テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 23日

冷や奴って

a0042932_8565422.jpg

きよの教会のシニアのグループがレシピブックを作ったのです。
そういえば、去年、『何かタロー家のレシピを提出してね。』と頼まれて
苦しまぐれに提出しましたよ。

できあがった装丁豪華なレシピブックを見ながら
もっとまともなレシピを提出すれば良かったなと、
今さらながら悔やまれるのでした。

「何せ、テキサス北部の田舎町で手に入る食材って限られてますから」
と、とりあえず言い訳も書いておきます。

ちなみに提出したレシピは
タロー母の名前で:Hiyayakko こと、冷や奴
タロー父の名前で:Gyudon こと、牛丼

で、ある教会のメンバーが『今日お豆腐を買ったから、Hiyayakko 作ってみるね。』
とわざわざ言いにきてくれたそうで・・・お恥ずかしい限り。

タロー父なんて、レシピを書いてもらった身でありながら、
『Hiyayakko は、スイカに塩をふって食べるようなものだ』と、発言したそうです(笑)。
そりゃ、そうだと感心しましたけど。
タロー父よ、そんなことを言うなら自分でレシピを書いてみたまえ!

a0042932_10561975.jpg左に見えるのは麻婆豆腐じゃあありません。
Chili 缶詰に豆腐、玉ねぎ、セロリを混ぜて温めただけです。
まあ、これが結構イケる味でしたよ。
タロー父が『これをレシピブックに載せれば良かったね。』と言っておりました。
そりゃ、確かにテキサス人受けする味ですね。
でも冷や奴なら毎日でも食べられるけど
Chili 豆腐は月に1回くらいで十分です。


写真のタローは文章とは何の関係もありません。
彼はおかげさまで、今日も元気です。
[PR]

by organistnikki | 2009-02-23 11:14 | テキサスライフ | Trackback | Comments(10)
2009年 02月 20日

みなさまのおっしゃるとおり

a0042932_9135852.jpg
前回のエントリーのオルガニストの件ですが
あれはみなさまのおっしゃる通り、振り込み詐欺でした。
あの翌日、いつもお世話になっている専属のオルガン・ビルダーより電話がありまして
『そのオルガニストなら今、テキサスにいる。』とのことでしたよ。
あっけなく、解決です。めでたし、めでたし。
しかし、600ドルって、微妙な金額ですよね。
メールが送られた20名のうち、誰かが600ドルを送ってしまったかもしれませんね。

で、今日、イギリス在住のアメリカ人オルガニストの C 氏から電子メールがありました。
C 氏の知り合いのアメリカ在住のオルガニストが同じ被害に遭ったそうです。
文面も何と、まったく同じだったそうですよ!
これはオルガニストを狙った連続振り込み詐欺事件(大げさな‥)だとコメントがありました。

自分のメールを見るために他人のコンピューターを使ってログインした場合
パスワードが残らないように気をつけましょう。
そしてログアウトをするのをお忘れなく。

****
なお、写真のタローと今回の振り込め詐欺は何の関係もありませんので、念のため(笑)。
なんやら指名手配中の猫みたいですけど。
[PR]

by organistnikki | 2009-02-20 09:33 | テキサスライフ | Trackback | Comments(8)
2009年 02月 18日

これって振り込み詐欺?

名前は出しませんが、ひとりの有名なアメリカ人オルガニストから、今日、メールが届きました。
彼のメールはYahoo ドットコム のアカウントからです。同じメールが20名に送られてます。
彼のメールの内容を要約すると以下のとおり。

****
『元気ですか? 私がイギリスに来てることを貴方に知らせてなくてすみませんが、今、イギリスにいます。とても悲しくて最悪な事態が発生しました。タクシーに所持金、パスポート、そして重要な書類をすべて忘れてしまいました。ホテル代も払えません。領事館の人とは話しました。しかし、うまく話しが進んでいません。e- mail でアクセスできる数は限られてます。あなたに今日、至急600ドル送金してほしいのです。恐ろしくキツい状況です。食べるお金さえありません。どうかすぐお金を送ってください。

