テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 29日

クワイヤーボストン旅行記 その2

a0042932_23433714.jpg
The Old South Church の建物の前でクワイヤーの全体写真。ここでもクワイヤーコンサートをしました。
a0042932_2344351.jpg
The Old South Church のオルガンは見慣れた感じのコンソール。エオリアン・スキナー社のオルガン。

a0042932_23485318.jpg
Harvard- Epworth Methodist Church。Harvard Law School の近所にあるメソジスト教会。ここで朝の礼拝にゲストクワイヤーとして参加し、歌いました。

a0042932_23521855.jpgこのオルガン、スウェル・ボックスが右側にあり、ペダルはもちろんストレート。パイプが白塗りにされ、風変わりでした。ここのオルガニストが弾いてくれたラインベルガーの曲がこの教会にぴったりで素敵でした。
a0042932_2357260.jpgもし、私がこの教会のオルガニストだったら、もうちょっとオルガン周りを整理整頓しますよ。楽譜台がごちゃごちゃだったり、足鍵盤の周りに楽譜が散乱してる様子は、この教会のイメージに似合わないし、美しくないですもん。でも、そんなの余計な世話(笑)ですね。

a0042932_03162.jpg
これ、The First Church of Christ, Scientist の本拠地にあるオルガン。絢爛豪華なエオリアン・スキナー社のオルガンがありました。全米で10指に入る大きさだそうです。
普通ならゼッタイ弾けないオルガンなのですが、偶然出会ったここの教会の人が故・ Nita Akin というオルガニストを知っていて、その繋がりで特別に弾かせていただけることに。
Nita Akin はきよの教会で40年もオルガニストを勤めた方です。演奏家としても有名ですが、多くのオルガニストを無料で教え、世に出した人なんです。その素晴らしい功績は今でも語られてますし、私たちも彼女の教会の後継オルガニストというだけで多くの恩恵を受けてます。
残響も素晴らしく、パワーのあるオルガンでした。残念ながら、ここではオルガンコンサートはないんだそうです。観光地になってますから、リハーサルの時間もないでしょうね。
[PR]

by organistnikki | 2008-06-29 00:34 | 旅行 | Trackback | Comments(17)
2008年 06月 28日

クワイヤーボストン旅行記 その1

ボストン&ミネアポリス旅行から帰ってきました。
お隣のロードアイランド州にも行ったので、その写真からどうぞ。
a0042932_22195563.jpg
クワイヤーディレクターのいとこのお宅から見たニューポートの風景。海が見えて、街の風景も見渡せます。ニューポートにはお城級のビリオンネイアーのお宅がいくつもあります。管理費がかさむため、手放されたお城もあるそうです。ここはお城級ではなく普通の豪邸ですが、まあ、それでもため息がでましたわ。だって、ここ温水プールはもちろん、おトイレが7つもあるんですよ。
a0042932_22255510.jpg

庭には巨大な木が何本もそびえたってました。その中の私のお気に入りがこれ。私も写ってますが、見えます?
*****
ここからボストンに入ります。
a0042932_2247282.jpg
The Old North Church のパイプオルガンのコンソール写真。最初、スイッチが見つからず、ひょいとコンソールの右に目をやると手動の送風機が・・・。で、しばらく手動で演奏してました。つまりパイプオルガンの音を出すのに、演奏者と空気を送る人のふたりがかり。その後、教会のスタッフの人がスイッチの位置を教えてくれて、めでたしめでたし!昔のパイプオルガンは手動だったんですよね。
a0042932_2251424.jpg
そしてこれがバルコニーの下から撮ったオルガンの写真
a0042932_22595824.jpg
クワイヤーコンサートの風景。
まだまだ続く予定。

追記
[PR]

by organistnikki | 2008-06-28 23:12 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
2008年 06月 17日

留守番よろしく!

