テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 28日

あしたが本番!

a0042932_2044507.jpg

テキサス州、フォーートワースのアーリントン・ハイツ教会(宗派はメソジスト)です。
明朝9時、AGO (アメリカオルガニスト協会)の地区コンベンションのオープニングで弾かせていただきます。


2001年、ここでコンサートに招いていただいて以来
ブロードウェー・バプティスト教会をはじめ(故・クライバーンの教会)
あちらこちらで演奏する機会を与えられるようになりました。
今回はその感謝の気持ちを込めて弾きたいと思います。
このオルガンはRoss King 社製で、建てられて25周年だそうです。
オルガンの隣にはスタンウェイのピアノが2台もあります。

リハーサルのため、2時間半運転して、何度も通いました。
そのたびに、フォートワースの友人のお世話になりました。
そのことは後日、たくさん書きますので。

いいコンサートになりますように!
[PR]

by organistnikki | 2015-06-28 22:46 | パイプオルガン | Trackback | Comments(8)
2015年 06月 16日

尾張が旅のはじまり

名古屋駅周辺
a0042932_21103046.jpg

うじゃうじゃ、ひと、ひと、ひと。
ここを通ると、エネルギーをたくさん感じます。
帰ってきたなーという実感が湧くのは、ここら辺から。

実家に帰ると可愛い子が迎えてくれます
a0042932_21195758.jpg

幸せな愛猫みーちゃんです。
長旅の疲れが一瞬にして癒されます。

鍼灸師・裕子先生の鍼
a0042932_2121994.jpg

幼なじみの肩の写真を借りてます。
私はお腹や足に鍼をうってもらいました。
お腹の鍼は笑うたびに、痛い。
今回は吸い玉というのもやっていただきました。
吸い玉のリンク先は裕子先生とは無関係

ひつまぶし
a0042932_21231266.jpg

名古屋といえば、ひつまぶし
びっくりするほど美味しかった!


以上、駆け足、日本旅行でした。
簡単すぎた?
[PR]

by organistnikki | 2015-06-16 21:09 | 旅行 | Trackback | Comments(6)
2015年 06月 15日

こういう大阪もある

大阪湾
a0042932_574863.jpg

海を間近に見るのは久しぶり
早朝、潮の香りを存分に味わっておきました。

桃山学院でリハーサルした後、寄ったのがここ
水間寺(天台宗)貝塚市
a0042932_524944.jpg

聖武天皇の命によって建てられたお寺だそうです (729-749年)
さすが日本のお寺、歴史も風格もあります。
大阪唯一の三重の塔もあります。

a0042932_5301263.jpg

水間寺は、豊臣秀吉の根来攻めや江戸時代の火事で焼失しましたが
歴代の岸和田藩主によって再建されたそうです。

More
[PR]

by organistnikki | 2015-06-15 09:42 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
2015年 06月 14日

桃山学院大学での演奏会報告

紅緒ままさん紅福母さんからいただいたお花です!
a0042932_22571082.jpg

ハート型、すごく可愛い!
ありがとうございました。大・大感激でしたよ。

すでに1ヶ月以上も前のことですが、ようやく日本旅行のことを書く気になりました。
a0042932_22592859.jpg

ここが桃山学院大学のチャペル。

「オルガニスト」という仕事を何年もしてますが、
何が最高か、と言えば
オルガンを通して人と会えることです。
特に日本で弾く場合は、旧友との再会が一番の楽しみです。
そして、人間関係に意外な繋がりを発見した時など
感動ですねえ。

たとえば、左の女性!
a0042932_2372320.jpg

清人と一緒に英語学校に通っていた人です。
お互い留学で、音信不通になってましたが
彼女、今年の4月より、桃山学院大学で教鞭をとられてますが
赴任早々、キャンパスで偶然見つけたのが、私たちのコンサートのポスター。
え、渡邉清人って、あの時の渡邉清人??と
はるかかなたの記憶にスウィッチが入り、駆けつけてくれました。
28年ぶりの再会でしたねえ。

他にも川上さんという素敵な女性のこと。
彼女は昔々、ここ、テキサス北部の田舎町の公立高校に通われました。
その時、清人の教会のメンバーのお宅にホームステイされてたんですよ。
その教会メンバーと私たちは一緒に北ドイツにも旅行した間柄。
その川上さんが桃山学院周辺に住んでいらして
コンサートに来てくださいました。
感激の初対面でした!

そして、忘れちゃいけないのが、このオルガンとの出会い!
演奏会当日、大久保壮介さんというオルガン・ビルダーの方が調律に来てくださいました。
大久保さんは、清人のオルガン&英語の先生の故・ビクターセアル氏と縁のあった人。
セアル先生繋がりで大久保さんと出会えたことだけでもびっくりなのに
『このオルガンは、セアル氏が日本で最初に建てたオルガンだった。』ということを教えていただき、
またまたびっくりしたんでした。
なにしろ、清人は故セアル先生の一番のオルガンの愛弟子でしたから。

もちろん、懐かしい私のお友達も来てくれました。
[PR]

by organistnikki | 2015-06-14 02:03 | パイプオルガン | Trackback | Comments(6)
2015年 06月 12日

ガレージセール

a0042932_7171627.jpg

ここ、うちの教会の「憩いの間」ですが
ただいま、モノが溢れて大変なことになってます。

おもちゃ、衣類、生活用品、アクセサリー、ゴルフ用品、家具その他いろいろ
「憩いの間」に収まりきらず、教会の建物中にモノが居座ってます。

実は、明日&あさって、教会でガレージセールがあって
教会メンバーが集まって
モノを運び入れたり、仕分けたり、値段を貼る作業で殺気だってるんですよ。

しかし、このモノの山
掘り出しモノもあるかもしれませんが・・・
ゴミの山にしか見えないなぁ〜
a0042932_7203662.jpg

衣類だけでもすごい量

この隣にオルガンのあるサンクチュアリーがあるんですが
サンクチュアリーには、段ボールの空箱の山を掻き分けなければ
入れません。

セールの収益金は中・高校生のミッション旅行の費用に充てられます。

今日は、フォートワースからオルガン・ビルダーが来て
この喧騒の中で修理と調律をしてくれました。
a0042932_724992.jpg

ベンチに座ってる人は、ビルダーの奥さまです。
a0042932_8271357.jpg

いつもなら、息子さんが来るのですが、新婚旅行中とか。
オルガン演奏台の中、こんなふうになってます。

修理をしてもらったおかげで、オルガンが若返った感じです(笑)。
まだまだイケる1971年製の Moller Organ、がんばれ!

実はあるモノを買いました(笑)
[PR]

by organistnikki | 2015-06-12 08:53 | 教会 | Trackback | Comments(6)