お金はこのアドレスに送ってください。
アドレス_______UK
その他、振り込み方、どの銀行を使って欲しいかなどの詳細な情報。

お金は私がアメリカに帰った時にすぐお返しします。』

****

このメールを読んた時の人々の反応は、私もきよも含めて、もちろん、「オーマイゴッド!」でしたよ。
早く、お金を送金してあげなくては・・・と思いました。

でも念のため、メールに書かれた住所のホテルの電話番号を調べて、国際電話をしてみました。
フロントの人曰く、『その名前の人は宿泊してません。』とのこと。
もちろん、彼の携帯電話にも電話をしてみました。当然、彼は出ませんでした。

そこで疑問点がふたつ、みっつ。
・ビジネス(演奏会)が目的の旅行なら、世話人がいて当然なのでは?
・彼ほど有名なオルガニストだったらイギリスにも友人がいるのではないか?

どうしても途方にくれてる「彼」の姿を思い浮かべることができません。
これは彼の情報を何らかの方法で得た人物が、仕組んだ振り込み詐欺なのではないでしょうか????

日本で振り込み詐欺の被害に遭われた人の話しをニュースで見ます。自分の子供の切羽詰まった状況を知らされたら、動揺します。いち早く助けてあげたくなるのは当たり前です。
私たちも、彼が大変な状況にあるのならすぐ助けてあげたいのです。しかし、やっぱり、おかしい。これは彼の個人情報を何らかの方法で得た人物が、仕組んだ国際的な振り込み詐欺なのではないでしょうか??

みなさま、どう思われますか?

(追記疑問点)そのオルガニストは70才くらいのお方です。
その人が子供のような年齢の私たちにメールを出すでしょうか?
[PR]

by organistnikki | 2009-02-18 09:43 | テキサスライフ | Trackback | Comments(12)
2009年 02月 14日

ツイてる席

a0042932_3492281.jpg

2年前のオクラホマ場所で、麻雀をやる時、どうやら「ツカない席」があるらしいということを発見しました。今回のオクラホマ場所では、「ツカない席」だけじゃなく、実は「ツイてる席」もあることを発見。その「ツイてる席」に座ると、たいてい勝ちます。しかも「連勝」といううれしい勝ち方ができるんです(笑)。

黄色いシャツを着てる人の捨て牌を見ると、何やらメチャクチャですね。この方、国士無双のイーシャンテンをしてました。和がっていたら大勝でしたね。でもね、ウフフ、席が悪かった。その後もスーアンコウを2度もテンパっておられましたが、2度とも和がれませんでした。「ツイてる席」に座った人にあっけなく「勝ち」を持っていかれたのです。

麻雀を始める前の「席決めの段階」で勝負の8割は決まっていたのかもしれません(爆)。
もちろん、いくら「ツイてる席」に座っていても、麻雀の「ツキの女神様」は気ままなので、時々、「どんでん返し」もあります。(いや、そうじゃないでしょ、本当は実力でしょ。という声も聞こえます。) そういうことがあるから、ますます麻雀の魅力にハマるのです。

今回の麻雀合宿は残念ながら1泊のみでしたが、半チャンを10回もやりました。毎度のことながら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

麻雀合宿と言えば、やはりご馳走もセットです。
ちらし寿司、最高に美味しかった。海の幸がいっぱい。
a0042932_4175598.jpg

豚汁とカニのサラダ。写真にはありませんが、鮭の粕漬けも。
a0042932_4185082.jpg

春菊の味噌ゴマ和え。テキサス北部の田舎町では春菊なんて手に入りません。
a0042932_5162778.jpg

そして今回ハマった白菜のお漬け物。これ、最高です。ご飯がすすみまくり!
a0042932_420949.jpg

朝食のトーストとリンゴ+人参+生姜+パイナップルジュース。うちでもブームになってます。
a0042932_4553299.jpg


K 姉さん、ありがとう!!

More
[PR]

by organistnikki | 2009-02-14 05:11 | 麻雀 | Trackback | Comments(12)