a0042932_10554718.jpg

不安そうに窓の外をキョロキョロ見るタロー。
空は暗いし、風は強い。
a0042932_1121716.jpg

ん、これはきっと嵐が来る前兆だね〜

この直後、本当にゴロゴロ鳴りはじめて
タローはさっさと自分だけ、どこかにお隠れになりました。
またベッドの下かな。

明日から10日間、旅に出ます。
クワイヤーとボストンに行き、その足でミネアポリスでオルガンのコンベンション。
さて、どんな旅になることやら。

タローくん、しっかり、留守を頼みます。
ホントはタローも一緒に旅行できたらいいんだけどねー。
a0042932_1164090.jpg

[PR]

by organistnikki | 2008-06-17 11:24 | | Trackback | Comments(7)
2008年 06月 15日

父の日に

今日は父の日ですね。
離れていると、なかなか「ありがとう」を伝えることができないのですが、
今年はここに記します。

お父さん、いつもありがとう。
いつまでも元気でいてくださいね。
***

ところで、ブログのお友達の紅太郎母さんがまたまた素敵な歌を作られました。
紅太郎母さんが作詩、作曲 そして歌も歌っておられます。

それでは、ここをクリックして、鹿児島の紅太郎母さんの「お父さん」を聴いてくださいね!


More
[PR]

by organistnikki | 2008-06-15 11:52 | お友達 | Trackback | Comments(6)
2008年 06月 15日

6月のある週末の日記

a0042932_5385344.jpg

テキサス北部の田舎町、快晴。102度 F(38度C)。これ、愛猫タローが生まれたお宅で、金婚式のパーティーがあって、その帰り道に撮った写真です。テキサスの空って大きいでしょ。

今朝はヨガの日。ところが、クラスに1時間も遅刻してしまいました。土曜のクラスは朝9時からで、9時に入ったつもりだったのに、なぜかすでに10時でした。前代未聞の大ボケに自分でもびっくりしてます。未だに時差ボケが治ってないのか、それともインドショックから立ち直ってないのか、それとも元からボケてるだけか・・・。ヨガの先生、クラスのみなさま、失礼しました。

****
ところで、明日は我らがスティーブ牧師の最後の日曜です。6月中旬、メソジスト教会は牧師の移動の時期なんです。スティーブはダラスの隣のプレーノ市の大教会に転勤することになりました。で、スティーブの代わりに転勤してくる牧師もスティーブです。ちょっとややこしい?新・スティーブ牧師はダラス市のメンバー6000人の大教会から来ます。独身。うちの教会の独身女性が早くもそわそわしています(笑)。
[PR]

by organistnikki | 2008-06-15 07:04 | テキサスライフ | Trackback | Comments(6)
2008年 06月 12日

今日のランチ

きよも私もインド料理が大好きです。当然、テキサス北部の田舎町にはインド料理レストランなどありませんよ。と、思ってたら、町に新しいインド料理レストランができたのを今日、発見。2週間前にオープンしたそうです。うれしくて、早速、入りました。

レストランのある場所は知る人ぞ知る町の古い一角で、私の教会ときよの教会のちょうど真ん中あたりにあります。

早速メニューを見ると、この辺では珍しい写真付き。全部、美味しそう!そして、なんやら非常に安い。わくわくしながら、オーダーしました。
サモサ一人前、チキンカレー、エビのフライドライス(焼き飯)とドリンク。で、約10ドル。安いな〜。お金はレジで先払いでした。

レジのインド人っぽいお兄さんが厨房に向かって知らない外国語で私たちの注文を叫んでました。うんうん、これ、マンハッタンのしょぼい中華の店と同じパターンだな〜と、にんまりしましたよ。マンハッタンのしょぼい中華の店って、店の外見とは裏腹に、結構美味しいのです。しかも安い。

『15分くらいかかります。』と訛りの強い英語で言われ、私たち、大人しく待ってました。

で、待つこと約15分、まずはエビのフライドライス登場。

出てきたのを見て、愕然でしたよ。ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック
フォークもナイフもスプーンも使い捨てのプラスチック。
そして当然のようにして、プラスチックの皿に盛られた飯。油でギタギタ。小エビが4尾くらい。ブロッコリーがちょこんと2個、申し訳なさそうに載ってたなー。きよによると、それは冷凍ブロッコリーで、完全に解凍されてなかったそうで、ジャリジャリだったそうです。

