<   2006年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 30日

楽譜探索

はぁぁ〜暑いです、テキサス。メモリアルデーの休日、我が家の電気オルガンが久しぶりにオンになりました。弾いてたのは、私じゃありません、夫です。

教会用のレパートリーを増やそうってことで、膨大な楽譜のコレクションから1冊1冊試奏してたんです。毎週礼拝で弾くってことは、年間約100曲は必要。同じ曲を繰り返し弾きたくないし、バッハなどクラシックな曲ばかりじゃなく、賛美歌のアレンジやら、コンテンポラリークリスチャン音楽のアレンジなども入れて、バラエティーに富んだ選曲をしたいので。

タローは、というと、こんな様子でした。
先代猫「たま」は、電気オルガンの音が嫌いだったのか、家で練習を始めるやいなや、オルガンベンチに飛び乗って私たちの手や足に噛みつきに来ましたが、タローはこの通り、全然平気。猫によって個性があって、ほんと面白いです。

a0042932_10455170.jpg

後ろに見えるのはトンシー・マット。
[PR]

by organistnikki | 2006-05-30 10:52 | | Trackback | Comments(6)
2006年 05月 26日

基本にかえる

ここ2日くらい前から、昔、習ったピアノ曲やオルガン曲をあれこれ練習しなおしてます。教会の大きな行事が終わって、時間に余裕ができたことだし、「基本の基本」に戻ろうと思ったのです。ピアノで指の練習なんかも熱を入れてやってます。音階、アルペジオ、ハノンの教則本、ショパンのエンチュード、チェルニーの教則本まで引っぱり出して弾いてます。

チェルニーって、子供の頃は、「う〜〜む、つまらん曲ばっかりだ!」って思ってたけれど、今、弾いてみると、アレ、耳心地のよい曲がたくさんあるんだなあって再発見したりして、結構楽しいんですよ。

オルガン曲もさらい直し始めてます。バッハはもちろん、デュプレ、リスト、メンデルスゾーンなどなど。デュプレ作曲の「Cortège et Litanie」という曲、弾いてて、泣けました。久しぶりに弾いてみたんですが、ホント、美しい曲なんです。ま、曲のせいだけじゃなくて、その楽譜に残された先生の筆跡や、自分のメモを見たりすると、思い出すんですよ、音楽院時代・・・ ピリピリしながら練習に励んだ日々。楽譜が入った重い鞄を持って、通った教会、ポールホールやらハバードホール。クラスメイトの素晴らしい生演奏を日常茶飯事のように聴いてた贅沢な日々。そういうのがうわ〜〜〜って、甦ってきましたわ。

今じゃ、のんびり風土のテキサスにいて、その時みたいな緊張感はないけど、好きなだけオルガンを弾けて幸せやな!って思います。まあ、随分、回り道をしたけれど、なにひとつとして無駄ではなかったと思います。
[PR]

by organistnikki | 2006-05-26 12:41 | パイプオルガン | Trackback | Comments(5)
2006年 05月 23日

タレントショー

毎年5月、うちの教会では「タレント・ショー」ってのがあります。子供から老人まで、自分の持つ特技をみんなにアピールするショーで、まあ、「隠し芸大会」みたいなものですね。歌をうたう人、漫才みたいなのをやる人、踊る人、楽器を奏でる人などなど、今年も盛りだくさんのプログラムでした。

タレント・ショーの最後を飾ったのは、4才から6才までのグループ(Promise Choir)による、ミュージカル。難しい「ダンス」などは、なかったけれど、それなりに振り付けあり、台詞あり、歌ありで、ひとつのミュージカルとしてまとまるまで、チャレンジの連続だったんですよ〜〜。私は伴奏者なのでそれほどプレッシャーはありませんでしたが、毎日ディレクターのストレスに満ちた顔を見てたので・・(笑)終わってホッとしてます!

それにしてもリハーサルで今ひとつの仕上がりでも、本番ではビシッと決めるんですね、みんな。それってすっごい才能だと思います。

a0042932_12181841.jpg

写真は Promise Choir の子供たち、ディレクターのカレン、インターンのジョーイと美穂ちゃん。美穂ちゃん、地元の大学を卒業して、1週間前に日本に帰りました。ボランティアで9ヶ月間もインターンをしてくれたんですよ。感謝です!どうか元気でね。

ということで、6月のVacation Bible School まで、子供の行事はなし。こういう静かな日が来るのを1年待ってました。うれしい!さあ、オルガンの練習しようっと。
[PR]

by organistnikki | 2006-05-23 12:49 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2006年 05月 22日

「ぶ」はこれでいきます!

