テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2006年 07月 30日

OK 場所

オクラホマまで行ってきました! 日本人5人で27日から29日まで2泊3日のマージャン合宿。マージャン・バトル・オクラホマ場所とでも言いましょうか。

マージャンって聞くと、『そんなもん興味ないっ!』と、そっぽを向かれる方もあるでしょうが、まあ、いっぺんやってみてください。それはそれは、ハマりますって。時間なんてあっと言う間に経っちゃいます。それに正しくやれば、とても健康的なゲームですよ。ただし、楽しいマージャンをやるには気の合った友人同士が理想ですが。

ところで「合宿」の食事って、「カレー」と「焼きそば」ってイメージがありますが、オクラホマ場所では、とってもゴージャスでした。もちろんオール和食。食事のキーワードは「茗荷」(みょうが)。ここ、テキサス北部では雨が全然降らないせいで、不作なんですが、なんと、お隣のオクラホマでは茗荷が豊作なんですって。おかげで「ちらし寿司」にも、「牛肉のたたき」にも「お豆腐のサラダ」にも「蟹の酢の物」の中にも、「お素麺」にも、そして、「天ぷら」にもふんだんに「茗荷」が登場。茗荷が料理に独特な香ばしさを加え、美味しい料理をますます引き立ててました。そして、すべての料理がセンス抜群の大皿に上品に盛られ、存分に目も楽しませていただきました。

これ、「茗荷」です。食べる部分は土の中にあるんですよ。茗荷って「実」がなるもんだと思っていたら、実は土から掘って出すんです。知ってました?
a0042932_1002996.jpg


そしてマージャンの後(もちろん夜中)、ピラーテスの個人レッスンを受け、おかげで夜はぐっすり寝られました。ピラーテスの腹筋、キツかったです。

肝心のマージャンですが、2泊3日の間に半チャンを15回もしました。合計20時間くらいでしょうか。マージャンやってる間の集中力と精神力と体力って尋常じゃなくって、目はかすんでくるし、抜け毛は増えるし・・・終わったころにはみんなヘロヘロでしたね。(だから、マージャンって不健康って言うのかも!)

そして、みんなの負けたお金で、ディムサムを食べに行きましたよ。その中のお粥、すっごく美味しかった。疲れた頭と体に滋養が体全体にじわ〜〜〜ってしみわたった感じ。私、1日3食、中華のお粥だけでもいいな、って思うほど。

これで、何のためにタローの「自動ごはん箱」を買ったかピン!と来られた方もいらっしゃるかもしれませんね。

オクラホマ場所で出されたお料理の一部見たい?
[PR]

by organistnikki | 2006-07-30 09:35 | テキサスライフ | Trackback | Comments(8)
2006年 07月 26日

自動ごはん箱 その後

先日購入したタローの「自動ごはん箱」、なかなか調子いいですよ。毎回、きっちり決まった量を決められた時間に「ごはん」を食べることって愛猫の健康管理にもいいし。
a0042932_104141.jpg

でも今朝、愕然としました。タロー、たくさん、夜中に吐いたようなんですよ。カーペットに4カ所も。『うわぁ〜タローが病気になってしまった!』ってメチャ焦ったんですが、「ごはん箱」を見て、またびっくり。大量の「ごはん」がなくなってるじゃあありませんか! 

タロー、「ごはん箱」の中に右手を突っ込んで(タローは右利きらしい)、勝手に間食してたようなんです。つまり、「ごはん」が出てくる穴から「ごはん」の入ってるタンクまで手を突っ込んで、「ごはん」を引っぱり出してたんですね。私たちも、タローのように指を突っ込んで試してみたので、間違いないです。

頑丈だと思ってた「ごはん箱」ですが、実は、こんな落とし穴がありました。早朝、吐いたのは、間食のしすぎの証拠。出勤前の忙しい朝、カーペットの掃除で大わらわでしたわ(笑)。

ってことで、90度、ごはん箱の向きを変えてみることにしました。この角度からだと、壁があって、タローも手を突っ込みにくいと思うので。しばらく様子を見ることにします。
a0042932_10425366.jpg


でへへ、お互い至福状態
[PR]

by organistnikki | 2006-07-26 10:55 | | Trackback | Comments(8)
2006年 07月 25日

Prayers

梅雨明けてないけど・・・

a0042932_10593898.jpg

鯖猫さまのニッコウキスゲのお写真とメッセージにトラックバック。ニッコウキスゲの花、元気がでます。このニッコウキスゲは去年の七夕に車山で撮りました。

九州や長野で大雨による被害が拡大しております。ニュースの映像をみて絶句しました。実は今回の大雨で夫の叔母さんが、亡くなりました。裏山が崩れて家ごと押しつぶされてしまったのです。まさかの出来事でした。

被害にあわれた方々、避難生活を強いられている方々、現場で救助活動を行っておられる方々、心よりお見舞い申し上げます。
[PR]

by organistnikki | 2006-07-25 11:16 | テキサスライフ | Trackback | Comments(8)
2006年 07月 23日

