テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 31日

年の終わりに

a0042932_7374359.jpg

日本は大晦日ですね。こちら、クリスマスも終わり、平常に戻りました。
大晦日と言っても、キリスト教のカレンダーでは特別な意味もなく、ただの平日なのです。それが、日本人の私にとっては少々淋しくもあります。でも「郷に入れば郷に従え」ですね。

***
この写真、28日にダラスから帰る途中、車の中から撮りました。貨物列車です。長いでしょ。100両くらいあります。のどかで、典型的なテキサスの田舎風景です。

30日は今年最後の礼拝でした。前奏は明るく簡単簡潔に Bach のヘ長調のプレリュード。後奏は Vierne のオルガン交響曲1番の 「Finale」 。長いので、後奏で弾く時は10ページも吹っ飛ばします。

「Finale」は、テキサスに引っ越してきたばかりの頃、願をかけて弾きはじめた曲なんです。テキサス生活に馴染めなかった自分は、毎日、引っ越すことばかり夢見てまして、『この Finale を公で弾く時こそ、テキサスにおさらばする日である』、自分の心の中で決めてたわけです。

結局、「おさらば」どころか、ダラダラと10年も住んでるわけでして、10年もいれば、テキサス北部の田舎が「都」にもなるわけです。この曲、今ではカレンダーの節目用の曲になりました。

大晦日はもちろん、普段通りに仕事してきます。「普段通り」ってことが、ホントはかけがえのない素晴らしいことなのだと感じる年末です。
[PR]

by organistnikki | 2007-12-31 08:47 | テキサスライフ | Trackback | Comments(18)
2007年 12月 27日

今日も感謝!

いつもの赤い座椅子の上で気持ちよさそうに寝そべってるタローを発見!
シャッターを押したら、お目覚めになりました。
a0042932_12251456.jpg
その後、あくびを3連発。カッと目と口を開き、体を力いっぱいストレッチされました。
a0042932_12291615.jpg

クリスマスの翌日、きよの教会は開いてましたが、私の教会はお休みでしたよ。
オットは留守だし、のんびりするぞ!と張り切っていたのですが、掃除、洗濯、整理整頓、食事の準備 、ネット麻雀もしましたな etc。結局、一日中、フル稼働してました。
家事って、やりはじめると面白いし、キリがありませんね。
a0042932_12565664.jpg

あっという間に日が暮れました。真っ赤な夕焼け。信号で停まってる間に、きよがすばやく撮った一枚です。今日もいい一日でした。感謝感謝!!
[PR]

by organistnikki | 2007-12-27 13:30 | テキサスライフ | Trackback | Comments(12)
2007年 12月 25日

その計画は静かに実行された

うららかなクリスマスイブ。
何も知らされてなかったのは本人のみである。
場所はテキサス北部の田舎のメソジスト教会。
これは、ただの報復である、そして、彼らの楽しみのため・・・。
こんなことがあっていいのか!

続きを読む人はここをクリック!
[PR]

by organistnikki | 2007-12-25 06:57 | 教会 | Trackback | Comments(14)
2007年 12月 22日

うちのソックス

紅太郎母さん家のクリスマス・ソックスを見たら、うちのソックスも紹介したくなっちゃいました。

a0042932_9484374.jpgうちのは楽譜のキャビネットに飾ってます。上のふたつが私ときよのソックスです。私たちのイニシャル CW と KWって見えます?

何年か前、クワイヤーのメンバーのメアリーがプレゼントしてくれたものです。

手編み!

メアリーが長年連れ添った旦那さまを亡くされた時、自分の心のリハビリのために編んだんだそうです。

今、メアリーはアルツハイマーを発症し、記憶がまだら状態になるので、もうクワイヤーの練習には来られませんが、このソックスは私たちの宝です。

で、下にあるのが、愛猫タローのソックスです。ネズミちゃん付き。ネズミを押すと「We wish you a Merry Chirsitmas〜♪」って歌うんですよ。
タローは、興味なしですけどね(笑)。

a0042932_10283651.jpg
家の中で一番温かい場所、太陽の光が入ってくるところで、おくつろぎ中です。
[PR]

by organistnikki | 2007-12-22 10:39 | テキサスライフ | Trackback | Comments(10)
2007年 12月 21日

おせっかいな衝動

最近、仕事場でムキになってやってたことがあるんです。それは教会の礼拝堂にあるキャンドル・ホルダーの掃除。

キャンドル・ホルダーって、聴衆席にあるロウソクを置く場所です。クリスマスイブの時だけ使う、つまり年に一日しか使われない場所なんですよね。前回のエントリーの写真の手前を見ると赤い本があって両側に白いものが見えますが、そこにキャンドル・ホルダーがあるのです。

ロウソクを置くってことは、もちろんそこは穴。穴があるってことは、みんな、何をしたがるか。わかります??


