テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 08日

Jacelyn Hall のお葬式

久しぶりに大きなお葬式がありました。
亡くなった方は、うちの教会のメンバーでもないし
宗派も違う。
家族の方が日曜礼拝に来て、サンクチュアリーを見て
ドン牧師の説教を聞いて
私のパイプオルガンを聴いた後
是非ここでお葬式をやりたい、という申し出を受けました。

家族からのリクエスト曲はバッハ作曲の
*「聖アンのフーガ」
*「トッカータ、アダージョ、フーガ ハ長調」
*「羊は安らかに草を食み」
3曲ともすぐ弾ける曲で良かった〜。
ボーン・ウイリアムズ作曲の "Rhosymedre" という曲は知らなかったので
このお葬式を機会に学びましたよ、大急ぎで!

他に歌手の伴奏で2曲
賛美歌は3曲
そして後奏は毎度のヴィドール作曲のトッカータ

後奏を弾いてる最中、パーンというピストルを撃つような大きな音がして
びっくりして、演奏を中断しそうになりました(苦笑)
何しろテキサスの教会で銃撃事件があったばかりだったので・・
幸い、最後まで、止まらないで弾きましたよ(笑)


お葬式の後、何の音だったか?と見に行ったら
花瓶が割れてました。
あのパーン音は花瓶の割れる音だったのかな。



同じ日の同じ時刻にタロー父もお葬式で
彼が弾いた教会がここ↓
1時間弱のお葬式だったそうです。
a0042932_13594702.jpg

More
[PR]

# by organistnikki | 2017-11-08 16:00 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2017年 11月 05日

教会創立98周年

毎年11月の第一日曜日は礼拝の後に
「教会の創立祝」兼「メンバー全員の誕生日祝」の昼食会があります。

昼食会のテーブル・デコレーション、彩り鮮やかでしょう。
テーブルは誕生月ごとに飾り付けが異なります。
これ12月生まれの人の席 ー クリスマスっぽい飾り付け
a0042932_08432485.jpg

2月生まれの人の席 ー バレンタインっぽい飾り付け
a0042932_10263318.jpg

7月生まれの人の席 ー 独立記念日っぽい飾り付け
a0042932_10262137.jpg

人々が席につくとこんな感じ
a0042932_10104241.jpg
2年後には100周年になります。
100周年を記念して、教会メンバーの誰か、新しいパイプオルガンを寄付してくれたらいいな(笑)








More
[PR]

# by organistnikki | 2017-11-05 14:40 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2017年 11月 04日

単行本「ユニクロ潜入一年」

a0042932_06165302.jpg
先月末、文芸春秋社から「ユニクロ潜入一年」が発売されました。
ただいま、企業動向の売れすじ・ベストセラー1位だそうです。

テキサス・オルガニストの自分は
著者の横田増生氏とは大学時代、同じ英語クラブに属し、同じスピーチセクションにいました109.png

以下アマゾンからの引用です

ワンマン経営に疲弊する現場を克明に描く潜入ルポルタージュの傑作!

サービス残業、人手不足、パワハラ、無理なシフト、出勤調整で人件費抑制――。
「(批判する人は)うちの会社で働いてもらって、どういう企業なのかをぜひ体験してもらいたい」
そんな柳井正社長の言葉に応じ、ジャーナリストはユニクロの店舗への潜入取材を決意。
妻と離婚し、再婚して、姓を妻のものに変え、面接に臨んだ――。

「週刊文春」誌上で大反響を呼んだ「ユニクロ潜入ルポ」をもとに、一年にわたる潜入取材の全貌を書き下ろした。
読む者をまさにユニクロ店舗のバックヤードへと誘うかのような現場感に溢れたルポルタージュである。
気鋭のジャーナリストが強い意志をもち、取材に時間をかけ、原稿に推敲を重ねた読み応えのあるノンフィクション作品が誕生した。