マージャンから学ぶ

最近、痛感してます。人の一生なんて、明日のことも知れぬ、せいぜい今日を精一杯生きようって。

というわけで(?)、今週末も精一杯、マージャンしてきました。せっかくのデイオフなのに、ダラダラ昼寝をむさぼることもなく、緊張感あふれた週末でしたわ。

金曜のメンバーは新婚ホヤホヤの千夏(九州生まれ、埼玉育ち)& ノーマン(生粋のテキサン)と、夫(東京生まれ、東京育ち)& 私(生まれも育ちも尾張)。このメンバーとやるマージャンは久しぶりなんです。とてもリラックスした雰囲気の中、なごやかにゲームは進行し、ムフフ、私、なかなか好成績でした。っていうか、最終的にはわりと全員横並びでしたね。

土曜のメンバーは、スージー大御所(九州生まれ)、千華姉(北海道生まれ)、夫と私でして、これはバトル!でしたわ。「食うか食われるか」っていう緊張感あふれるゲーム。少しでも「牌」を出すリズムが崩れると、「早よ、せんかい!」とばかりに、スージー大御所が、爪でタップして合図を送ってくださるんで、焦るんですよ、この音を聞くと。でも、大御所が遅いときは、私、おとなしく待っておりますが(笑)。 自分が必死の思いでテンパイした頃には、お姉様たちは余裕で大きな役を作っておられる。みんなについていくだけで必死でしたわ。

マージャンで負けたお金(ええ、大きく負けましたよ、私。)は、「みんなの貯金箱」に入って、後日みんなで美味しいものを食べに行く時の資金になるのです。随分貯まりました。毎回、最後まで上がれなかった人は貯金箱に1ドルを入れるのですが、この1ドルって大金に感じるんですよ。気分的に100ドルの価値はある!!

マージャンが面白いのは、頭の体操であるのはもちろんのことですが、まるで、毎回のゲームが人生の縮図みたいに感じられることです。ツイていない時は徹底的にダメ。反対にツイてる時は何をやってもうまく行く。不思議なもんです。

ツイていない時はひたすら我慢するか、風向きを変える努力をするかですが、決して投げ出してはいけません。私ってあきらめが早い人間だったんですが、マージャンをやることによって、ちょっと粘り強くなった気がします。一方ツイている時には、脇目もふらず、攻めることですね。私にはちょっと気が弱いところがあり、攻めるのが苦手かも、って自己分析したりして。

そして、勝負には体力と気力の充実が大事。どちらかひとつが欠落しててても勝負には勝てません。これって私たちの人生にも通じるところありません? ちょっと大げさ??
[PR]

by organistnikki | 2006-07-23 11:20 | テキサスライフ | Trackback | Comments(2)
2006年 07月 21日

暑中お見舞い申し上げます

今日も108度(42C 度くらいか?)まで上がったテキサス北部の気温。暑い暑いって言ったってしょうがないんだけど、やっぱり暑い。

礼拝堂に冷房を入れてオルガンの練習をしてたけど、それでも30度 C。こういうクソ(失礼!)暑い時に、知人の作曲家 Robin Dinda 氏が、出版されたばっかりのホットなオルガン連弾曲の楽譜を送ってくれました。曲のタイトル「Kiara Pig Jig」。で、早速、夫と練習するハメになりましたよ、このあっちぃ夏の日に。私は Primo(メロディーの方) で 夫は Second (低音部)を担当してます。

オルガン連弾は、ピアノ連弾と違って、ひとつのベンチにふたりが座って演奏するんです。ちょっと窮屈なので、曲によっては足鍵盤を弾いてる時、相手の足を踏んだり蹴ったりします。もちろん、わざとじゃないんだけど、「踏み」や「蹴り」の度合いによっては、時々、練習中にホントの夫婦喧嘩に発展することもあります・・(笑)。 幸い、この曲は、足鍵盤で近接した音がないので、ケンカの火種はありませんでしたが。コンサートの後、よく「軽快な足のダンスをしてるみたいね。」ってコメントをいただきますが、実は裏では「蹴り」のバトルがあるんですわ。

曲は Jig なんで、軽快なリズムだし、足鍵盤のデュエットもあり、楽しく、時間がたつのも忘れて練習しておりました。

で、ひとしきり練習したあと、立ち上がって、ふとオルガンベンチを見ると、なんと、左右くっきり、「ふたつのお尻の跡」が残っているではありませんか。お尻からの汗でベンチの塗料が溶けて、「衣服のシワ模様付きのお尻マーク」を作り出したんですね。あまりにも見事だったので写真に撮ったのですが、デジカメをオフィスに忘れてきちゃいました。うまく撮れてたらここで公開します。そんなもん見たくないって?

