テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 21日

セントルイス・オルガン演奏会報告

セントルイス郊外にあるマンチェスターメソジスト教会で演奏して来ました。

ちなみにセントルイスはミズーリ州です。
地図で見たら、車で自宅から9時間11分の距離だそうで
普通のアメリカ人なら車で行く距離でしょうね。
でも、私たちは飛行機で。
長距離運転は腰が疲れますもの(笑)
a0042932_04045461.jpg
これがサンクチュアリー
このパイプオルガン、設置されて2年めだそうです。
アメリカのコルビー社製 5段畑!
a0042932_03584765.jpg
巨大なオルガン101.png
音色の選択肢(ストップ=白い丸々のもの)がたくさんあって、
ワクワクしました。
a0042932_03594242.jpg
これ、コンサートの宣伝です。
壁面を使って!びっくり

演奏会にはたくさんのお客さまが来てくださいました。
もう〜感謝でいっぱいです179.png




たくさんのおもてなしも受けました
[PR]

# by organistnikki | 2017-05-21 03:51 | パイプオルガン | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 15日

タローの誕生日

a0042932_03362073.jpeg
5月15日はタローの誕生日なんです。
そうそう、16年前の今日ですよ。
上の写真は2001年7月、我が家に来たばかりのタローです。
生後7週間です。
両手の平に乗るくらいのサイズでしたよ。




a0042932_03360538.jpeg
我が家の練習用オルガンのペダルの上で遊ぶタロー
フラッシュを焚いたわけじゃないのに
写真では、タローの目は綺麗なブルーになんです。
そして時は流れ・・・・・

a0042932_04062617.jpg
人間でいうティーネージャーのタロー
水遊びが好きで、水くれニャ〜と命令されるたび
はい、はいと喜んで水をあげてました(笑)

あ〜ホントに素晴らしい猫でした。


a0042932_11310697.jpg
可愛いのでもう一枚追加!

まだまだタローロスはつづいてますが・・・

お付き合いくださりありがとう!



[PR]

# by organistnikki | 2017-05-15 10:29 | | Trackback | Comments(8)
2017年 05月 10日

コンサートのご案内

6月1日に兵庫県西宮市にある関西学院大学の中央講堂で
ランチタイムコンサートをさせていただくことになりました。
そのポスターが、ようやくネットに出現したので、ここで宣伝しておきますね

a0042932_09362328.jpg
楽器は2014年に設置されたばかりのリーガー社の2段鍵盤のパイプオルガンです。
オルガンのパイプが関西学院のシンボルの新月をイメージしてるそうです。
楽しみです!


**********
日本に帰る1週間前にミズーリ州セントルイスの教会で演奏会があります。
そこで弾かせていただくオルガンがこれ!
a0042932_09363840.jpg

106.png段々畑が5段もある〜!!!
どんな音色がするのか、メッサ楽しみです!

これが教会のウェブサイトです。







[PR]

# by organistnikki | 2017-05-10 10:19 | パイプオルガン | Trackback | Comments(8)
2017年 05月 02日

毎月2日はタロー記念日

173.png
 今日は5月2日、タローが大往生してちょうど1ヶ月
1ヶ月記念にタローの若い頃の写真をどうぞ
2004年12月30日のタロー102.png

     
a0042932_09444632.jpg
 
カラダ、柔らかいんにゃ〜
しなやかな僕を見よ!




にゃ、にゃ、にゃ・・クンクン&クンクン



a0042932_09442932.jpg
 
んにゃあ〜・・・くっさぁ〜〜っっ149.png





More
[PR]

# by organistnikki | 2017-05-02 10:12 | | Trackback | Comments(10)
2017年 04月 20日

マリリンのお葬式


4月19日、親愛なるマリリンのお葬式で奏楽させていただきました。

旦那様のジョーからのリクエスト曲は"It Had To Be You"
この曲は家族が退場する時にオルガンで弾きました。
まさか教会でこんな曲が、しかもパイプオルガンで演奏されるとは
誰も想像してなかったようで、ちょっとした歓声が上がりました。

お葬式の後のレセプションで、いろんな人たちと話をする機会がありました。
その中にブレッケンリッジから来たという方がいました。
ブレッケンリッジと言えば、大昔、オルガン演奏会の依頼を受けた田舎町。
懐かしい地名だなぁと思っていたら、
その方たち、私のことを覚えていてくれました。
テキサスの田舎町だし、やはりアジア人は目立ったんでしょうかね。

その大昔、マリリンはブレッケンリッジの友人たちに
一生懸命、私たちのオルガニスト・デュオの宣伝してくれたようです。
そういえば、教会のバスで、私たちのコンサートの応援にワイワイと駆けつけてくれたっけな。
その時、バスを運転してたのは、今年初めにお葬式で奏楽したマーウィン牧師でしたよ。


素敵な経験をたくさんさせていただいてます。
お葬式での奏楽はお世話になった人たちへのせめての恩返し。
マリリンのご冥福をお祈りします。ありがとう!


[PR]

# by organistnikki | 2017-04-20 09:09 | 教会 | Trackback | Comments(6)