ゴミを突っ込むんですよね〜〜〜。


このゴミ、誰も取り除かないから、溜まりに溜まっていくわけ。

もちろん掃除の人はいるけれど、見えるところしか掃除しないから、穴の中はゴミで満タン。この穴、全部で400くらいはあるし。誰もそんな面倒な仕事はしたがりませんよ!

こういう状況、何とかならんかな〜って何年も思ってたのですが、やっぱり「気がついた自分」が動かない限り、なんの解決もないんですね。同僚たちはゴミが溜まってても平気だし。というか、気が付いてないかも。会議で提案はしたものの、牧師をはじめ、同僚たちは理解するフリはするけど、誰も行動せず!自分の仕事じゃないからね。

で、この1週間、ひたすら、ゴミ取り作業をしましたよ。何かに憑かれたとしか言いようがないですね!

キャンディーやらガムの包み、クレヨン、プログラム、鉛筆、ティッシュペーパーなどなど、恐ろしい量のゴミ(大きなゴミ袋3つ分!)が出てきました。カッカ&カッカと怒りながら、穴に詰められたゴミ取り作業をやってたわけですが、作業が終わりに近づくにつれ、だんだん気持ちもすっきりしてきました。長いこと苦しんだ便秘が終わった気分ですわね(笑)。

今、礼拝堂の聴衆席に全部ワックスをかけたいという、おせっかいな衝動に取り憑かれているのです。やっぱり美しい場所でオルガンを弾きたいので。年末だし、大掃除かな。練習の合間にでも?
a0042932_13383256.jpg
この方は毎日、せっせと自分をきれいに磨いておられます。

追記・訂正)キャンドル・ホルダーと書きましたが、コミュニオン(聖餐式)・カップ・ホルダーだそうです。
[PR]

by organistnikki | 2007-12-21 13:26 | 教会 | Trackback | Comments(8)
2007年 12月 18日

2007 年 待降節・第三日曜日 

a0042932_1064796.jpg

これ、子供(4才から12才)の音楽劇のリハーサル風景ですよ。リハーサルの土曜は、てんやわんやでした(笑)。クワイヤーディレクターじゃなくて良かった〜とつくづく思いましたもん。
a0042932_11384750.jpg

本番はなかなかの出来でした。私の指導する子供のハンドベルのグループも素晴らしい演奏したし、やれやれ万歳!

夜は、大人のクワイヤーのみんなと一緒に教会のバスに乗って、キャロリングに出かけました。毎年、この季節になると、病気で教会に来れなくなったメンバーを訪れ、クリスマスキャロルの出前(?)をするんです。
a0042932_1113161.jpg

訪れる場所は自宅ばかりじゃないんですよ。リハビリセンターだったり、ケアセンターだったり、病院ってこともあります。他の患者さんもいるのに、みんなでガヤガヤ行って歌ったら迷惑じゃないのかなって思うのは日本人の私だけ。なんやら、こちらの人は大らかなのかな〜。

キャロリングの後はスティーブ牧師の家でテキサス・チリスープや、持ち寄った料理を食べました。どれもこれも美味しかったのですが、やっぱり日本人の私たちの胃腸には予想外に重かったようです・・・。ホント、美味しかったんだけどなあ〜。
[PR]

by organistnikki | 2007-12-18 11:51 | 教会 | Trackback | Comments(12)
2007年 12月 15日

静かな金曜

a0042932_1024851.jpg

おなじみ、キッチンの蛇口から水を飲む図です。
先日、プレゼントした蝶ネクタイ、気に入ってもらえませんでした。
やっぱり昔のにしてくれ!とタローから意思表示をされまして、再び、それを首に飾ってます。

最近、テキサス北部の田舎町も寒くなり、さすがのタローも部屋の真ん中でおっぴろげ状態で寝るってことはありません。マージャン用の赤い座椅子か、タロー専用のベッドでくつろがれます。

