テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 30日

タローのつぶやき

a0042932_9254326.jpg

ごちそうさん あとはのんびり 寝るだけさ
タロー

[PR]

by organistnikki | 2009-03-30 09:40 | | Trackback | Comments(10)
2009年 03月 27日

伴奏者の気持ち

きよも私も、オルガン弾きですが、時々、ピアノの仕事も頼まれます。
ピアノ伴奏だったり、ピアノソロだったり。
ピアノも大好きですから!

でもね、不思議に思うのが、伴奏者って楽譜を見ればすぐ弾けると思ってる人が多いこと。
(そりゃ、軽く初見で弾ける人もいるでしょうが。)
今回も本番の前日に楽譜をいただいたんですよ。
そのひとつがこの曲です。メチャいい曲です。でも忙しい曲ですにゃ。この他にも2曲あり。)

伴奏を頼んだ楽器奏者は、その曲を長い時間練習して温めてきたんでしょうが
伴奏者がその曲と知り合うのは本番前の一日だけってアンフェアですよね!
結局はアンサンブルなんだから、伴奏する人にもじっくり曲を学んでもらった方が
完成度の高い演奏ができると思いますよ。
だから、せめて本番の3〜5日前までには伴奏者に楽譜を渡してあげましょう。
a0042932_8585953.jpg

ブイブイぼやいてたら、「よ〜母ちゃん!」と、タローがなだめに来ましたよ。
じゃなくて、そろそろご飯の時間だよ、と知らせにきただけですね
まあ、だいたいご飯の1〜2時間まえくらいから、ご飯の催促が始まります(笑)。
[PR]

by organistnikki | 2009-03-27 09:39 | テキサスライフ | Trackback | Comments(8)
2009年 03月 24日

そろそろ

恒例の「棕櫚の日オルガンコンサート」が近づいてきました。
今年で12回目です。
4月5日 3時より 場所はテキサス北部の田舎町の教会 です。
曲目はヨハン・セバスチャン・バッハの曲ばかり。

* オルガン協奏曲 イ短調     原曲はヴィヴァルディ
* 主よ、人の望みの喜びよ     ヴァージル・フォックス編曲
* トリオソナタ No. 5  ハ長調
* あなたがそばにいたら     ロバート・ヘブル編曲
* パッサカリアとフーガ ハ短調

他にも弾きたい曲が何曲かあったのですが
喋りをいれて1時間のプログラムにせねばなりません。
クラシック曲に慣れてない人たちにも耳優しいプログラムにせねばなりません。
で、こんなところに落ち着きました。

あまり長いプログラムだと↓こうなりますかね(笑)。
a0042932_11183410.jpg

[PR]

by organistnikki | 2009-03-24 11:20 | パイプオルガン | Trackback | Comments(8)
2009年 03月 22日

『第7回 可愛い☆ぶさいく顔選手権』 

『第7回 可愛い☆ぶさいく顔選手権』どす!

こんにちわ。今回、タローも参加させてください!
普段はとっても可愛いのですが、この寝姿には驚き・・・

名前: 渡辺タロー 2001年5月15日生まれ おうし座 
住所: テキサス北部の田舎町の小さな家
a0042932_921759.jpg


★ぶ★ぶ★ぶ★【 第7回 可愛い★ぶさいく顔選手権!】★ぶ★ぶ★ぶ★
 
    <ルール>★家のコ、本当はもっと可愛いはずなのに・・・
         ★デジカメデータ整理してたら、こんなのが出て来たわ!
         ★このぶさいくさがまた可愛くて仕方ないのよね
         そんな可愛いペットのぶさいく顔を画像付き記事にして
       http://cnabkam.exblog.jp/tb/7992465
         に、トラックバックしてください。
          エントリー記事はお一人3個までとします。
         一つの記事に1匹、同一ペットは不可とします。
         (例:犬3匹いれば、3つエントリーできます)
         

   <参加資格>ペットを飼われているブログのオーナーさん。
         (ペットの種類は問いません)
         トラックバックできれば、どこのブログでもOKです。

   <締め切り>3月31日(火) 23:59
         
   <審査方法>締め切り後、別にまとめ記事をUPしますので
         その記事のコメント欄に 鍵コメントで、1人 
         3票を振り分けて投票してください。
         詳しくは締め切り後の投票用記事にて。
         投票はどなたでもできます(ペット飼っていなくてもOK)。

   <チャンピオンになると?>
         別になにもございませんが、栄誉あるヒョ−ショージョ−が
         あなたの元に??? 
         そして、次回の選手権のCM画像に使われてしまいます(w


    ※主旨は「可愛いペット自慢」であり、ぶさいく顔でペットを
     笑い者にする企画ではありませんので御理解いただきたいです。
     
    ※各種メディアで取り上げられることがあるかもしれません。
     その場合、ご承諾いただいているとみなし画像の提供をする場合があります。
   
    ※誰でも参加出来るようにテンプレを文末にコピペお願いします。


    ■企画元■ ネコは「ぱるぷんて」をとなえた! (http://cnabkam.exblog.jp/)
          