第3回 「ぶ」始まるよっ!!
渡辺タロー、5才、雑種、「第3回 可愛い★ぶさいく顔選手権」にエントリーします。
マイク持って、恍惚(こうこつ)と歌ってるみたいにも見えません?長く伸びたおヒゲ。なんか、枯れた爺さんみたいな表情・・・変だ!うちの猫じゃないみたいっ。実はコレ、夕食の後の顔。そんなに美味しかったのか、キャットフードが!? 
これで参加させていただきます。よろしくお願いします。

a0042932_13444079.jpg


★ぶ★ぶ★ぶ★【 第3回 可愛い★ぶさいく顔選手権!】★ぶ★ぶ★ぶ★
 
    <ルール>★家のコ、本当はもっと可愛いはずなのに・・・
         ★デジカメデータ整理してたら、こんなのが出て来たわ!
         ★このぶさいくさがまた可愛くて仕方ないのよね
         そんな可愛いペットのぶさいく顔を画像付き記事にして
       http://cnabkam.exblog.jp/tb/3564582
         に、トラックバックしてください。
          エントリー記事はお一人3個までとします。
         一つの記事に1匹、同一ペットは不可とします。
         (例:犬3匹いれば、3つエントリーできます)
         

   <参加資格>ペットを飼われているブログのオーナーさん。
         (ペットの種類は問いません)
         トラックバックできれば、どこのブログでもOKです。

   <締め切り>5月25日(木) 23:59
         エントリー数が少ない場合は、延びる可能性があります。 

   <審査方法>締め切り後、別にまとめ記事をUPしますので
         その記事のコメント欄に 鍵コメントで、1人 
         3票を振り分けて投票してください。
         詳しくは締め切り後の投票用記事にて。
         投票はどなたでもできます(ペット飼っていなくてもOK)。

   <チャンピオンになると?>
         別になにもございませんが、栄誉あるヒョ−ショージョ−が
         あなたの元に??? 
         そして、次回の選手権のCM画像に使われてしまいます(w


    ※主旨は「可愛いペット自慢」であり、ぶさいく顔でペットを
     笑い者にする企画ではありませんので御理解いただきたいです。

    ※誰でも参加出来るようにテンプレを文末にコピペお願いします。


    ■企画元■ ネコは「ぱるぷんて」をとなえた!
         (http://cnabkam.exblog.jp/)
    

★ぶ★ぶ★ぶ★ぶ★★ぶ★ぶ★ぶ★ぶ★★ぶ★ぶ★ぶ★ぶ★★ぶ★
[PR]

by organistnikki | 2006-05-22 13:58 | | Trackback | Comments(8)
2006年 05月 22日

ケーキいろいろ

先週末、こちら、卒業式やら、表彰式やら、ウェディングシャワーやら、おめでたい事が重なりました。

盛り上がりましたよ、ジャン友・千夏ちゃんのウェディングシャワー。ウェディングシャワーっていうのは、女人だけが集まって、将来の花嫁の前途をお祝いするパーティーで、この機会に結婚プレゼントを渡すんです。千華姉の手料理をいただきながら、わいわい楽しいひとときでした。

写真は千夏お嬢がプレゼントを開けているところ。
a0042932_1133101.jpg


お祝い事にはやはりケーキが欠かせません。とはいえ、実は、私、アメリカのケーキって大の苦手。とにかく、やたら甘い。アメリカ人には砂糖が多いほど、ケーキは美味しいらしいんですが・・。それに色が、派手。どぎついのなんのって。赤やら青やら黄色やら・・・原色が多い。

写真は、ピアノの生徒がボーイスカウトで表彰された時のお祝いのケーキ。ボーイスカウトってことで、赤、青、白のアメリカの国旗の色に基づいてます。これは地味ですね。
a0042932_10573042.jpg


そして千夏ちゃんのケーキはこれ!
[PR]

by organistnikki | 2006-05-22 11:24 | テキサスライフ | Trackback | Comments(4)
2006年 05月 15日

タローの誕生日

今日はタローの誕生日。今年で5才です。
ってことで、「タローのひらき」をまとめてどうぞ!

きよ(夫)の書類の上でも・・
a0042932_12253386.jpg

ジャン友・ノーマンの椅子の上でも・・
a0042932_1226099.jpg

オルガンベンチの上でも・・・
a0042932_1237860.jpg

どこでもリラックス。気合いが入りませんがな。
[PR]

by organistnikki | 2006-05-15 12:44 | | Trackback | Comments(12)
2006年 05月 13日

アメリカン・ファミリー

行ってきました、結婚式の「リハーサル・ディナー」(夕食会)。結婚式の前日には、家族や教会スタッフで式のリハーサルをやり、その後に彼らを招いて一緒に夕食を食べるのですが、そのことをリハーサル・ディナーって言うそうです。

私たちが結婚した時も「リハーサル・ディナー」やりましたよ。場所は親愛なる千華姉のレストランでした。彼女のレストランはお客さんの前でジュージュー焼いて作ってくれる鉄板焼きスタイル。コックさんがおどけて、エビを飛ばしたりして演出してくれて、みんな喜んでくれたなあ〜〜〜なんて思い出しました。