まだ全部は読み終わってませんが(ちょうど半分読み終わったところ)
横田氏の書き方が上手くて、ついつい引き込まれてしまいます。

お店での情景が思い浮かんで、フッと笑える(失礼!)箇所が、すでに何箇所かありました。
そのひとつの例・・
潜入取材のはじめの頃、目立たないためにも
お客さんに英語で対応できないフリをしていたらしいですが
ある日、中東系の女性から英語で話しかけられてしまい
咄嗟に Yes, ma'am. How can I help you? 答えてしまったと書いてます。
そういうところ、いかにも横田氏らしい104.png 

彼はアイオワ大学のジャーナリズムで修士号を取得
大学でも英語クラブにいたし、英語は母国語同様ですから。
身についてしまったことを隠すのは、むるかしい。

私がこの本を紹介すると、どうしても軽くなって申し訳ないけれど
ものすごい大作です。重みがあります。
本の後半は、もっともっと面白くなります。(まだ読んでないですが・・でもチラッと活字が目に入った)
横田氏、素晴らしいジャーナリストです。

皆様もどうぞ是非、読んでみてください。
ちなみに単行本で1620 円、キンドルで1300 円ですよ。
図書館で借りてもオッケーです101.png

この本をきっかけに、真の働き方改革が行われますように。





More
[PR]

# by organistnikki | 2017-11-04 01:04 | お友達 | Trackback | Comments(4)
2017年 10月 29日

Trunk or Treat 2017

今年のうちの教会のハロウィーン・イベントの様子です。
車のトランクの前で子供たちと遊んで
参加した子たちにお菓子をあげるという楽しいイベント。
大人たちは子供達のためにガンバリましたよ101.png
同僚カレンと音楽のインターン二人で題名当てクイズ
彼らの楽器の生演奏です。
a0042932_10061332.jpg
子供達、楽しそう!

a0042932_10052946.jpg
フェイスアートも人気
a0042932_10044572.jpg
一番の人気はポニーライドでしたね。
ポニーに乗って駐車場を半周させてもらえます。
ポニーばかりじゃなくて、うさぎ、七面鳥、鶏、ヒナなどもいましたよ。
動物を触らせてもらって、子供達、大喜びでした。
動物たちには迷惑だったろうけど(笑)
a0042932_11353002.jpg
BGMのバンドの人たち。
いい歳のおじさんたちですが、これがなかなかでしたね。
80年代〜90年代の曲が多かったなあ。
a0042932_10055939.jpg

写真は室外のものばかりだけど、室内でもケーキウォークやら塗り絵大会やらありました。
ごった返してて、写真はあまり撮りませんでしたが。
室内で、ポップコーン、ホットドックが配られました。
用意した350個のホットドッグは45分でなくなったそうです。
500人くらいは来てたかな。
大成功!

ちゃんちゃん





[PR]

# by organistnikki | 2017-10-29 21:04 | 教会 | Trackback | Comments(4)
2017年 10月 28日

今朝の大リーグニュースより


今朝のアメリカ大リーグの話題のひとつがこれ
まずは上のリンクをクリックして
ふたつの短いビデオを見てくださいね。

人種差別問題?!が勃発した経緯がわかります。

まずはそのきっかけは
キューバ出身のグリエル選手が
ダルビッシュ投手よりホームランを打った後
ベンチに戻って、両手で「上がり目を作る」ジェスチャーをしたこと。
それは映像で見られます。


その後
『上がり目してるグリエル選手のことをどう思う?』
と、ダルビッシュ投手へインタビューがあり
ダル投手が日本語で答えてますが
通訳が『グリエル選手はdisrespectful =無礼者だ』とダル投手の言葉を伝えます。

確かに簡潔で、わかりやすい通訳ですが
disrespectful という単語は、少し強すぎるように思いました。

実際、disrespectful という単語が出たことで
グルエル選手、人種差別者にされてしまいました。
彼の立場からすれば
大リーグの日本人・人気選手からホームラン打って
嬉しさのあまり、つい子供っぽい仕草がしただけでしょうね。
それを、不運にも映像でキャッチされ
大ごとになってしまった。
怖いですね。
こんな些細なことが、人種差別問題になってしまうなんて!


ちなみにその時の試合の日本のニュースはこれ
日本ではグリエル選手の仕草のことはニュースになってませんので。






リンク追加
[PR]

# by organistnikki | 2017-10-28 23:16 | その他 | Trackback | Comments(4)