テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 26日

北ドイツとデンマークの旅 その二 オルガン編

今回、演奏をして来た楽器がこれ。マルキュッセン社のパイプオルガンです。
a0042932_2230525.jpg

デンマークでマルキュッセンの工房を訪れたこともあって、この楽器にとっても愛着を感じました。ヨーロッパのオルガンってバルコニーで演奏することがほとんどなんでしょうね。人々に間近に演奏する姿を見られることもないので、伸び伸びと弾いてきました(笑)。
a0042932_22394849.jpg

あの幽霊屋敷の主ははリューベックのこの教会で演奏をさせてくれるように頑張ってくださったそうです(びっくり&感謝!)が、いくらなんでもそりゃ無理な話!でも、音色は聴いてみたかったな。

a0042932_22474918.jpgここは昔々、ブクステフーデがオルガニストを務めたそうで、あのバッハ大先生がブクステフーデの演奏を聴くために訪れたんだそうですよ。教会の建物は13世紀あたりに建築されたゴシック様式。

そんな歴史的な教会なのに、1941年、空襲で破壊されました。その跡が残ってます。戦後に復元されたのですが。
戦争はゼッタイいけません。


a0042932_2326288.jpg

これがハンブルグで弾かせてもらったオルガン。中味はモダンでしたが、この教会も古いものでした。オルガン史のクラスで習ったローラー式のクレッシェンドペダルの実物を体験できて良かったです。体験しなくっちゃ、詰め込んだだけの知識なんて忘れるだけ(笑)。
[PR]

by organistnikki | 2008-07-26 23:48 | 旅行 | Trackback | Comments(21)
2008年 07月 26日

北ドイツとデンマークの旅 その一

みなさま、暑中お見舞い申しあげます。
汗ダラダラの暑い日々の真っただ中にいると、寒さを想像するのは難しいです。
a0042932_5441756.jpg

ヨーロッパも夏だし、まさか長袖のウールのセーターやホットカイロは必要ないだろうと思いつつ、とりあえず持参して、実は大正解。旅行中の北ドイツ&デンマークは毎日雨、そして寒かった。今回、滞在させていただいた邸宅から見えたのが麦畑。もう、延々こればっかり。
a0042932_613441.jpg

そして、これが9日間滞在させてもらったお宅です。1703年に建てられた古い古い邸宅で、昔々、伯爵さんだったか、侯爵さんだったか忘れましたが、地元の名士さんが住んでいらしたそうです。

ここの主人の話によるとこの屋敷には幽霊が住んでるとか。その話を聞いたせいで、初日の夜は眠れず、目は冴え、ひとりでトイレにも行けず、ベッドの中で悶々としてました。(;´д`)
おまけに、寒かったし、雨だったし、怖いし、着いたその日から、秘かに帰る日を指折り数えておりました(笑)。
a0042932_626886.jpg

毎朝のメニューがこれ。パンとハム類とチーズ、その他、にしんや鶏のスプレッド。そして紅茶とジュース。会話を楽しみながら、食事をいただくのですが、ここいらの人って食事に2時間近くもかけるのですね。そのゆったりした生活のテンポに相当カルチャーショックを受けました。

続く
[PR]

by organistnikki | 2008-07-26 07:13 | 旅行 | Trackback | Comments(14)
2008年 07月 12日

タローの昼寝

午後4時、タロー登場
a0042932_358223.jpg

午後4時05分、タロー爆睡開始
a0042932_359219.jpg

午後5時42分、向きを変え、タロー「伸び」をする
a0042932_401128.jpg

その後、タロー、再び爆睡開始。
a0042932_403816.jpg

タローよ、またご心労をかけますが、しばらく旅にでます。
留守番させてごめんね! 
[PR]

by organistnikki | 2008-07-12 07:54 | | Trackback | Comments(16)
2008年 07月 08日

MBT その後

ボストン&ミネアポリスには、MBTシューズを履いていきましたよ。
旅行中は、歩く機会も多いし、テキサス生活でなまった足を鍛えようと思ったのです。
が、残念ながら、旅行3日目でギブアップ。ヘロヘロになりました。

