<   2006年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 31日

12月30日(土曜日)

またまた何のヒネリもないタイトルでエントリーいたします。

今朝は、今年最後のヨガのクラスに行ってきました。椅子を使ったバックベンド、ラウンジ、逆立ちやら、肩立ちなど、今日はとても爽やかな気分になりました。ハンド・スタンドが、かなり辛くて、3分と言われながら、ほんの10秒くらいしかホールドできませんでした。もちろん、壁の補助付きで、です。来年はせめて20秒はホールドできるように頑張ろう。

a0042932_7255768.jpgで、午後は、千華姉のお宅で、念願だった「おせち料理を作る準備のお手伝い」をさせてもらいました。「お手伝い」って言うより、「お邪魔虫」だったかもしれません(笑)。卵を割った時、ついでに殻まで入れちゃったりなど、基本的な失敗をしましたから・・・(苦笑)。

「隠し技」など、彼女のお料理のほんの「一部の一部」ではありますが、教えていただきましたよ。感謝!千華姉は4日間かけて計画的におせち料理を作るそうですが、私がお邪魔したのは、そのうちの3時間ほど。で、この日、出来上がったのが、写真の「伊達巻き」。味見をしましたが、すっごく美味!!。お正月本番がすっごく楽しみです。

年末なので、タローの洗濯もいたしました。タローは幼い頃からお風呂に入っているので、慣れたもんです。でも、お風呂大好きってほどではありませんが(笑)。おかげでフワフワですぞ!これから家の中の掃除もせねばっ。
a0042932_8132188.jpg

[PR]

by organistnikki | 2006-12-31 08:37 | テキサスライフ | Trackback | Comments(6)
2006年 12月 30日

いよいよ年の瀬

クリスマスが終わり、年内の仕事も一段落して、わたくし、ちょっと気が抜けてます。
牧師をはじめ、何人かの同僚たちは長い休暇をとってて、教会の中、静か。行事もないし、確かに仕事って雰囲気じゃない。

私自身も28日には休暇をとって、近場の都会ダラスに行ってきました。誕生日だったので。幾つになっても、やっぱり誕生日って特別な日ですね。で、ひとつ年をとって賢くなったかというと、う〜〜ん、それは疑わしい(笑)。

で、あと少しで今年も終わり。クリスマスのあと、オルガンの練習がおろそかになっていたので、今日はさすがに気が咎めて、練習しました。来月12日はきよの教会でオルガン・コンサートがあり、私も3曲、参加させていただくので(1曲ソロ、2曲は連弾で)。きよは、もちろん猛・練習してます(笑)。

a0042932_12291226.jpg今日で今年の弾き納めになるかと思いきや、今年は大晦日が日曜なので、31日が仕事納めになります。大晦日も仕事ができるなんて、とってもうれしい!

ところで、教会のサンクチュアリー内では、まだクリスマスツリーが飾られてるし、真っ赤なポインセッチアの鉢もたくさん並べられたまま。教会歴では正しいことなんですが、31日も、クリスマスの賛美歌を歌うんですよ。

やっぱり、私的には門松を立てて、しめ縄を飾って、「蛍の光」って気分なのです(笑)。その代わり、景気よく、テキサスの人々の好きな Widor のToccata を弾いて終わる予定にしています。他にもチョイスがありそうなのに、多くの人が好きだということで、つい安易に Widor の Toccata になってしまう。ちなみに夫・きよは「Joy to the World」のジャズ風アレンジで締めるそうです。

仕事が終わったら、年忘れマージャンです。楽しみ〜〜〜。
[PR]

by organistnikki | 2006-12-30 12:56 | テキサスライフ | Trackback | Comments(4)
2006年 12月 27日

朝陽をあびて

a0042932_3512646.jpg

気持ちよさそうにしているところを邪魔しちゃいました。タロー『なんやねん、こんな時間に?』って迷惑そうな表情です。私たち、普段、この時間帯は家にいないので。

a0042932_443591.jpg

やっぱり、眠そうです。もう邪魔はしませんので。
こちら、抜けるような青空、ぽかぽか陽気です。
[PR]

by organistnikki | 2006-12-27 05:06 | | Trackback | Comments(10)
2006年 12月 19日

テキサス・ビーフふたたび

a0042932_11141034.jpg

うわうわ〜〜今年もまた、こんなクリスマス・ギフト、いただきました。
テキサス・ビーフ・ステーキ、2切れ。
写真にあるのは1切れですよ。
すっごく大きいんです。
どんなに大きいかって、タローの胴体が隠れるくらい(笑)
牛肉を好きな人には、こういうギフトって「粋」なんでしょうが、私はただ圧倒されるばかり。

日本じゃ、釣った魚を「おすそわけ」するってこと、ありますね。手際よくさばいて新鮮なお刺身で食べたりして。そういうのに憧れるんですが、肉食ジンがたくさん住むテキサスじゃ、やっぱり新鮮な牛肉がみんなの「喜び」なんです。