そして、次に出てきたのが「サモサ」。メニューの写真では一皿8個くらいの豪華なサモサだったので、当然、同じものが出てくると思い期待してたのですよ。でも、出てきたのは、サモサが1個。たった1個だけですよ!しかも揚げすぎで縮んでたし。もちろんそれも、プラスチックの容器に入れられ、アツアツの状態で出てきました。

そして、極めつけがチキンカレー。骨付きのチキン。でも食べられるところがほとんどない。まるで北京ダック並み。おまけにカレーが盛られた器は片手に入るサイズ。ライスもパンもなし。そして、これも、プラチックの容器。アツアツの状態で出されましたよ。浮いたオイルがキラキラ光って色とりどりきれいでしたよ。( ̄‥ ̄)=3

私たちは全然グルメじゃないです。でも、あまりにもショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショックを受け、写真を撮るのも忘れました。そして、私たちは大人しい日本人&教会オルガニストなので、文句は言わず、ま、これも面白い経験だわね、と、にやにやしながら食べてました。食べた後、レジのお兄さんが『美味しかった?』と愛想をふりまきに来たので「はあ、一応、美味しかったです。」とウソまでついて店を出た私たちでした。

はい、史上最悪のインド料理でした。なので、ブログに記します。
ランチ失敗の悔しさ?!は根深いのであります(笑)。

ちゃんちゃん
[PR]

by organistnikki | 2008-06-12 12:23 | テキサスライフ | Trackback | Comments(17)
2008年 06月 08日

みいはあさんのブログ

a0042932_2244426.jpgこれ、メチャかわいい絵でしょ。
タローがモデルなんですよ!

我がブログに遊びに来てくださる
「みいはあ」さんが描いてくださいました。

いったいぜんたい「みいはあ」さんって誰?と思われた方、是非、彼女の楽しいブログに遊びにいってみてくださいね。

タイトルにも大笑いしちゃったのですが
「猫に小判、おばさんに・・」です。
今月このブログを立ち上げられたばかり。
よろしくm(._.)m

****
ところで、週末、お葬式でオルガンを弾かせていただいた後、「Sex and the City」という映画を観に行きました。下の写真は上記の映画のホームページからダウンロードできますよ。
a0042932_2444093.jpg

これ、アメリカの HBO で 10 年前に始まったドラマシリーズが映画化されたものです。
私たちは、このドラマを観てたので、映画も見逃せないねーと言ってたんです。

さすが、テキサス北部の田舎の映画館。私たちが観に行った時、お客さんは合計たった8人でした。私たち以外にカップルがひと組、あとは女性ばかり。午前の部で観たので、Early Bird 割引があり、映画代は、ひとり 5ドルでした。ちなみに「相棒」という映画を岡谷の映画館で観た時、お客さんは私たち夫婦と義母の3人のみで、貸し切り。映画代はひとり1750 円でした。

ドラマで 30 代だった登場人物たちは、映画で40 代に突入し、ひとりが 50 の誕生日を迎えるのですが、なんのその!みんな華やかなファッションに身を包み、元気いっぱいです。日本では8月公開。
[PR]

by organistnikki | 2008-06-08 03:31 | テキサスライフ | Trackback | Comments(14)
2008年 06月 02日

しあわせなひととき

a0042932_653457.jpg

うちのタローはさりげない優しさを持った猫です。
この日、私は一心不乱に読書してました。
ふと気がつけば、タローが私の隣でこんな恰好でくつろいでいるのを発見。
いつも近すぎず、遠すぎず、距離をとりながら寄り添ってくれるタローです。
なんやら、しあわせを感じたひとときでした。

*****
a0042932_6142759.jpg ところで、日本で何が一番美味しかったって
やはり、国産のお米です。
それも魚沼産のコシヒカリ
おかずなんて不要なくらい旨い!

日本のお米ってやっぱり最高です!!!

a0042932_616226.jpgそして新潟の笹団子。
あんこたっぷり、皮はもちもち。
すっごく美味しいです。
もりもり元気がでますよ。


さて、こんなに美味しいお米や笹団子は食べたい方は
是非、林米穀店に注文してくださいね
ここのご主人さまがまたまた優しい方なんです。
そして、奥さまは明るくて、元気いっぱいで、楽しい方なのですよ。
[PR]

by organistnikki | 2008-06-02 06:33 | | Trackback | Comments(15)