いちおう、おさしん
[PR]

by organistnikki | 2006-07-21 10:07 | テキサスライフ | Trackback | Comments(8)
2006年 07月 17日

買い物

私、ショッピングってあまり行かないんですよ。もちろん日常必需品やら食料品の買い出しには出かけますが、ショッピングモールには年に数えるくらい行く程度。駐車場のスペースをさがしながら、運転するの好きじゃないし、それほど欲しい「もの」ってないので。

でも、なぜか旅先では開放的な気分になるのか、思い立ってあれこれ買ってしまいます。記憶に新しいもので、マージャン用の座椅子を4席、バック・ストレッチャー、首用のクーラーなどなど。「おみやげ」って言うには、ちょっと風変わりなものばっかりですが。まあ、それぞれの「もの」から旅先の思い出も蘇るし、何よりも実用的なので、悪くない買い物です。

今回、シカゴ行きの飛行機の中で買ったのがこれ。飛行機の座席に置いてあるスカイモールっていうカタログからオーダーしました。
a0042932_11481969.jpg

タローの「自動ごはん箱」です。タイマー付きで、一日2回決まった時間に下の「受け皿」の中にドライフードが出てくるようになってます。これ、便利です。今まで使っていた「ごはん箱」は、前もって2回分しか用意できなかったんですが、これは2週間分くらい大丈夫。おまけに犬用でもあるんで、頑丈。

実はね、いつもタローの世話をしてくれるキャロラインが、ある日、力づくで「ごはん箱」を開けるタローを現行犯で発見。今までの「ごはん箱」ではタローの腕力で開いてしまうことが判明したんでした。ってことで、ちょうどいいタイミングの買い物。
a0042932_1139519.jpg

タローったら食後すぐ、また新しい「ごはん」が、出てくるんじゃないかって、受け皿の前で待ってるんですよ。それも食べた直後からず〜〜〜っと何時間も。 時々、「ごはん箱」にパンチしてました。2日後、ようやくじっと待ってても「ごはん」はすぐには出てこないってことを学んだようです。猫さまの順応性って素晴らしいわ〜。

あのね、『これで、心おきなく留守できるぞっ。』て思ってるわけじゃないので、タローちゃん、安心してちょ。

追記)人間に「ごはんちょうだい!」と言っても無駄ってことを学習したタロー。代わりに、朝、起こしてくれません。そのせいで、今朝は30分も寝坊してしまった。
[PR]

by organistnikki | 2006-07-17 12:00 | 旅行 | Trackback | Comments(6)
2006年 07月 09日

シカゴ、シカゴ!

今回の旅行はオルガニストのコンベンション(American Guild of Organist の National Convention) に参加してきたんですよ。2年に一度、全米レベルのオルガニスト(AGO) のミーティングがあって、今年がその年。2年前はロス・アンジェルスだったし、2年後はミネアポリスであるそうです。で、今回 2000人くらいのオルガニストがシカゴに集合しました。

シカゴでは、

Holy Name Cathedral、即興のワークショップを受け、
a0042932_1313407.jpg

St. Raphael RC Church、賛美歌コンサートに行ったし、
a0042932_1314720.jpg

College Church of Wheaton、オルガンとピアノのデュエットコンサートにも行き、
a0042932_13233217.jpg

Moody Church、でクワイヤーのコンサートにも行ったし、
a0042932_13143996.jpg


他にもチャーターバスであちこち行きました。2年分のオルガンコンサートって感じで、もう〜お腹いっぱい状態です。もちろん、オルガンのお勉強のために行ったので、当然ですけど(笑)

ってことで、観光どころじゃありませんでした、ってのは嘘っぱちで、しっかり、楽しんできました、シカゴ!こんな美しい都会を楽しまないなんてもったいないっしょ。歩道の花壇、素敵でした。

続きもあるよ!
[PR]

by organistnikki | 2006-07-09 12:53 | 旅行 | Trackback | Comments(9)
2006年 07月 02日

第3回可愛い☆「ぶ」さいく顔選手権の結果

しなぶぅさん主催の「第3回可愛い☆ぶさいく顔選手権」で、うちのタローが特別賞をいただきました。エントリー写真をご覧になりたい方は5月22日付けのブログへどうぞ。賞の名前が、なんと・・・ ●オヤジ系癒し「ぶ」で賞● ですよ! 夫も私もタローには毎日タイヘン癒されてますが、ネットの世界でもタローがこんなに貢献(?)してたとは!! みなさまからのコメントも以下のようにいただきました。ありがとうございます。まさか今回も賞をいただけるなんて、夢にも思ってませんでしたわ。 ちなみに前回の選手権では第4位をいただいだんですよね。あれは、真の『ぶ』顔でした。

● No.34 渡辺タローくん
     ※まさに招き猫のお顔です。ぶ可愛いすぎ~
     ※猫らしくない立派な名前に負けず頑張れ!ということで。 
     ※夕食後のポーズっていうのが面白くて!
     ※もともとの顔がいいのにアレ??って感じがぶさかわいいです。
     ※去年からのファンです!
     ※自分の子ですから、1票入れます。
     ※絶対なんかしゃべってます。
     ※「ぶ」とは言えない感じですが、その表情にはまりました。

a0042932_122026.jpg

母さん:明日からまたお留守番を頼みますよ!
タロー:にゃ、了解!!

ま、すっごい器用なポーズですこと(笑)
[PR]

by organistnikki | 2006-07-02 01:14 | | Trackback | Comments(8)