<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 19日

平和のシンボル

a0042932_4511569.jpg
タローくん、元気いっぱいです。
お気に入りの赤い座椅子の前でキリッとした顔をしてるところ。
私たちの留守中、タローはクリスティーのお家でお世話になりました。
帰った時は蚤1匹おみやげに持ってきましたよ(笑)。

タローにとって首輪は平和のシンボルです。
首輪がある時は家の真ん中でのんびりとできるってことを知っています。
a0042932_6333469.jpg

これは私たちが留守する直前の写真。
首輪をはずされ、いつもと違うことが起こるらしいと察して
部屋の隅っこで小さくなっています。
[PR]

by organistnikki | 2008-10-19 06:47 | | Trackback | Comments(12)
2008年 10月 18日

ミネソタ演奏旅行 2

a0042932_6395677.jpg

これが有名なミネソタのローチェスター市にある Mayo Clinicです。
美術館じゃあなくて、病院なんですよ。
この病院で働くスタッフは3万人以上だそうです。
旅行者の私たちには、カラフルな花とアートがいっぱいの素敵な場所でした。

***

毎度ながら説明不足ですにゃ。雅子さん、ありがとう。
追加) 私たちがオルガンコンサートをしたのは
ローチェスター市にある First Presbyterian Church でした。

滞在したホテルと First Presbyterian Church のちょうど真ん中に
この Mayo Clinic がありました。徒歩で5分。
病院では毎日ツアーも組まれ、一般公開されてます。

病院のビル内にカリロン(ベル)もあり、機械じゃなくて人間が演奏します。
月曜夕方7時、水曜&金曜のお昼にカリロンの生演奏が市内に鳴り響きます。
[PR]

by organistnikki | 2008-10-18 07:14 | 旅行 | Trackback | Comments(8)
2008年 10月 15日

ミネソタ演奏旅行 1

a0042932_1021453.jpg
ミネソタ州ローチェスター市から帰ってきました。これが弾いたオルガンです。カサバン社製。パイプはキンキラ金色でしたよ。

a0042932_9502739.jpgついでに自分たちの写真も載せておこう!
おかげさまで、演奏会、1階席もバルコニー席も満席でした。最後の曲の後はみなさん、立ち上がって、長い長い拍手をくださいました。

そういえば、水を買いにドラッグストアーに行った時、入り口に顔写真入りのコンサートのチラシが貼ってあったっけ。地域のみなさま、お客さまの熱意に支えられたわけですね。ありがたいことです。

この教会では毎年、コンサートシリーズを催していて、招かれているのはオルガン界の有名人ばっかりです。ちなみに次回11月のコンサートではイェール大の先生、トーマス・マレー氏。来年10月は我らが師のジョン・ウィーバー氏。その他、過去には、ジュリアードの先生、ポール・ジェイコブ氏やら、イギリスの大御所のジリアン・ウィーアさんとか、コリン・アンドリュー&ジャネット・フィッシェル夫妻とか。そんな中にちょっこり私たちを入れていただいて何やらメチャ恐縮&
名誉です。

****
飛行機からミネソタの地に降り立った瞬間、寒さでキュッと引き締まった空気を感じ、恐怖でしたよ。おまけに週間予報では演奏会の当日は雨、おまけに寒空マーク。

それが、ミネソタにも神風?が吹いたのか着いた日以外は、ぽかぽか陽気でしたよ。

ただし演奏会当日は湿気が多かったのです。

ここで、予想外なことが起きました。
オルガンが湿気を含んで、ストップの動きが悪くなったのです。特にカプラー。演奏中、時々メモリーボタンを押すだけじゃ作動しなくて、手で入れました。

それと、これが最も想定外のことでしたが、空気が湿気って、絨毯が湿気って、オルガンペダルも湿気ったためか?、オルガンシューズが湿気ってしまいました。シューズの滑りが悪いのなんのって。

オルガンシューズって足鍵盤の上をスムースに動けるように靴の裏側は革なんです。ただし革なので簡単に水を吸収してしまうんですね。つまり、ゴム靴をはいて演奏してるみたいな状況になったわけ。今度は湿度対策にベビーパウダーでも持参しようかな(笑)

まあ、いろんなハプニングはあるものです。毎回あれこれハプニングを経験させてもらって、成長させてもらって、やっぱり感謝です。そして新たな人々との出会いにも感謝です。

一応、旅行記は続く予定。
タローがゴロゴロ&スリスリ攻撃をしてくるので今日はここまで。
[PR]

by organistnikki | 2008-10-15 11:08 | 旅行 | Trackback | Comments(18)
2008年 10月 07日

豪華でしょ!

a0042932_9402529.jpg
これ、今日のうちのお弁当です。
銀ダラの粕漬け、なすの味噌炒め、さやえんどう、チンゲンサイ
黒ごまいっぱいのお豆腐ステーキ、玄米のおにぎり。玄米は、なんと日本産。
超・健康!!栄養バランスばっちり&愛情たっぷり!!!

