テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 29日

Perkin's Lecture 2016

a0042932_11373732.jpg

今年も無事にきよの教会の行事 Perkins Lecture 終わりました。
今回は、ロンドンのウェスリーチャペルの大牧師・Leslie Griffithsさんが
テキサス北部の田舎町まで、はるばる来られました。

上の写真は講演会の前日の、パーティーの様子
メソジスト宗教関係の肩書きのある人がダラスから出席されてまして
a0042932_11415399.jpg

きよは他に仕事が入って、まさかのパーティー欠席!
アナ嬢はきよの「大事な穴埋め役」を仰せ遣ったんでした。

私たちの座った席がこんな感じ。
3組のカップル(40代、60代、70代)と一緒になりました。
接点もなく&世代も違う人々と同じテーブルになったら
いったい何を話すもんでしょうかね。

アナ嬢の隣に座った40代ご夫婦ったら、赤ワインボトルを一本空けておられました!
酒飲みなんでしょうか?それとも居心地悪かったんでしょうか(笑)
その奥方は食事が「美味しい&美味しい」と褒めておられました。
食事を褒めるのは会話の基本ですからねえ。
旦那さまはアナ嬢に基本的なことを訊いてましたね。
『どこの高校?』
『今、何年生?』
『卒業したらどうするの?アメリカに残る?』
こういう類いの質問は、でアナ嬢も慣れたもんです(笑)
アナ嬢も「ま・た・か!」と思いつつも、顔には出さず、にこやかに応えてましたから
なかなか成長したもんでしょ!!
アナ嬢、お疲れさま、ありがとう!

一緒に日本旅行したキャシーは、南メソジスト大学の神学部の学長と同じテーブルになり
食事中ずっと神学の話しばっかりだった〜と言ってました。( ̄∇ ̄;)

そして、ディナーの後、Leslie 大牧師のお話があり、お開きとなりました。
イギリス英語、素敵!

More
[PR]

by organistnikki | 2016-02-29 11:25 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2016年 02月 28日

長生きしてにゃ〜

a0042932_892321.jpg

最近のタロー氏、トイレが近いのです。
うんちの方ね。

健康だった時は朝晩2回と決まっていましたが、
今じゃ、各人間が帰宅する度にトイレに走ってるんで
一日4度くらいでしょうかね。
春だから、身体が緩んで来たのかな。
それともウンチをすると、みんながバタバタするからかな(笑)
とにかく、タローの「香」が、すごい!
ホントは香じゃにゃくて、ニオイ(笑)

去年、日本旅行から帰った時など、立て続けに2時間にで5回されました。
んで、召使いは臭気に辟易しながら、おトイレ掃除をさせていただきましたが
留守の間、さびしかったんだぞ!
 というタローの気持ちが痛いほど伝わってきた出来事でした。

ホント愛しいタローです。

愛しいのでもう一枚
a0042932_819385.jpg

長生きしてね!
[PR]

by organistnikki | 2016-02-28 08:08 | | Trackback | Comments(6)
2016年 02月 26日

教会の断捨離

a0042932_28660.jpg

我が教会、ただ今、断捨離中です。
毎週火曜、スタッフミーティングの後は、断捨離の時間となってます。
スタッフ全員で「せーの!」と長年溜まりに溜まったモノたちを捨てるのです。
古い領収書の束、古いクリスマスツリー、窓ガラス、テーブル
古い写真、古いバナー、キャンドル、戸、家具、古い絵、古い大量の本、その他、もろもろ
故人の名前の入ったモノたちも山のようにいっぱい。

上の写真の「木製の棚」、古いけど、扉に装飾とか素敵なんですよ。
中に汚いタオルと一緒に入ってる「緑のボウル」も
細やかな装飾がなされてて、芸術品に違いないと思うのです。
ホコリを拭き取れば、立派な装飾品でしょうに・・・
それらを「捨てよう!」と言い出す同僚もいます。

教会にあるモノたちは、ガラクタに見えても
人々の意図や思いが込められてる歴史的なモノもあるのですぞ!
断捨離って、実に体力的にも心理的にも、しんどい作業。。

正牧師デイビッドは断捨離には関わってません。
「教会のリーダーとして、やることがあって忙しい」んだそうです。
が、去年スタッフ全員でクリスマスの準備をしてた時
「重いもん運ぶと手が震えてゴルフの調子が狂うんだよな。」
ボソっと漏らした牧師の本音、私と同僚カレンの耳がキャッチしてますぞ(笑)

ま、正牧師デイビッド氏は身体を動かす代わりに、口を動かして
たくさんの教会のメンバーやスタッフまでも断捨離してしまいましたが。


断捨離が始まるってことは、そろそろ、何らかの変化もあるということです。
[PR]

by organistnikki | 2016-02-26 23:31 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2016年 02月 21日

Patsy のお母様の追悼文

a0042932_11212738.jpg

まだつい最近 Patsy さんのお葬式を弾いたばかりだったのですが
今度はPatsy さんのお母様が亡くなられました。

その追悼文はMore をクリックすると出てきます。

More
[PR]

by organistnikki | 2016-02-21 11:15 | その他 | Trackback | Comments(2)
2016年 02月 21日

