テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 29日

年末の自分行事

クリスマス行事を無事に終え
お休みをとって一泊でダラス方面へ行ってきました。
12月28日は自分を祝う177.pngと決めているので(笑)
a0042932_11230119.jpg
いつもの木に挨拶175.png



More
[PR]

by organistnikki | 2017-12-29 11:21 | テキサスライフ | Trackback | Comments(2)
2017年 12月 27日

クリスマス・ディナー

毎年、このお宅にはクリスマス・ディナーに招いていただいてます。
食器やらお花やらアレンジが綺麗!
ワイングラスも水のグラスもお皿もすべて素敵
a0042932_00495157.jpg
フォーマルなディナーなので、毎年何を着て行こうか、悩みます。
たいてい日本人っぽいスーツで行くのですが
今年は黒のドレスにしました。
他にもアメリカ人の1家族5人(ご夫婦と息子一人、娘二人)が御呼ばれしています。
そのご家族の女性たちは、いつも華やかなドレスでご登場なので、今年はどんなドレスかな〜と思ったら
全員黒のドレスだった!

これ、きよの取り皿です。
牛肉、ハム、コーン、カリフラワー、ポテト(野菜はバターとクリームたっぷり)
生サラダ、アイス・サラダ、パン
マスタード類4種類

a0042932_00493853.jpg
私の取り皿は、清人の取り皿 ー マイナス(アイス・サラダ+パン)

デザートのケーキは
甘いし、今年は手作りじゃなかったので遠慮しときました。

a0042932_00495985.jpg
控えめに食べたはずが、帰宅した後、やはりお腹に過剰な充実感が・・(笑)



More
[PR]

by organistnikki | 2017-12-27 00:48 | テキサスライフ | Trackback | Comments(6)
2017年 12月 24日

クリスマス・イブ 2017

クリスマスイブの礼拝です
Children's Time
a0042932_11073123.jpg
Nativity (キリスト降誕)の陶器の飾り物を使って
子供たちにキリストの降誕のストーリーを語るドン牧師


礼拝の最後、ロウソクに灯火を灯した時
a0042932_11075821.jpg
Silent Night Holy Night169.png
同僚 ブルックシーが撮ってくれました。
オルガンベンチからはこんな見事な写真は撮れない!



More
[PR]

by organistnikki | 2017-12-24 20:06 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2017年 12月 23日

メリークリスマス!

2017走りまくった師走・・あと少しで終わり

クリスマスイブ、うちの教会で歌う曲が
"A boy was born" by Will Todd
パイプオルガンで伴奏します。

お時間があれば、どうぞ聴いてください。
ちなみに、ビデオは作曲者のウィル・トッド氏自身のピアノ伴奏とクワイヤーによる演奏です


この曲に癒されてます。

今年の12月は
クリスマス行事に加え、私の周りでお葬式が多かった。
高齢者に加え、働き盛りの人、子供まで145.png

皆さん、風邪を侮りませんように
風邪ひいた〜疲れた〜ととカウチで横になって
そのまま眠ったまま亡くなった知人がいます。今日が彼のお葬式



もう一つ、リンクを貼っておきます。
これもクリスマスイブで歌いますよ。
"Mary, Did You Know?" with "Let All Mortal Flesh Keep Silence" by Joseph Martin and David Angerman
下のビデオは出版社による商業用のクワイヤーです。

これはピアノで伴奏します。


なんかドラマの主題歌になりそうな曲(笑)


自分の時間を大事に生きようと再認識したクリスマス2017 です。
メリークリスマス177.png




[PR]

by organistnikki | 2017-12-23 22:53 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2017年 12月 18日

スタッフ・クリスマスパーティー2017


a0042932_10182736.jpg
写真がクリアじゃなくてゴメンなさい!
今年のスタッフ・パーティーは
持ち寄りパーティーだったんですよ。

さて、私が作ったのはどれでしょう(笑)?


*****

答えは真ん中の四角い陶器のものです。
料理と言えるようなものじゃありませんか・・ね
ナタデココ、杏仁豆腐、フルーツ缶詰を混ぜただけもの105.png
フルーツサラダと命名してます。

バター風味、チーズ風味豊かなご馳走に比べると
魅力に欠けるでしょうが
一つくらいは健康的なものがあっても良いかと?!




