を与えられるようになりました。
今回はその感謝の気持ちを込めて弾きたいと思います。
このオルガンはRoss King 社製で、建てられて25周年だそうです。
オルガンの隣にはスタンウェイのピアノが2台もあります。

リハーサルのため、2時間半運転して、何度も通いました。
そのたびに、フォートワースの友人のお世話になりました。
そのことは後日、たくさん書きますので。

いいコンサートになりますように!
[PR]

by organistnikki | 2015-06-28 22:46 | パイプオルガン | Trackback | Comments(8)
2015年 06月 14日

桃山学院大学での演奏会報告

紅緒ままさん紅福母さんからいただいたお花です!
a0042932_22571082.jpg

ハート型、すごく可愛い!
ありがとうございました。大・大感激でしたよ。

すでに1ヶ月以上も前のことですが、ようやく日本旅行のことを書く気になりました。
a0042932_22592859.jpg

ここが桃山学院大学のチャペル。

「オルガニスト」という仕事を何年もしてますが、
何が最高か、と言えば
オルガンを通して人と会えることです。
特に日本で弾く場合は、旧友との再会が一番の楽しみです。
そして、人間関係に意外な繋がりを発見した時など
感動ですねえ。

たとえば、左の女性!
a0042932_2372320.jpg

清人と一緒に英語学校に通っていた人です。
お互い留学で、音信不通になってましたが
彼女、今年の4月より、桃山学院大学で教鞭をとられてますが
赴任早々、キャンパスで偶然見つけたのが、私たちのコンサートのポスター。
え、渡邉清人って、あの時の渡邉清人??と
はるかかなたの記憶にスウィッチが入り、駆けつけてくれました。
28年ぶりの再会でしたねえ。

他にも川上さんという素敵な女性のこと。
彼女は昔々、ここ、テキサス北部の田舎町の公立高校に通われました。
その時、清人の教会のメンバーのお宅にホームステイされてたんですよ。
その教会メンバーと私たちは一緒に北ドイツにも旅行した間柄。
その川上さんが桃山学院周辺に住んでいらして
コンサートに来てくださいました。
感激の初対面でした!

そして、忘れちゃいけないのが、このオルガンとの出会い!
演奏会当日、大久保壮介さんというオルガン・ビルダーの方が調律に来てくださいました。
大久保さんは、清人のオルガン&英語の先生の故・ビクターセアル氏と縁のあった人。
セアル先生繋がりで大久保さんと出会えたことだけでもびっくりなのに
『このオルガンは、セアル氏が日本で最初に建てたオルガンだった。』ということを教えていただき、
またまたびっくりしたんでした。
なにしろ、清人は故セアル先生の一番のオルガンの愛弟子でしたから。

もちろん、懐かしい私のお友達も来てくれました。
[PR]

by organistnikki | 2015-06-14 02:03 | パイプオルガン | Trackback | Comments(6)
2015年 05月 13日

演奏旅行に行ってきます。

a0042932_2223648.jpg


ということで、明日日本に発ちます。

帰国はうれしいです!
フライトが順調でありますように。

タローくん、お留守番ありがとう!
a0042932_2274239.jpg

アナ嬢とアナままに可愛がってもらってください。
お水が欲しい時はニャーと言い
フードが欲しければ、ニャーニャーと
恥ずかしがらずアピールするのだよ!!!!

アナ嬢、アナまま、愛猫タローをよろしくお願いします。
[PR]

by organistnikki | 2015-05-13 22:11 | パイプオルガン | Trackback | Comments(5)
2015年 03月 29日

棕櫚コンサート 2015報告

a0042932_11132487.jpg

今年も無事に「棕櫚のオルガンコンサート」をやることができました!
テキサス北部の田舎町に引っ越してきて以来、毎年やってます。

始めた頃は、年に一回だし、大したことないや〜と思ってましたけど(笑)
ここまで続くと、周りの皆さんの意識が変わってきまして
「今年もいよいよ棕櫚のオルガンコンサートの時期が来たね。」と思ってくれるようになりました。
「今年は何するの?」とか楽しみにして下さる人もいて、
ハイ、めっちゃ光栄です。

ただし、毎年、オルガン曲だけで聴衆の方々に満足していただくのは、難しい。
なぜなら、オルガン弾いてる姿は客席からは見ることができないので、
どんなに激しく足鍵盤を弾いていても
どんなに指が速く動いていても、
視覚で入ってこなくっちゃ
音楽もヨソヨソしく感じられてしまうのです。
だから、何か「スパイス」が必要なんですよねえ。

More
[PR]

by organistnikki | 2015-03-29 15:22 | パイプオルガン | Trackback | Comments(2)
2015年 01月 18日

5月は桃山

9日のコンサートは無事に終わりました。
宣伝の成果あってか、たくさんのお客さんが来てくださいました。
プログラムが足らなくなるというハプニングもありました。
本当に感謝でいっぱいです。

ただ今、気持ちを切り替えて、次の準備中です。
次は3月29日、棕櫚の日曜。
3月は、ソロで。
プログラムどうしようかな。
ヘンデル、スウェーリンク、デュプレ、メシアンなど、音符が頭の中で鳴ってますが(笑)
あれも弾きたいし、これも弾きたい。
曲を減らすのが難しい・・・。

*****
ところで、日本で演奏会が入りましたよ。
5月20日、大阪の桃山学院大学にて.
1時半からです。
タロー父とデュエットで。

日本にあるパイプオルガンはアメリカとは仕様が違います。
弾く曲をオルガンに合わせなくてはなりませんね。
それがオルガンを弾く醍醐味でもあります。
ああ、楽しみ!!

日本で演奏する機会があるということは、
義母や友人に会えるとか、美味しい和食が食べられるとか、
うれしいことが、さらに発生します。
うふふ、すごく楽しみ!!!

5月のタローはアナ嬢とお留守番。
a0042932_13383948.jpg

(-人-)ごめんよ タロー!
[PR]

by organistnikki | 2015-01-18 21:37 | パイプオルガン | Trackback | Comments(6)