去年も同じステーキ肉をいただきました。その方、教会の「特別な方」なので、家で調理して、どうしても報告したいんです。
ちなみに去年、どう調理したかっていいますと(笑)、ステーキ肉なので、やっぱり焼こうということになり、フライパンで焼きました。でも、真っ黒けに焦がして、食べられるどころの騒ぎぢゃありませんでした。もったいなかった。
2切れめは、1切れめの失敗に懲りて、コマ切れにして、シチューにしました。具沢山のシチューでしたわ(笑)。

今年もコマ切れにしてカレーかシチューに入れる予定にしております。それが安全なので。
[PR]

by organistnikki | 2006-12-19 12:20 | テキサスライフ | Trackback | Comments(8)
2006年 12月 18日

好きな場所

a0042932_1201628.jpg

麻雀、フォートワース場所、やってきました。私たち、泊まりこむほどの、気合いの入れよう(笑)。
タローは、留守番してくれたのですが、私たちが帰宅するやいなや、大変にぎやかでしたよ。『ボクは寂しかったのだぞ!』と、力一杯、自己主張をされました。ごめん、タロー。留守番、どうも、ありがとう。

ここが冬場のカレの「お気に入りの場所」です。電気こたつの布団の上。なぜか、必ずテレビに一番近いところにいます。この電気ごたつ、ニューヨークの「KATAGIRI」で10年前に買ったもので、冬場は重宝します。麻雀テーブルにもなるし、便利なんです(笑)。
[PR]

by organistnikki | 2006-12-18 12:30 | テキサスライフ | Trackback | Comments(5)
2006年 12月 13日

タローの実家

a0042932_13364425.jpg

今日のお昼休みは、同僚3人が教会メンバーのお宅に招かれて、昼食をご馳走になったんですよ。見てください。この色彩豊かなテーブル。「これだけでアート!」って思いませんか。

メニューはコーン・チップ、チーズバーガー・スープ、それとデザート3種類というシンプルなものでしたが、ひとつひとつ、心がこもっていて、素晴らしかった。中でもフルーツケーキはピーカンがたっぷり入っていて、甘くなく、今まで食べたアメリカ人の作ったケーキの中で、一番美味しかったですよ。

実は、ここのお宅で愛猫タローは生まれ、5年前、縁あって私たちの家にもらわれてきたのです。
a0042932_13501227.jpg

[PR]

by organistnikki | 2006-12-13 13:58 | テキサスライフ | Trackback | Comments(12)
2006年 12月 11日

待降節・第二日曜日

a0042932_11441148.jpg

これ、今朝の私の教会の礼拝の様子。クワイヤーのクリスマス音楽礼拝だったんです。私はオーケストラのメンバーと一緒にいて、クワイヤーの背後から撮ったので、こういう写真になりました。

きよの教会からオーケストラの奏者を4人(クワイヤーのメンバーでもある)もお借りしたので、きよの同僚のクワイヤーディレクターが、お冠でしたわ(笑)。この時期、楽器奏者はあちこちの教会から引っ張りだこになります。でもね、困った時にはお互いさまですよねー。毎週、ひとつひとつ行事が片付いていくんで、うれしいです。

a0042932_12174060.jpg

夕方は教会の外で、キリストの誕生物語の劇をやったんですよ。私は見ていただけ。お天気に恵まれて、12度Cくらいもありました。真ん中にいる動物2匹はロバの親子です。子ロバは昨日、生まれたばっかりなんですって。

a0042932_1340631.jpg左のこの子、本物のテキサス・ロング・ホーンっていう「牛」も特別出演だったんですよ。

普通の牛より倍くらい大きく、獰猛そうな目つきでしたが、見かけとは大違いで、おとなしい子でした。生きている本物の動物が登場するなんて、ほんと、テキサスって感じ。

一方、こちらきよの教会
[PR]

by organistnikki | 2006-12-11 13:00 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2006年 12月 10日

麻雀なしの週末

a0042932_8565041.jpgこの写真、お風呂場で愛猫タローが「水ちょうだい!」って、じとっと私を見つめてるところです。

今週はクリスマス会が続いて、食べてばっかりでしたよ。
日本でベストセラーになってるドクター新谷弘実著の「病気にならない生き方」という本を読みはじめたんですが、そういう生活からは、ほど遠い食生活してます。

肉食人の多いテキサスに住んでるので、ドクターの提唱される食生活に修正するのは至難の技です。
ドクターもタローも言うように、水はたくさん飲んだ方がいいらしいです。食事の1時間前に500ミリリットルくらいですって。来週も不健康な食生活になりそうですが、せいぜい水を飲むようにします。

金曜は教会の仕事はお休みでしたが、きよの教会に行って連弾の練習してきましたよ。いやあ、寒いのなんのって。両手はかじかみ、鼻水垂れ、歯はガチガチ鳴るほど!オルガンもこの寒さで随分、ピッチが狂っておりました。なんせ、外は0度 Cでしたから。

でも、どんなに寒くても、パイプオルガンを弾いていると内側からパワーが出てくる感じ、う〜む、幸せだなあって思ったひとときでした。自由存分に練習できるオルガンと場所があるってだけで、素晴らしいです。

a0042932_8202517.jpgで、土曜は麻雀なし!でも千華姉の家に伺って、食事だけをご馳走になってきました。石焼きビビンバですよ〜〜。「あ〜だこ〜だ」と喋りながら、にぎやかに食べる食事は最高でした!

