<   2007年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 28日

久しぶりの週末麻雀

2007年になって、ずっとバタバタバタバタしてたのですが、今、ちょっと区切りがついてます。で、これから教会の子供たちのミュージカルの季節。またエネルギー吸い取られるぅ〜
a0042932_2225079.jpg

ところで、我らが親分・千華姉(せんか)も忙しくしておられて、今日、1ヶ月ぶりに再会しましたよ。写真のお料理はもちろんプロの料理人・千華姉の手作りです。焼き魚、カボチャのサラダ、昆布の煮物、高野豆腐、油揚げに詰めもの、ソーセージのお肉巻き、その他もろもろ、上品な量が御重に美しく並べられて、大・感激でしたっ。テキサス北部の田舎でこういう美味な和食を食べられるって素晴らしい。4人でわいわいおしゃべりしながら食べる食事はホント楽しいです。栄養だけじゃなくて、パワーもたくさんいただきました。

で、写真を見て、もうおわかりだと思いますが、テーブルに並んでる御重は4人分。
ってことは、食後はやっぱり実戦ですよ(笑)。久しぶりだったし、牌を握る手がちょっと感激で震えたりして。なかなかの接戦でしたよ。千華親分、どうもありがとう!!R ちゃん、せっかくの国際電話だったのに、ごめんね、親分を拘束してたのは私たちでした。

この日のメンバーは
[PR]

by organistnikki | 2007-04-28 23:44 | 麻雀 | Trackback | Comments(6)
2007年 04月 25日

でもとっても日本人な私

ほほほ、歯並びいいねえ、タロー。
a0042932_117368.jpg

毎週、火曜は朝9時からスタッフ会議なんです。毎週1回は全員顔を合わせ、今、自分の部署で何が起こっているか、これからどういう行事をするのか、教会のメンバーで誰が病気か、その他、いろんなことを話し合います。お互いの理解を深めるよいチャンスでもあります。

私はオルガニストって立場上( 一応、Music Director でもある。)、それほど、他のスタッフに提示する議題はないのですが、でも自分の存在感をかけて、合いの手を入れたり、他の人たちの意見にコメントしたりして、出来る限り自分をアピールするようにしてます。

でもね、時々わからない単語が出てくると、チンプンカンプンですよ。そういう時、場合によっては聞き流しますが、なるべく他のスタッフに訊きます。会議中に訊くこともあれば、会議の後、同僚に尋ねたりしてますよ。

昔はね、私、大人しかったんですよ。会議の進行を妨げちゃ悪いからって、質問もしない静かな日本人でした。ひと昔の日本じゃ、静かなことが美徳とされてたし。でも今じゃ、かなりふてぶてしくなりました。他のスタッフもこういう頓珍漢な私にも理解できるように一生懸命、話してくれます。そういうのってうれしいです。それに質問される側も楽しんでいる様子。それに、私、時々、英語の発音が悪いんで、直し甲斐があるみたいです。で、私もお返しに時々みんなの平たいテキサス方言を指摘してあげますけどね。

今日、尋ねられました。「ちえみって市民権持ってるよね〜?」って。いやあ、私、アメリカ国民になろうとは思ったことなかったので、ちょっとこの質問にはびっくり。で、この後、「きよはアメリカ人だよね?」って、質問が続いたんですが、どんなにハンバーガー、ピザ、texmex (テキサス風メキシコ料理)が好きでも、どんなにみんなに溶け込んでいても、私は日本人です。やっぱりちょっと違うんだな〜〜
[PR]

by organistnikki | 2007-04-25 11:01 | 教会 | Trackback | Comments(11)
2007年 04月 23日

4月22日は喜びの歌を!

今から2週間だけ、このビデオが見られるそうです。これ、きよの教会の礼拝の様子です。ビデオが始まって20〜30秒くらいしたら、中・高校生たち4人がハンドベルの演奏をするんですが、これ、きよのアレンジ。4月22日に演奏されました、「喜びの歌」。

このビデオを見るためにはReal Audio っていうソフトが必要だそうです。アメリカのサーバーを使っておられる方はここからダウンロードできます。日本のサーバを使っておられる方はここからダウンロードできます。
[PR]

by organistnikki | 2007-04-23 08:46 | 教会 | Trackback | Comments(6)
2007年 04月 21日

グラスの音楽

最近、きよのブームがフィリップ・グラスの音楽なんです。家の中ではもちろん、車の中でもグラスの音楽ばっかり。『グラスの音楽は Minimalizm っていうカテゴリーに入る。』って、昔、音楽院で習いましたが、彼の曲の特徴は、同じようなフレーズがバリエーションになって、何度も何度も繰り返されるんです。

グラス氏は、ただ今70歳。今をときめく作曲家。15歳でシカゴ大学に入学したそうですから、天才ですね。それも音楽専攻じゃなくて、数学と哲学専攻だったそうですよ。その後、ジュリーアード音楽院に入学し、パリへ音楽で留学。その後、インド、ヒマラヤ音楽・他の影響を受けて、彼の独特なスタイルができた、と、「音楽史の教科書」に記述があるほど音楽史の中で重要らしいです。