近況

a0042932_762893.jpg

更新滞ってますが、おかげさまで元気ですよ。

177177マイルを記録したのが2月11日。
19日に、177777マイルを記録してます。
ほんの9日間で600マイル(965キロメートル)。
17日にはダラスに行ったし(ラーメンとダイソー笑)
19日にはお葬式で隣町アーチャーシティーまで行ったし。
車社会のテキサスでは自然なことですね。



おかげさまでタローは元気ですが
a0042932_7132118.jpg

昨日は、タローが「おしっこの大洪水」を起こし、朝一番で大掃除でしたわ。
トイレに駆け込んだのがギリギリだったらしく、あちらこちらに飛んでました。
トイレの中も周りも水浸し・・・。

ひょっとしてトイレに間に合わなかったのかもしれません。
なんだか家の中がぷ〜んと臭うのです。
拭き掃除したいのに、その場所がどうしてもわからない!

猫って年をとると腎臓が悪くなって、おしっこの量も増えると聞いてます。
こんなふうに、タローの老いと日々、向き合っていますよ。

これは町の公園に住むプレーリードッグ
a0042932_7213238.jpg

増殖して、あちらこちらに巣を作ってます。
可愛いんですが、こういうのがいたら、庭中アナだらけになりそう。

アナといえば、アナ嬢も元気です。
日々、リビングルームでどっぷりゲームをやっておいでです(笑)
三国志というゲームですよ。
その集中力、根気、見習いたい!!

私事では、右目のまぶたの痙攣がうっとおしいです o(-_-#))((#-_-)o
4日間くらい続いていて、仕事に差し支えてます。
集中がぶつっと途切れてしまうので困るんです。
ストレスでしょうかね。
のんびり治します。

お葬式のこと
[PR]

by organistnikki | 2016-02-21 07:05 | テキサスライフ | Trackback | Comments(6)
2016年 02月 12日

すっかり春の陽気のテキサスです

a0042932_22474888.jpg

今朝はアナ嬢のTOEFL の試験がありまして、早朝に地元の大学までお連れしましたよ。

試験場に入る前、金属探知機で荷物チェックがあったそうです。
そういえば、テキサスは銃の携帯が合法なので(汗)

アナ嬢、単語の勉強をしてましたが、覚えた単語がひとつも出なかったと、ぼやいてました。
日々の学校生活で学んだ英語力があれば、大丈夫でしょう。

テストの後は食べ放題のピザ屋にてお腹を満たし(アナ嬢はピザ6枚も食べたとか!)
近所をうろうろドライブしましたよ。
アナ嬢が地平線を見たいと言うので ーーーお易い御用です(笑)
a0042932_22513137.jpg

まずは近所の公園
人間になついた鳥がたくさんいました。
パンくずが欲しくて、私たちの後を付いて回るんですよ。

テキサスといえば、やっぱり牛でしょうねえ。
a0042932_22522649.jpg


キカプー湖
a0042932_22552393.jpg

湖に水があって良かった!
昨年、ようやく干ばつから解放されたんでした。
干ばつ中、湖に水はなく、地面にはヒビが入ってましたよ。

そういえば、去年の今頃は寒くて、雪も降ったし
アナ嬢の学校もよく休校になってたなぁ
ってことを思い出しました。

More
[PR]

by organistnikki | 2016-02-12 22:40 | アナ嬢 | Trackback | Comments(4)
2016年 02月 01日

眼医者にて

a0042932_1029280.jpg

年に1度、地元の目医者さんで目のチェックを受けています。
上の写真は、タロー父ですよ。

実は地元の目医者さんに診てもらった時、網膜剝離?!の疑いをかけられまして
『専門医に診てもらってください』と、言われ、来たのが上の写真の場所。
この専門医さん、ダラスから週1度来て診察しているのだそう。
お疲れさまなことだと思いました。

実はね、この眼医者さんのドアを開けるやいなや
独特なニオイに圧倒されたんですよ。
いわゆるカレイ臭というのでしょうね。
テキサスの人は肉食派が多いから、特にニオイも激しいのです。
気がつけば、患者さまは80、90代のご高齢の方々ばかり20人ほど。
目の診察なので付き添いの人も必ずいるので、とても混雑していました。

a0042932_12375548.jpg
『目の検査や診察は2時間か2時間以上はかかります。我慢して待ってください。待ちきれない人はお知らせください』という張り紙です。

待ちきれない人が一人いらして、受付で訴えておられました。
その方がどうなったかは不明ですが。

その他の患者さんは、じっと待っておられましたよ。
目の検査ですからね、待つのは仕方ないことです。

幸い、タロー父の目は健康そのものという診察をいただき
安心しましたよ。

目のチェック、年に一度は受けてくださいね!
[PR]

by organistnikki | 2016-02-01 10:27 | テキサスライフ | Trackback | Comments(0)