    
★ぶ★ぶ★ぶ★ぶ★★ぶ★ぶ★ぶ★ぶ★★ぶ★ぶ★ぶ★ぶ★★ぶ★
[PR]

by organistnikki | 2009-03-22 09:15 | | Trackback | Comments(6)
2009年 03月 21日

最近のお気に入りの場所

a0042932_858122.jpg

気がつくとたいてい、ここでこんなふうにくつろいでます。
頭上がアーチになってるので安心するみたいです。

**
今週はテキサスの学校が春休み。
なので、もちろん教会の行事、子供のリハーサル、大人のハンドベルもお休み。
ってことは、牧師ケニーも同僚カレンも秘書ローリーも休暇をとって留守。副牧師は出張。
ビジネスマネージャーは気の毒に病欠。静かな1週間でした。
私ですか? もちろん毎日出勤しましたよ。こんなチャンスは滅多にありませんから。
おかげで、オルガン三昧の日々でございましたとも!
マイペースで好きなことができて幸せでありました。

しかし、こういう日が長く続くとやっぱり飽きるのです。
休みは1週間くらいがちょうどよろしい。
(解説追記)オット以外の人間と喋る機会がほとんどなかったためです。
**
タローは予防接種の後、今までになく不調でした。
二食も抜きましたから。
1週間経って、おかげさまで元気が戻ってきました。
(解説追記)今でもまだ「お残し」をされるのが気がかり。

(追記)土曜の朝、町にも活気が戻ってきました。
それなりに車通りが激しくなってきてます。
みなさん、町に帰ってきたんでしょうね。
[PR]

by organistnikki | 2009-03-21 11:38 | テキサスライフ | Trackback | Comments(3)
2009年 03月 16日

カリヨンから垣間みたビジネスの世界

うちの教会にもきよの教会にも、カリヨン(鐘)があります。朝8時から夕方6時まで一時間ごとに時を告げてくれます。お昼と夕方5時には音楽を奏でます。

a0042932_10485750.jpg先日、きよの教会にシンシナティーよりカリヨンの定期点検人フィルさんが来ました。アメリカ各地、車でまわっているそうです。フィルさんは、ある部品が焼けこげてるのを発見されました。

フィルさんは部品を持ち合わせていなかったので、翌日、会社に注文することになりました。『部品だけなら100ドルくらいだろう。』ということでした。その言葉を残して、フィルさんは次の目的地アベリンという町に行かれました。

翌日、教会のビジネスマネージャーがカリヨンの会社に問い合わせたところ、『その部品は680ドル』と言われたそうです。「ちょっと高いな」と思いつつも、フィルさんの勘違いかなということで、即、注文をしたのです。

そして2日後、部品が届いて、フィルさんもアベリンから、修理のために戻ってきました。しかし会社側よりフィルさんに届いた命令が『修理するな。』でした。そして『故障したコントローラー全体をそのまま会社に送るように伝えよ。』とのこと。

フィルさんは会社側の意図をすぐ理解しました。教会側の対応があまりにも速かったので、会社側が教会をとても裕福だと判断したことや、一部を修理させる代わりに、コントローラー全体を送らせてもっとお金を儲けようとしたことなどを教会スタッフに教えてくれたんです。もしコントローラーを全部、会社に送ったら数万ドルかかるだろうとのこと。

この話しを聞いたビジネスマネージャー、送られてきた680ドルの部品をインターネットで調査したのです。検索の結果、他の会社で100ドルで売られているということを発見。即、カリヨンの会社に電話して部品を返品する旨を伝え、カリヨンの本体も送らない旨を伝えました。

そして、カリヨンの修理は教会スタッフのメンテの人がすることになりました。
フィルさんがメンテの人に修理の方法を教えたんです。

会社側は利益どころか、信用をなくしましたね。
a0042932_10563645.jpg
カリヨンを心から愛するフィルさん、なぜ教会に会社側の意図を教えてくれたのかは不明ですが、彼が会社を首にならないことを心より祈るばかりです。

ところで、私もカリヨンのあるてっぺんまではしごを使って登ってみました。結構、疲れました。
これからは体を鍛えなくてはと痛感したのでした。

ちゃんちゃん
[PR]

by organistnikki | 2009-03-16 10:39 | 教会 | Trackback | Comments(12)
2009年 03月 14日

久しぶりの更新

自身の記録のために:

キリスト教の暦によると、今年の Fat Tuesday は2月24日。
今年もクワイヤーとホットケーキを焼いたりして、楽しく過ごす

そして翌25日より Lent。水曜はAsh Wednesday の礼拝。
Lent 中は静かで暗い感じのオルガン曲を弾くことが多く、かなり、のめり込む日々。

**
2月の最後の週末、仕事をさっさと切り上げ、ダラス交響楽団の演奏会へ。
曲目は
ラフマニノフ作曲:ピアノ協奏曲3番 
プロコフイエフ作曲:交響曲7番
ハチャトリアン作曲: スパルタクスより組曲
ピアニストはYuja Wang さん 指揮者はArild Remmereit 氏

演奏会の帰り道、 I-35 で交通渋滞に巻き込まれる。
1台が横転、6台が玉突きの交通事故だったらしい。
ようやく渋滞を抜けたと思ったら、再び、事故。やれやれ。
都会の生活は憧れるが、こういうのを見ると、やっぱり田舎がいいや、と思う。
深夜1時半すぎに帰宅。

***
3月1日〜3日の Perkin's Lecture Series。
今年のスピーカーは Dr. Tex Sample。
ダラスよりビショップやら多数の牧師たちの出席あり。

****
そして、Perkin's Lecture の翌々日、晴れ晴れとした気分で
オクラホマに麻雀合宿に出かける。
ますます、席と勝負運の因果関係を確信する。

麻雀の結果は・・・
[PR]

by organistnikki | 2009-03-14 09:39 | テキサスライフ | Trackback | Comments(6)