一方、こちらが清人の教会のスタッフパーティー
同じ日の同じ時間に違う場所で
おかげで掛け持ちする必要もなく、気楽でした(笑)
a0042932_10395140.jpg
こちらは持ち寄りじゃなくて
教会のメンバーがスタッフのために作ってくれたんですって!



[PR]

by organistnikki | 2017-12-18 22:18 | 教会 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 18日

七面鳥が届いた!


仕事を終えて家に着いたら、玄関の前にこんな箱がありました!
a0042932_11275156.jpg
持ち上げてみたら重い!
スモークト・ターキーが入ってるらしい。
箱を開けたら、煙っぽい香りがキッチン全体に充満しました105.png

開けて見たら、七面鳥肉の塊146.png 
圧倒される大きさ・・・
a0042932_11380093.jpg
ペンちゃんと比べるとこんな感じ

これから、毎食、毎日1週間、七面鳥かな105.png
教会員からのサプライズ・クリスマスギフトです。

ありがたく頂きます。




[PR]

by organistnikki | 2017-12-18 11:27 | テキサスライフ | Trackback | Comments(4)
2017年 12月 14日

ラクダ君、はるばる日本から来たんだね!

毎年、クリスマスの時期、サンクチュアリーに飾る
キリスト降誕の置物です。

精巧で美しい陶器
a0042932_12553822.jpg
でも、よ〜〜く見てください!


写真右側のラクダだけ、作りがどうも違う!
落ち着いた感じの他の陶器に比べて、なんとなく浮いてません?

顔も「おちゃらけ」ている!
a0042932_12554762.jpg
毎年、クリスマスの前に、ボランティアの教会メンバーが教会の飾り付けをして
新年になるとスタッフが片付けるんですが
収納の時、誤って他の種類の「降誕の置物」を混ぜてしまったようです。
今年、このラクダ君のサンクチュアリーデビュー?となりました。
他の場所を見渡して見ても、居場所なさそうだし。
ここに置いてあげようかと。

で、ある日、何気なく、ラクダの裏を見てみたら
こんなシールが貼られていた!
Japan だって168.png
a0042932_12555250.jpg
はるばる日本から来た(輸入された)ラクダ君だったらしい
というわけで、急に親しみを感じた・・109.png

ちゃんちゃん




More
[PR]

by organistnikki | 2017-12-14 12:55 | 教会 | Trackback | Comments(6)
2017年 12月 12日

クリスマス・シニア・ランチ 2017

今年のシニア・ランチのレシピですよん。
 
a0042932_12112925.jpg
シニア教会メンバーのために
教会のスタッフが感謝の気持ちを込めて
ランチを振る舞うイベントが、タロー母の教会でありました。
毎年恒例の行事です。

数年前までは、教会専属の料理番の人がいたし
スタッフは配膳するだけの気楽なイベントだったんですが
今では、スタッフ全員が協力して料理してます。

なので、私も料理に参加してますよ。
このトップの茶色の部分は私が担当しました(笑)
んで、ドン牧師が私のアシスタント(爆)
a0042932_12205012.jpg
ちなみに、この銀の入れ物には、バタースティック6本も入ってるんですよ!

ブロッコリーもバターを入れて煮るんですって!
南部の常識らしいです。

a0042932_12110196.jpg
で、全体像がこんな感じ
う〜〜む、なんだかなあ120.png
a0042932_12333744.jpg
味はまあまあ






More
[PR]

by organistnikki | 2017-12-12 12:06 | 教会 | Trackback | Comments(8)
2017年 12月 11日

Ira Littrell のお葬式


アイラまたはリットと呼ばれた人気者です。
享年96歳
a0042932_12183201.jpg
亡くなる当日まで教会でボランティアしておられました。
ボランティアから帰って、昼寝して、そのまま旅立たれました。

すっごい爺さんです173.png


去年のクリスマスの時のアイラ
フードパントリーのボランティアをしてるところ
a0042932_12184224.jpg

↓2年前のクリスマス前のアイラ
教会のみんなで、キャロリングに行った時の写真
お年寄りの家に行って、クリスマスキャロルを歌ったんですが
この写真は、自分より年下のメアリー婆さんを励ましてるアイラですよ。
すごいでしょう
a0042932_12184790.jpg
アイラは大の音楽好き。
私が出演した地元のコンサートには必ず来てくれましたよ。