グラス氏、実に多くの映画音楽を作曲してます。ちょっと昔では「MISHIMA」(日本では残念ながら未公開なんですね。)最近では「The Truman Show (トゥルーマン・ショー)」、「The Hours(めぐりあう時間たち)」、6月に日本で公開される「Notes on a Scandal (あるスキャンダルついての覚え書き)」 などなど、他にもたくさんあります。

a0042932_9255595.jpg彼の音楽を聴いても、全然安らぎませんよ。決して嫌いじゃないですが、すっごく好きってわけでもないです。緊迫感があって、追ったてられているようで、おまけになんか暗い。興味がある方は是非聴いてみてくださいね。で、感想をお知らせください。

最近、ネット麻雀をしてる時にも、きよがグラスの音楽をかけっ放しにするので、勝負運が低迷中。と、勝てない理由をグラスの音楽のせいにする、私(笑)。
[PR]

by organistnikki | 2007-04-21 08:26 | テキサスライフ | Trackback | Comments(4)
2007年 04月 18日

ネットの時代

a0042932_12242596.jpg今さら何さ?って言われそうですが、インターネットって便利ですね。私、随分、遅れてました。私がネットに行く時って、電子メールやニュースをチェックしたり、ブログしたり、ネット麻雀するくらいなのですが、生活のためになるネットの活用法っていろいろあるんですね。

右の写真は同僚のケンドラです。5分くらい前、彼女より「私の fabulous な写真を是非ちえみのブログに載せて!」と、メールで来たので紹介します。

ケンドラは今夏、ニューヨークに4泊5日で遊びにいくんです。ホテルはミッドタウンの何やら高級そうな所が予約できたそうですが、値段を聞いてびっくり。飛行機代+ホテル代で、たったの570ドル ですって。安い!

ネットで、(price.com だったかな)で、探し当てたそうです。マンハッタンのホテルって、安くても1泊100ドルくらいするって思ってたので、この価格、目から鱗(うろこ)でした。

私、ネットで価格をリサーチするってことは、したことありませんでした。でも今日、彼女の話を聞いて、ネットをうまく活用すると、値段も手間も時間も節約できるんだなって学びましたよ。彼女に言わせると、定価を払う人は「愚の骨頂」だそうです(笑)。

水道代、電気代、電話代など日常のこまごまとした料金も、インターネットで支払えるんですよね。ネットに行って、数字を入力するだけで支払い完了、簡単です。いちいちチェック(小切手)を書いて郵送する手間が省けるし、もちろん切手代も節約できる。遅ればせながら、去年から、うちでも実行してます。

a0042932_12225376.jpgもうひとつ付け加えると、ケンドラはただ今、恋愛中。実はその「彼」も e-harmony というネットサービスで見つけた左のお方。先日、その彼を紹介してくれました。この写真も彼女のリクエストにより載せてます。ネットで出会った彼ですが、実人物、なかなかいいじゃないかって思いましたよ。う〜〜ん、どうも来年6月あたり、ケンドラと彼のために結婚式でオルガンを弾くことになりそうです。
[PR]

by organistnikki | 2007-04-18 10:47 | テキサスライフ | Trackback | Comments(6)
2007年 04月 16日

4月15日(復活祭の次の日曜日)

と何のヒネリもないタイトルをつけてみました。

イースターから1週間経った今日の日曜、うちの教会ではクワイヤーが合唱礼拝をやりました。曲目はアメリカの教会音楽をひっぱる Llyod Larson 氏と Joseph Martin 氏のふたりによる合作、組曲「Who is this King?」。季節柄、イエス・キリストの受難、復活がデーマです。去年は、洗足の木曜の前日に、同じ組曲をピアノ伴奏でやったんですが、クワイヤーディレクター(別名・炎の女)の熱い希望により、今年はフル・オーケストラを伴奏に華々しくやりました。

演奏はね、正直なところ、上手くはなかったです。しょせんクワイヤーはボランティアですから。でも、クワイヤーのひとりひとりのスピリットが、素晴らしかった。みんなの「熱意」と、音楽に対する「愛」と「喜び」が表れていて、それが寄り集まって、とてつもない大きなパワーになりました。下手でも(あ、とうとう書いてしまった。)大きな感動で包まれた60分でした。私はオーケストラの一員として、ピアノとハープ(シンセで)を担当しました。
*******
a0042932_12323612.jpg