***
もちろん、これは私の作ではございませんよ。
千華姉の差し入れでございます。
『貴方たち、野菜食べてないわよねー。野菜中心のお弁当にしたわよ。』と
ただただ感激&感涙。感謝でいっぱいです。

千華姉に、我がオットの返す言葉が
『ぼくたち、野菜だけじゃなくて、全部不足してるよ。』
なんやら的を得ていて憎らしい!( ̄‥ ̄)=3
私もたまに早起きしてお弁当を作っるんですけど・・・しょぼくてごめん。

a0042932_10351145.jpg

ボクはカリカリ飯で結構。たまにマグロのスティックも付けてね。

また、週末からボクはお留守番らしいですにゃ。
ミネソタは寒くて、どんな服を持ってたらいいのかわからんとジタバタしてるけど
ボクなんて、年がら年中、同じ毛皮だにゃん。
[PR]

by organistnikki | 2008-10-07 11:35 | テキサスライフ | Trackback | Comments(20)
2008年 10月 06日

エコ袋にゴー!

a0042932_10532153.jpg

スーパーのエコ袋、買ったものを出したまま床に置きっ放しにしてると、この始末。
早速、タローの遊び道具になってます。

****
他の宗派のことは知らないけれど、アメリカのメソジスト教会では10月の第一日曜はWorld Communion Sunday と言って、特別な日曜です。きよの教会でもうちの教会でも異国情緒豊かな賛美歌を歌い、聖餐式もありました。

うちの教会ではリズム感もテンポも良いアフリカやらメキシコの賛美歌が好んで歌われます。

賛美歌以外でも前奏でバッハの曲を弾けば、「ドイツの曲」などとプログラムに脚注を加えます。
何年か前のこの日には、ちょうど韓国ドラマが流行してて、冬ソナの曲を前奏で弾いたりもしましたよ。
「韓国の聖歌」などと脚注を入れて(笑)。

***
聖餐式でちょっと・・・と思ったこと。
今日の聖餐式は Intinction で、牧師がパンをちぎって手の平に載せてくれて、自分でジュースにディップしていただく形式だったんですが・・・

アメリカ人って手を洗わない人が多いんです。

牧師さん、パンをちぎるその手は清潔ですか?って、思わず勘ぐってしまいました。

ちょっと考えすぎでしょうか(笑)?。
a0042932_11271775.jpg

タローのピンクの肉球はなによりも清潔です!!  ←親バカ!
[PR]

by organistnikki | 2008-10-06 12:06 | 教会 | Trackback | Comments(14)
2008年 10月 05日

音楽の秋

a0042932_6331178.jpg
ダラス交響楽団を聴いてきました (9/25)。
プログラムはチャイコフスキーのイタリア奇想曲、ベートーベンのピアノ協奏曲5番「皇帝」、ショスタコービッチの交響曲5番「革命」。

a0042932_652984.jpgダラス(=都会)に行くのは、わくわく、ときめきます。美味しい日本食レストランも充実してるし、日本食のグローサリーもある。でも気軽に行くにはちょっと遠いのです。この日も帰りが午前さま。

座った席は一番安い席だったのですが、指揮者の真ん前で、楽器奏者に手が届きそうな席。ちょうどゴング奏者の頭上で、迫力ありましたよ(笑)。演奏者たちの息づかいも聞こえて楽しかったです。Zweden 氏、指揮棒を振りながら、よく唸っておられましたが、客席には聞こえてたのかな。気合いがびゅんびゅん伝わってきましたよ。

帰りはダラダラしてたら、客席案内の人に「指揮者に会っていきなさい。」と言われ、なぜか会うことになりました。指揮棒を振ってる時は大きく見えた指揮者でしたが、実際はきよと同じくらいの身長。横に大きく、エネルギーの固まりのように見えました。スコアにサインをもらって、きよは大喜び。
***
a0042932_6555151.jpg

時はもっとさかのぼり、カルロ・カーリーのオルガンコンサート(9/20)、盛況でした。演奏会の前々日と前日、宣伝のため彼をあっちこっち振り回したきよでしたが、それ以上に私たちは彼にあっちこっち振り回されましたよ。彼の欲しい「ものたち」を買うために市内全部の店を回ったかも(笑)。
***
a0042932_763578.jpg

そしてこれが2009年度の日めくりカレンダーです。タローは2年前に落選。一方sakurako さんちのマロンちゃんが3年連続で選ばれてます。陽だまり堂さんで販売中。かわいい猫を日替わりで楽しめます。
そ〜だ、よし! 2010年こそ、タローを載せたいと奮い立ったのでした。
[PR]

by organistnikki | 2008-10-05 07:47 | テキサスライフ | Trackback | Comments(10)
2008年 10月 04日

マイネーム イズ タローワタナベ

a0042932_632169.jpg
タロー、元気いっぱいです。秋を満喫しておられます。
***
秘書のローリーとはオフィスで顔を合わせると、よく猫の話しをしてます。猫が脱走してさがし回ったとか、猫が床にうんちをするんで困ったとか、猫がグラスを倒したので床にミルクがこぼれたとか(これらは全部ローリーの猫のお話ですよ)・・・たわいもない会話のパレードですが、毎日楽しんでます。で、先日の会話が以下。3行。

私:「日本の新しい総理大臣の名前、タローっていうんだよ。フルネームでタローアソー。」

ローリー:『はっ?! がははは。』

私:「タローアソー」

私も納得いたしました。
発音を間違えれば?アメリカ映画でよく聞かれる「お行儀の悪い単語」ですね。これ以上は書かないでおきます。意味がわからない人はコメントでお知らせくださいね。
新・総理大臣、長く続けていただきたいと思います。

a0042932_5584127.jpg

うちの教会のキッチン担当のエリザベス(前列左)、『もう重い物を持ち上げられくなった。』と、引退、72才。教会の人々全員の体の一部は彼女のお料理で血や肉が形成されてるはずです。私もきよもとってもお世話になりました。これが引退お祝い昼食会の後の1枚。猫友のローリーは後列の左。新・牧師ケニーは前列右。
[PR]

by organistnikki | 2008-10-04 06:42 | | Trackback | Comments(10)