歩くだけならまだ良かったんでしょうが、立ったまま2時間ばかりガイドの話を聴く機会が2度あり、その時に我慢の限界を超えまして、仕方なく、普通のスニーカーを買いました(笑)。
というわけで、今回のおみやげも「スニーカー」でした。

ちなみにきよは MBT と相性がいいようです。ワークアウト中も履いてるくらいですから。


ボストンのThe Old North Church でのクワイヤーのリハーサル風景をどうぞ。
 電源が見つからず、こんなふうに、しばらく手動でパイプオルガンを作動させてたんです。

ビデオ、途中で始まり&終わってますが、悪しからず! 私も歌う立場でして、ビデオを撮ってる場合じゃなかったんです。でも、あまりに面白い光景だったので、つい。

ところで、ビデオのリンクが時々作動しないことがあるみたいです。画面を更新してしばらく待つと作動してくれることもあるみたい。
[PR]

by organistnikki | 2008-07-08 10:14 | 旅行 | Trackback | Comments(10)
2008年 07月 05日

ミネアポリス AGO コンベンション

a0042932_9493585.jpg
2008年、AGO (American Guild of Organists) のコンベンションが行われたのはミネアポリスでした。
ミネアポリス、予想以上に洗練された美しい都会でしたよ。ダウンタウンでは連日野外でバンドのコンサートで賑わっていたし、その隣にはクラシックのコンサートホール "Orchestra Hall" がありました。で、ちょっと郊外に出ると湖が20ほどあります。

ミネアポリスのダウンタウンはビルとビルの2階部分を結ぶスカイウェイっていう高架道路があり、外に出なくてもあちこち行けるんです。目的地にたどり着くまで、結構遠回りをしなくてはいけない場合もありますが、寒い冬には便利ですね。

コンベンションの移動はバス。全米各地から集まったオルガニストたちが、同じAGO カバンを肩にかけて、教会から次の教会へとぞろぞろ移動する光景はなかなか見ものです。

今回、オルガニストってやっぱり耳が遠くなる人が多いかも、思い知らされましたよ。以前、教会のメンバーから新聞の切り抜きをいただいたのですが、やっぱりあの記事は正しい。バスに乗ってると、みなさんの会話が筒抜け。会話をする時の声が異常に大きいのです。つまり、耳が遠いので大きな声を出さないと会話できないのです。私も気をつけなくちゃと思いましたよ。でもオルガンを弾くのが職業だし、どうやって気をつけたらいいんでしょうね〜〜。いいアイデアありませんか?

2つだけオルガンの写真を載せますね
[PR]

by organistnikki | 2008-07-05 11:19 | 旅行 | Trackback | Comments(12)
2008年 07月 04日

私が留守中に起こったこと

私たちがボストンとミネアポリスに旅行中、北ダラス地区の牧師のコンフェレンスで前代未聞の出来事がありました。うちの教会のスタッフたちは驚愕、同僚カレンは怒りのために泣いたそうです。

毎年6月の第1週に北ダラス地区では牧師の大集会があり、そこで牧師の移動の発表があるのです。我らが元牧師のスティーブも新しい教会への移動が発表され、6月の3週目の日曜から元気にそこで働いています。

うちの教会では、スティーブの追い出しパーティーと同時に、新しい牧師を迎えるため住居を整えたり、盛大なウェルカムパーティーの企画をしたり、準備をしていました。

新・牧師が引っ越してくるのは水曜だと本人から教会に連絡があり、スタッフをはじめ、みんな、わくわくしながら「彼」の登場を待っていたのです。しかし、火曜になっても何も音沙汰なし。そして水曜の朝、緊急にスタッフミーティングの招集がかかりました。そこで、「例の牧師」は来ないことになったというニュースを知らされました。改めて、新しい牧師が派遣されるまで、副牧師のひとりが正牧師の代理として働くことが伝えられました。現在、副牧師2人が力を合わせてガンバってます。

で、その後、「例の牧師」はどうなったって??
[PR]

by organistnikki | 2008-07-04 08:51 | 教会 | Trackback | Comments(14)