<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 20日

コンサート報告

a0042932_10462167.jpg

9月はなんだか忙しいです。もうコンサートづくめ。これ、うちの教会でやった合唱(クワイア)コンサートの様子です。私は、端っこでピアノを弾いてますが、わかります?

プログラムは作曲家ロバート・レイ氏による「ゴスペル・ミサ」、「ゴスペル・マニフィカト」その他3曲。作曲家ご本人がセント・ルイスから来て指揮をしてくれたんですよ。彼がうちの教会で指揮をするのはこれで3度め。クワイヤーのお気に入りの作曲家です。

実はね、わたしが今の教会で面接試験を受けた時、出された課題曲のひとつが、この「ゴスペル・ミサ」だったんですよ。面接官に楽譜を見せられ、「初見演奏してください。」って言われた時、クラシックばかり弾いてた私には、ちょっとカルチャーショックだったなー。「ゴスペル・ミサ」を弾けたかどうかが、採用の重要なポイントだったそうで(笑)。

いやあ、手拍子いっぱい、熱狂的なコンサートでしたよ。うちのクワイヤーって、それほど上手いクワイヤーじゃないんですが、みんなの音楽を愛する心意気は、お客さんにも間違いなく伝わったと思います。

***********************

a0042932_756643.jpgうちの教会のクワイヤーコンサートの前日に、きよの教会では、オルガン・コンサートがありまして、こちらも大盛況でした。演奏者は NY のラジオ・シティー・ミュージックホールの元・オルガニスト、ロバート・マクドナルド氏。

去年、イギリスから招聘したジリアン・ウィーア氏のクラシックなオルガン音楽から一転して、今年はブロードウェイ・ミュージカルのオルガンアレンジあり、聴衆参加のSing Along あり、ローレル&ハーディーの無声映画+オルガン伴奏ありで、子供から老人まで和やかに楽しめる内容でした。特に無声映画の伴奏では、即興演奏の合間にクラシックのオルガン曲も交えたりして、素晴らしかった!

これから月末に向けて、まだまだコンサート続きます。今はその練習に追われる日々であります。また追って報告しますね。みなさま、風邪などひかれませんように、元気でお過ごしください。

おまけ
[PR]

by organistnikki | 2006-09-20 11:51 | 教会 | Trackback | Comments(6)
2006年 09月 14日

電子メールが届きません!

9月になってから、突然、日本からの電子メールが届かなくなりました。

それまで、日本から化け文字のジャンク・メールが大量に来てたんですよ。最近、ジャンク・メールが来なくなったなあ、良かった!と思っていたら、な、なんと、日本からのメールがすべてブロックされてたことに、気づきました。

もちろん、サーバーにも連絡をとりましたが、原因も解決法も不明。メールの容量がいっぱいになってるわけではないのです。とりあえずgmail から新しいメールアドレスをゲットしましたが、う〜む、不便です。

ところで、アメリカ国内のメールは受け取っています。アメリカ国内から発信されたメールなら英語でも日本語でも大丈夫。受け取れないのは日本から来るメールだけ。他国からのメールに関しては不明。もし、メールを送ったのに、返事がないよっていう人がいたら、ごめんなさい!こちらにメールが届いてないからです。

電子メールのトラブル、何か解決法に心あたりのある方がいらしたら、ぜひぜひ教えてくださいまし!!
[PR]

by organistnikki | 2006-09-14 12:54 | テキサスライフ | Trackback | Comments(6)
2006年 09月 10日

その箱、気になる?

タローくん、その箱、君には小さすぎると思うんだけど・・・
a0042932_1223044.jpg


頭は入るけど、お尻は入らないでしょ。
a0042932_1285081.jpg


何度もお尻を出し入れするタロー。まだあきらめてない?
a0042932_1425190.jpg


数分後・・・
[PR]

by organistnikki | 2006-09-10 01:33 | | Trackback | Comments(8)
2006年 09月 05日

拭き掃除

他所のオルガンやピアノを弾く時、必ず、「鍵盤の拭き掃除」をするんですよ。やっぱりね、鍵盤ってすっごく不潔。特に学校にある楽器など。みんなが清潔な手で弾いてるとは思えないし、もし風邪菌持った人がくしゃみしながら弾いてたりしたら、やっぱりね〜〜〜。私のオルガンの先生なんて、レッスンの後、毎回、鍵盤に消毒スプレーしてましたよ。

先週末、きよと市内のある教会で練習してきたんですが、そのオルガンが、弾き心地が悪かったんです。大学の生徒さんも練習しに来てるし、うん、これは「拭き掃除」だなと感じ、早速、ふたりで気合いを入れて拭きましたとも。使ったペーパータオル10枚くらい、もう真っ黒でした! おかげで、面白いほど、弾きやすくなりましたよ。指がすっと鍵盤に馴染んだし、鍵盤から指に何も付着しなくなったし。

オルガンやピアノを弾く時、たまに目に見えない「バリアーみたいなもん」を感じることがあります。前に弾いた人の「跡」みたいなもんでしょうか。不思議なことに、「拭き掃除」をすると、そういうのが解除される気がするんです。私の教会にも生徒さんが練習しに来ますが、そのあとに弾くと、やっぱり違和感を感じます。ほんの些細な感覚なんですが。そういう時、「鍵盤の拭き掃除」します。で、ようやく落ち着いた気分で弾くことができるんです(笑)。


タローも自分の掃除をした後、落ち着く・・らしい。
a0042932_12281330.jpg

[PR]

by organistnikki | 2006-09-05 10:27 | パイプオルガン | Trackback | Comments(12)