今日の「リハーサル・ディナー」は、清人が結婚式のオルガニストってことで招待されて、私も同伴出席させていただきました。場所は地元のステーキハウス。

その夕食会に来た人で私が知ってるのは、招いてくれた人だけでしたが、なかなか興味深かったですよ。何しろ、家族関係が複雑すぎる。
正面に花嫁、花婿がいて、右に花婿の父母がいて、でも父親は花婿さんのホントのお父さんさんじゃない。私たちの目の前にいたふたりの女性は、花嫁の親戚だけど、花嫁の腹違いのお母さんの子供だったかな。で、ハンサムな花嫁のお父さんは、二人目だか三人目の奥さんと一緒に出席してて、あれ? 花嫁の生みのお母さんが出席してなかったような・・・・ってな感じでぜんぜん家族関係がわからない。これこそ、アメリカン・ファミリーですな。
ま、私はこういう「人生の晴れの日」に美味しいステーキをご馳走になっただけで、光栄でした。

リハーサル・ディナーとは関係ないけど、今朝のタロー表情をどうぞ。ブラインドからもれる朝陽を浴びてくつろいでいるところ。かわいいなあ、君は!!
ところで 「ぶ」の写真 ですが、さがしている最中です(笑)
a0042932_23181388.jpg


週末の夜は・・・
[PR]

by organistnikki | 2006-05-13 10:20 | テキサスライフ | Trackback | Comments(4)
2006年 05月 11日

同僚のオフィス

a0042932_21452869.jpg
実はこのドアの向こう、足の踏み場もないほどな散らかりようなんです。
昔のインターンはこのオフィスを『ハリケーンが来たあとみたいな惨状だ。』と表現してました。

これ同僚 ケンドラのオフィスのドア。
彼女は子供たちに大人気。
私も英語の発音やら文章などを直してもらいに彼女のオフィスにはよくお邪魔してます。活動的で美しい彼女のルックスとオフィスのギャップにびっくりする人は多いです。

この貼り紙、ビルディングのメンテ担当のフランお姉様のしわざです。

貼り紙の内容はというと、

危険 ーこの区域に入る場合は目と頭を守るべし
危険ーこの区域、関係者以外立ち入り禁止
危険ー危険物ゴミあり、立ち入るな
危険ーこの場所に入る者は危険物から守る衣服を着ること
危険ーこの場所に入れば死ぬ!
注意ーこの場所を清潔に保ちましょう
などと書かれてます。

ケンドラ、自分のオフィスの状態を「芸術だ!アートだ!!」な〜んて言ってますが。アメリカ人って、『あ〜言えばこう言う。』ほ〜んと口が達者ねえって、いつも感心させられます。上司や同僚に注意されようと、へこたれない彼女の強靭な精神、ゴーイング・マイ・ウェイ精神(笑)、学ぶところが多いと思ったりもするのです、ちょっと変な例だけど。
それにしてもフランのユーモアには笑っちゃいます。こういう人がいると、雰囲気が和むのよねえ〜〜。今の教会の仕事、すっごく好きです、私。
[PR]

by organistnikki | 2006-05-11 21:43 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2006年 05月 09日

予感

a0042932_12265092.jpg

タロー君、よくそんなややこしい格好して、疲れませんなあ〜

今日のヨガクラスは後屈のポーズばかり、1時間半。らくだのポーズって言うんですか・・膝で立ったまま、背中に手を添えて、後ろに体を倒すポーズ。足の裏に手が届けば、手を置く。私、苦手なんです。

すでに体中あちこちに筋肉痛の予感あり。
[PR]

by organistnikki | 2006-05-09 12:42 | テキサスライフ | Trackback | Comments(4)
2006年 05月 08日

Nutgrass

連日の雷雨で「おお、外の芝生は生き生き!!」と喜んだのも束の間、芝生の緑に混じって、雑草の Nutgrass がツンツン飛び出してます、うちの庭。

去年、Nutgrass 退治のためにプロの芝生業者に頼んだり、知り合いの助けを借りたりしたのに、恐るべき繁殖力!今年もすごい勢いで伸びてます。ちょっと写真からはわからないですね。Nutgrass って何て訳すのか知らないけれど、正確にはNutsedge っていうらしいです。大ざっぱな私は、『芝生みたいに同じような美しい緑だし、放っておいて何が悪い!?』って思うけれど、芝生好きの清人は我慢できないらしい。今日、仕事から帰ってきて、早速 Nutgrass 退治をやり始めました。
a0042932_53815.jpg

a0042932_12465842.jpg

いやはや、いったん成長し繁殖し始めた Nutgrass を退治するのは大変だと痛感してます・・・。根気よく時間をかけて薬をまき続けるしかないそうですね。

作業をやり始めて5分もしないうちに、『お〜〜〜い、ちえみ! 虫よけスプレー頼む!』と悲痛な夫の声が・・・。行って見たら、なんと大きな蚊が夫の頬に1匹! 外に出るやいなや、腕や足にも蚊が群がってきたそうです。まだ5月だよ〜。今年、蚊の攻撃、すでに始まっています、テキサス。
[PR]

by organistnikki | 2006-05-08 05:44 | テキサスライフ | Trackback | Comments(6)