韓国料理って、ピリッ辛で元気が出ます。色も闘志(?)が湧く赤い食事が多いですねえ。さあ、日曜からまた頑張ろっ。
[PR]

by organistnikki | 2006-12-10 08:49 | テキサスライフ | Trackback | Comments(4)
2006年 12月 06日

またまた

a0042932_11355580.jpg

今日も教会でパーティーあったんです。今日のはクリスマス・ランチ。招待されたのは、60才〜90才代の教会メンバーでした。100人くらいの参加がありましたよ。うちの教会って、ホント、わいわいがやがや、集まって食べるのが好きみたい(笑)。

で、朝から私ら教会のスタッフが集まって、テーブルの飾り付けをし、食器を並べて、お昼には、スタッフ全員で給仕をしたんです。慣れない給仕のお仕事、メッチャ楽しかったですよ〜〜〜。給仕は「笑顔が命」です!

地元の中学校の合唱部が特別出演で、クリスマスキャロルを歌いに来てくれて、ますます盛り上がったのでした。

毎年、年1回のこのクリスマス・ランチを楽しみにしてくれてるご老人、たくさんいらっしゃいます。去年のパーティーにはいたけど、今年は病気で来れなかったとか、亡くなってしまった、という友人もいます。給仕しながら、彼女らと共有できた時間を思い出したりもしました。時々、なんでテキサスでこの人たちと喋ってるんだろうって思うこともあるんですが、これこそ、縁なんですね。

*****************

一方、きよの教会での出来事。『7時からオルガンコンサートがあるって聞いたから来た。』っていう団体が、はるばるオクラホマからいらっしゃったのです。『さあ、仕事終わって、今から家に帰って夕食だ!』と思った矢先のご来客だったのですが、2時間近くもかけていらっしゃった方々を無下にはできないってことで、急遽、小オルガンコンサートになりました。うちの夫、口では「ええっ、仕方ないな。」と言ってたけれど、内心は喜んでたに違いない、と推測してます(笑)。

その方々はインターネットの大学で「音楽鑑賞のクラス」を取っていて、先生が誤ったコンサート情報を伝えたんだそうです。で、生徒さんたち、オルガンコンサートのレポートを提出せねばならないんだそうです。

生徒さんたち、先生には一度も会ったことないそうですよ。実は、私、その「おっちょこちょいの先生」をよーく知ってます。しかも、明日、オーケストラリハーサルで会うのです(笑)。

それにしても、学校にわざわざ行かなくても、ネットで授業が受けられるなんて、世の中、進化したんですね。
a0042932_1220255.jpg

ちょっと久しぶりにタローに登場!タローくん、おかげさまで元気です。
[PR]

by organistnikki | 2006-12-06 12:53 | 教会 | Trackback | Comments(6)
2006年 12月 05日

パーティーパーティー

日曜の夜はきよの教会関係のクリスマス・パーティーが、2件もあったんですよ。60〜70才代の日曜学校 のグループとハンドベルのグループによるパーティー。つまり夫はパーティーの「かけもち」をしたってことです(笑)。アメリカのパーティーって夫婦同伴が常識らしいので、私も渋々出席しましたよ(60〜70代のパーティーの方だけ)。

クリスマス・パーティーいに行くと、たいていプレゼント交換があります。昨日の「60〜70代の日曜学校のグループ」のパーティーでは、プレゼントにワインを包んだ人が4人もいましたよ。ひとつのワインなど、その名も「Fat Bastard」ですって。レーベルに太ったおじさんのイラストがありました(笑)。和訳は載せませんが、興味のある方はご自分でお調べくださいませ(笑)。

ちなみに、教会内はお酒の持ち込みは禁止となっています。ま、教会内で飲むわけじゃないし、和やかなクリスマス・パーティーの場だし、牧師も大笑いしてたし、固いこと言わずにっていうことで、いいでしょうか。

で、今日は、私の教会のスタッフ・パーティーが牧師のお宅であったんです。
a0042932_13172083.jpg

今日のパーティーで感心したのが、この「きかい」。「チョコレートの噴水器」っていうか、「噴チョコ器」ですわ。溶けたチョコレートを噴水のように流す「きかい」です。切ったイチゴ、バナナ、パン生地などを竹串に刺して、流れてるチョコレートにつけて食べるんです。子供から大人まで、まあ、はしゃぐことといったら!テキサス人って、ホント甘いもんが好きなんですね。きよと私は、『甘いもんに、甘いチョコをつけて食べるなんて、砂糖で体が溶けるよ!』って思ったのでした。

教会内の日曜学校によるパーティーが、この時期、毎日のようにあります。これが日本の忘年会みたいなもんでしょうね。全部のグループのパーティーに出席するわけじゃないけれど、しばらくパーティーパーティーかなあ。やれやれ。
[PR]

by organistnikki | 2006-12-05 12:45 | 教会 | Trackback | Comments(4)