テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 26日

声が大きい

a0042932_83166.jpg

私って声が大きいそうです。
昨日、アナ嬢から指摘されました。
*アナ嬢とは、東京から来た留学生、タローの召使いのひとり。
自覚は全くありませんでしたが
まぁ、確かに、そうかもしれません。
両親が健在だった頃、実家に帰るたびに、
『静かに喋ってね。』と、注意されてましたし。

私、テキサス北部の田舎町に住むオルガニストですが、
教会で老若男女のハンドベルの指導もしてます。
広大なテキサスの空の下、のびのびと育ったテキサス人は
体が大きい上に、声も大きい。
そしてメチャクチャ自己主張が強いのです。
小さな声じゃあ、とても太刀打ちできません。
同僚カレン(100%テキサス人)もとても大きな声でハキハキ喋ります。
彼女の影響も多大に受け、
それが、すっかり私自身の地声になってしまったわけ、です。
ついでに口調もキツくなったのかも・・ははは。

アナ嬢がうちで住み始めた頃、
私の声を聞いた彼女、「この人は常に怒っているんだ」と勘違いし
「夫婦けんかも絶えないし、マイッたな。」と思ってたらしいです(笑)。
時々、早口で名古屋弁やら関西弁やらのちゃんぽん言葉も入るし
東京の友人にも、「タロー家ってケンカが多い。」と漏らしてたようですわ(汗)。
ケンカちゃいます。声が大きいだけよん。

アナ嬢、テキサスの高校に入学して7ヶ月。
英語も上達し、授業もほぼ問題なし。
挨拶も普通にできるようになりました。
a0042932_8193150.jpg

今日はテキサス北部の田舎町学区のテニスのトーナメントで優勝するという
うれしい出来事もありました。


ところで、うちの愛猫タローの声も、ものすごく大きいのです。
a0042932_8263051.jpg

愛猫タローの場合、私たちが留守すると、
ペットホテルに宿泊するのですが
そこで、何匹もの犬に混じって「にゃあにゃあ」吠え続けた結果、
大きな声になったんですよ。

鍛えられた結果ですとも!!
ガハハ
[PR]

by organistnikki | 2014-03-26 08:37 | アナ嬢 | Trackback | Comments(6)
2014年 03月 22日

猫たちの新居

a0042932_1110266.jpg

タローは宮殿に住んでるくせに
「うちの外猫」バッチの小さな家を羨ましがるので
今日、タローの小さな家ができあがりました。
上は安全地帯ができてうれしいタロー氏の写真。


一方、こちらが新しいバッチの家
a0042932_11124945.jpg

先週、バッチの家は洪水被害を受けたので。
ふかふか絨毯付き。
バッチは、朝から晩まで、ほとんどの時間を
ここの小さな箱の中で過ごします。
安全だし、朝陽が入るので快適なんですよ。

イラストはすべてアナ嬢が描きました。

More
[PR]

by organistnikki | 2014-03-22 12:12 | | Trackback | Comments(6)
2014年 03月 18日

バッチの受難

a0042932_7205089.jpg

久しぶりの恵みの雨。
先週土曜、午後1時過ぎから、滝のような雨が降りました。
1時間以上も!
おかげで草花、木々が生き返ってます。
(註)レベル4の干ばつのせいで、芝生、木々への水やりが禁止なんですよ。

ですが、外猫バッチにとっては受難の雨。
「Batch の家」は水浸しになりました。

とりあえず、バッチにはガレージに避難してもらいました。
a0042932_7281794.jpg

夕方、家を修復して、バッチを家に戻しました。
段ボールの家ですが、気に入って使ってくれてます。

これが最新の愛猫タロー氏の画像です
a0042932_7494810.jpg

流行?の小顔になりましたよ。
スリムになりましたが、おかげさまで食欲は旺盛だし、
ぴょんぴょん、元気です。

More
[PR]

by organistnikki | 2014-03-18 11:19 | | Trackback | Comments(6)
2014年 03月 14日

クワイヤーコンサート

a0042932_11334639.jpg

先週土曜は私の教会でクワイヤーコンサートがあったんですよ。
ヘザー・ソレンソンの曲をメインにしたプログラムです。
ヘザー自身がクワイヤーの指揮をして
それに加え、曲の解説やら、彼女作曲のピアノも弾いてくれました。

上の写真はリハーサル風景。
クワイヤーのみんなはすっかり彼女に魅せられたようです。
もちろん、私も、です(笑)。

****
ところで、タロー氏、おかげさまで元気です。
a0042932_1222339.jpg

寝る時は、必ず付き合ってくれる良い子です(笑)。

****
アナ嬢の好きなBatch 君の登場です。
a0042932_1292714.jpg

段ボールで作った家、気に入ってくれたようで
毎日、そこで寝泊まりしてます。
すっかり、「我が家の外猫」になりました。

彼は木登りが得意で
リスのように素早く駆け上るんですよ。
『残念だけどタローはバッチみたいには登れないねー』などと噂してたら
その内輪話、タローに気づかれたようで
プイッと隣の部屋に出て行ってしまいました。

猫ってホント、感情表現が豊か・・・。
そして、人間が思う以上に頭がいい、と思います。

More
[PR]

by organistnikki | 2014-03-14 12:33 | 教会 | Trackback | Comments(6)
2014年 03月 08日

ちょっとウェイコーまで

a0042932_0355248.jpg

日曜の礼拝の後、コンサートをしにウェイコーに行ってきました。
テキサス北部の田舎町からウェイコーまでは通常なら車で3時間半。
上の写真では快晴なんですが、
前日の移動日は吹雪。
運転、決死の覚悟でしたよ(笑)。

a0042932_0384580.jpg

ステンドグラスの美しい教会でした。
オルガンはRodgers の4段鍵盤の電子オルガン、2ランクのパイプ付き。
今風のアメリカで流行の明るいサンクチュアリーで
写真ではわからないけれど、半放射状に広がっています。

a0042932_0461686.jpg

リハーサル中、きよのオルガンの先生ジョイス・ジョーンズが遊びにきてくれました。
彼女はセーターからわかるように、大の猫好きで、
5匹のにゃん達と暮らしてるんですよ。

今回の演奏会は先月亡くなった故・Robert Flood さんに捧げることとなりました。
Flood さんは、昔々、私の教会のオルガニストだったんです。
きよの教会で昔々オルガニストだった故・Nita Akin は、彼の先生だったそうです。
このNita Akin という女性はアメリカを代表するオルガニストで、
多くの人が彼女からオルガンレッスンを受けたそうです。
なんと無料で!
前述のジョイス・ジョーンズも彼女と勉強しました。
こんなテキサス北部の田舎町なのに、すごい人がいたもんです。
会ってみたかったなぁ。

アメリカのオルガニスト協会 (AGO) のウェイコー支部のみなさま、
演奏会に招いていただいてありがとうございました。

More
[PR]

by organistnikki | 2014-03-08 02:35 | 旅行 | Trackback | Comments(6)