お葬式では、家族より
ラフマニノフ作曲のピアノ協奏曲2番のサビのところと
ガーシュイン作曲のラプソディーイン・ブルーを弾いてと
リクエストされました。

アイラのためなら、自分のできる範囲で何でも弾くつもりだったし、
快く承諾しました。

アイラのご冥福をお祈りします145.png





More
[PR]

by organistnikki | 2017-12-11 11:00 | 教会 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 11日

ナンシーの記事

前述のジャニーンとアイラを偲んで、教会のメンバーのナンシーが新聞に記事を書いたので
記録に残しておきます。


It’s often said when an older person dies, a library is lost. Variations on this saying have been heard throughout the years. Its origin most likely comes from an old African proverb — “When a knowledgeable old person dies, a whole library disappears.”

I’ve lost two libraries of wisdom and years in the past weeks. Two very special friends have gone on to their heavenly rewards — one female, one male. One 87 years young, the other 96. Honestly, I don’t know how to convey the depth nor the impact both have had on my life.

The lady, someone whom I looked both to and up to, had been a widow for several years. Like me, she had lost the love of her life. She invited me to lunch soon after I became one, too. As we sat and conversed over iced tea, she let me pour my heart out. Nodding knowingly, she shared wisdom gleaned from her years, giving me advice, reassurance, and hope. Hope that I, too, one day would be able to smile again. Reassurance the deep, gaping grief I was experiencing wouldn’t last forever. Advice on how to pick myself back up and keep moving forward, even in the midst of harsh life changes.

The gentleman was a dapper guy, always dressed to the nines for Sunday morning worship. We hadn’t been close before my husband died, but he seemed to gravitate towards me afterwards. Over the course of time, he would share snippets of his life with me. One very important one? He lost his mother at age 9; as such, he saw much of himself in my little boys, as we navigated the loss of their father.

He and I shared the same political views, putting us in the minority in this town, for certain. Every Sunday he would critique my column, share another story, and discuss current events. Just six months ago, he shared with me a letter he wrote to the editor published in this very paper. One week he happily brought his daughter up after worship for introductions. I guess she had received more than one of my columns in the mail from him; one he kept on his refrigerator door for a while before sending her way.

My female friend had a recurrence of cancer that was untreatable. She approached the diagnosis the same way she lived her life — with grace and dignity. As long as she was able, she continued her normal activities, which included volunteering at church, singing in the choir, and being welcoming to strangers she sought out in our congregation.

My male friend spent the last day of his life volunteering at the church’s food pantry, just as he had since the day it began its operation, close to 40 years ago.

I read their respective obituaries and realize there was so much more to them than I knew. Both lived memorable lives, had careers that made a difference in community, and were respectively heads of families spanning four generations.

Their “libraries” were full, colorful, and unique. And although I wish I had had time to peruse a few more of their “books,” I’m grateful for the portions they wanted to share with just me. Because of them, I am a better person. I’ve found widowhood to be life-changing, not life-stalling because of a lovely lady who showed me by example. I told her I wanted to be like her when I “grew up.”

Because of him, I am encouraged a solo parent can successfully navigate the teenage years of two sons, seeing them become productive members of society. He would never fail to kiss me on the cheek when he saw me; sometimes, if I were lucky I’d get one whenever he said goodbye.

By the time you read this, I will have attended both of their memorial services. I’m quite certain at each to be surrounded by a throng of friends and family; each made better because of the lives of Jeannine and Ira.

It’s never easy to say goodbye, so I just say, “See you later.” Their libraries may now be lost, but what a multitude of stories that were shared, loved, and taken to heart through the decades. I’m honored to have had a library card to both.

Nancy Howell can be reached at njhowell415@gmail.com. She’s a native Kentuckian and adopted Texan, making her way as a solo parent to two teenage sons. She blogs at unimaginedjourney.com.


[PR]

by organistnikki | 2017-12-11 08:21 | 教会 | Trackback | Comments(0)