今日は久しぶりにオフの金曜でした。おかげで、冷蔵庫の掃除をし、家事もしましたが、明日は怒濤の土曜になりそう!子供のクリスマス・ミュージカルのリハーサルの日。予想最高気温6度C、最低気温ー4度Cとか。
そして日曜の礼拝は子供のミュージカルの本番です。
[PR]

by organistnikki | 2007-12-15 10:51 | | Trackback | Comments(10)
2007年 12月 11日

2007 年 待降節・第二日曜日 

クリスマス音楽礼拝、今年も無事に終わりました。ジョン・ルターのクリスマスキャロルばかり全12曲。
a0042932_1028167.jpg

これがLive Nativity の様子です。去年の写真の方が賑やかな感じですね。今年はロバ2頭の出演がありませんでしたし。
a0042932_10284374.jpg

朝からみぞれが降り、道路は凍り、朝のクリスマス音楽礼拝は、いつもより人が少なかったんです。ましてや、こんな天気だったら Live Nativity は絶対キャンセルだと思いましたよ。スティーブ牧師もキャンセルを提案したらしいのですが、出演者が是非やりたいとのことで、強行となりました。いやはや、テキサス北部の田舎の人は元気ですねえ。この時、気温は0度でした。

去年も登場したテキサス・ロング・ホーン(牛)は写真の左端にお尻だけ写ってますが、今年はひと回り成長して、恐ろしいほど大きかったです。

去年は Live Nativity の本番中、その牛が芝生の上に巨大な「排出物」をされ、それを出演者の子供が踏みつけるというハプニングがありましたが、今年はそういうこともなく、無事に終わりました。何より、ひたすら寒かったです。

教会の建物内では、みんなが持ち寄ったいろんな種類のクッキー、サンドウィッチやアップルサイダーがふるまわれ、やいやい賑やかでした。ホントはみんな、これが楽しみで来てるに違いない!
[PR]

by organistnikki | 2007-12-11 10:53 | 教会 | Trackback | Comments(12)
2007年 12月 09日

エビで鯛を釣る

a0042932_8151928.jpg

きよは「牛丼」やら「うな丼」やらが大好物で、日本に帰るたびに、この2品を食べるのを楽しみにしてます。

一方、私の大好物といえば、お餅。一年中、お餅を食べても大丈夫なくらい好きです。
アメリカ生活を始めた最初の頃は、お餅を買えるお店がなくて、堪えましたよ(笑)。
5年くらい前からでしょうか。テキサス北部の田舎町に住んでいても、日本食が通信販売で買えるようになりました。便利になりましたね。

そういえば、ブログでお餅大好き!と書いたことは一度もありませんでしたよね。
でもさすが、気が利きます!!新潟県の林米穀店さま。
新潟といえば、米どころ。
『新潟のお米は美味しくて、おかずがいらないんだよ。』という噂は、義母のひとり息子から重ね重ね聞いてます。美味しいお米が食べたい方は林米穀店で注文してくださいね!

しかし、ハンドクリームが大好きなお餅に変わるなんて!エビで鯛を釣った気分です。ありがとうございました。これから、ゆっくり大事にいただきます!!
a0042932_754288.jpg

タローと記念撮影をしました。浮き浮きしてる私を見て「なんだなんだ」って表情です。明日は、いよいよクワイヤーカンタータと Live Nativity の本番です。
[PR]

by organistnikki | 2007-12-09 09:02 | テキサスライフ | Trackback | Comments(8)
2007年 12月 07日

教会行事あれこれ2

a0042932_1311683.jpg

12月第2日曜日は教会の建物の前(つまり外)で Live Nativity =キリスト誕生のドラマのセリフなしをやります。今日はそのためにスタッフが集まって馬小屋を建てたんですよ。これがその様子。私は働いてません。牧師も同僚たちも、やいやい言いながらもホント優しいです。オルガン弾きの指の安全を気遣ってくれたのでした。その代わり、みんなの働く様子を写真に撮っておきました。

Live Nativity の本番のテキサス北部の田舎は、悪天候になるらしいです。寒い上に雨も降るとか。演じる人たちが気の毒。
[PR]

by organistnikki | 2007-12-07 13:38 | 教会 | Trackback | Comments(6)