午後は上の写真のようなハンバーガーパーティーでしたわ。先週末、きよの教会の中学、高校生たちが教会に泊まりこみで「30時間断食」をやったんですって。で、これ、断食をやり遂げたご褒美(?)に、みんなにハンバーガーを食べてもらう親心いっぱいのパーティーですよ。断食やってもこんなにたくさん食べちゃねえ〜と、内心思いましたが、私たちなんて断食もしないで、ハンバーガーにありついたので、静かにしておりました。大変、美味でした。パーティーをホストしてくれたきよの教会のクワイヤー・ディレクター(別名・鉄の女)に感謝です。
[PR]

by organistnikki | 2007-04-16 10:30 | 教会 | Trackback | Comments(6)
2007年 04月 14日

至福の13日の金曜日

a0042932_618486.jpg

a0042932_6183841.jpg

これ再三登場、タローの日課の水遊びです。
今日は久しぶりに完全なオフを満喫しましたよ。朝ヨガに始まり、掃除、洗濯、部屋の整理整頓、観葉植物の手入れ、ジョギング、読書、ネット麻雀、タローとも遊んだし。至福の13日の金曜日でございました。

午後3時すぎにトルネード注意報が出て、ほんの一瞬、小石大のヒョウが降った時には、毛布を持ち出して準備を始めたのですが、それも30分ほどでおさまり、めでたし、めでたし。ちょっとテレビのローカルニュース、騒ぎすぎ!『野球ボール大のヒョウが降ってる。』なんて言うから、焦りましたよ。

ともあれ、よい一日でした、感謝!

追記)翌日、ネットのローカルニュースを見て、びっくり。ホントに大きなヒョウが降ったそうで、写真が掲載されていました。モーターホームは吹き飛ばされ、窓ガラスはヒョウで破られ、屋根も車もぼこぼこ。たまたま私たちは被害を免れただけですが、テキサスに住んでる限り、こういうのって、他人事とは思えません。
[PR]

by organistnikki | 2007-04-14 06:19 | | Trackback | Comments(10)
2007年 04月 10日

タローの災難

a0042932_473685.jpg

彼↑ご機嫌斜めって、わかります?
写真が斜めだからってわけじゃないですよ。

イースター明けの今日の月曜は仕事がお休みで、この機会を利用して年に一度のタローの健康診断に行ってきたんですよ。タロー、車に乗せられ、獣医に連れられ、おまけに2本も予防注射をされました。大変なストレスを与えてしまいましたが、タローが健康であることがわかり、人間たちは安心してます。タローの体重、13ポンド(約6kg)。太り過ぎでもなく、まあまあです。

ところで、獣医さんがタローの体に聴診器をあてた瞬間、タローは「シャー」と威嚇したんです。でもね、元々かわいくて優しい顔をしてるので、「シャー」と鳴いても全然、迫力がない。先代猫の「たま」と比べちゃ悪いのですが、彼女の「シャー」は恐ろしかったですよ。獣医さんすらタジタジでしたから。やっぱり家猫と外猫の違いでしょうか。

タロー、今はケロッとして、水を飲んだり、ご褒美(マグロのスティック)をねだったり、庭に遊びにきたリスを目で追ったりしてます。元気で何よりです。

**********

イースターはこんな日でした。
[PR]

by organistnikki | 2007-04-10 03:17 | | Trackback | Comments(6)
2007年 04月 08日

彼の最近のお気に入り

a0042932_2245243.jpg

猫って靴のニオイ好きなんですねえ。来客があると必ず、靴のニオイを確認しますもん。ニオイを嗅いだ後、口をぽかーっと大きく開けて、放心したような表情をするんですよね。「あ〜いいニオイ!」って思ってるのか、「くっさ〜」って思ってるのか、それは不明です。

写真のタロー、澄ました顔をしてゾウリを履いてますが、最近、この庭履きがお気に入りみたいで、ニオイを嗅いでは、面白い顔して私たちを楽しませてくれてます。

*********

全然タローとは関係ないんですが
[PR]

by organistnikki | 2007-04-08 04:08 | | Trackback | Comments(8)
2007年 04月 06日

ホッとひと息

a0042932_1204629.jpg
4月1日と3日のオルガン・コンサート、無事に終えました。まだこれから、イースターやら、クワイヤー・コンサートやらありますが、ホッとひと息ついてます。これ、テキサスで一番、大きなパイプオルガンです。199ランク、カナダのカサバン社製。フォートワースのBroadway Baptist Church にあります。室内の音響も最高。オルガンの音色も最高!あ〜〜〜こんなオルガンを弾かせてもらえて光栄 & 幸せでした!!

****
実はね、1日&3日のコンサートの前、メチャ、緊張しました。『何度もコンサートしてるから緊張なんて、しないでしょ。』な〜んて言われますが、緊張しなかったことなど一度もございませんよ。それも心地よい緊張じゃなくって、手が冷たくなっちゃう悪質な緊張(笑)。緊張するとやっぱり損だと思いますよ。すぐトイレ行きたくなっちゃうし。
もし、このブログを読まれた方で、緊張をしない方法を知っておられる方がいましたら、是非、是非そのコツを教えてくださいませ!

お写真いろいろ
[PR]

by organistnikki | 2007-04-06 12:31 | パイプオルガン | Trackback | Comments(16)