テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 04日

単行本「ユニクロ潜入一年」

a0042932_06165302.jpg
先月末、文芸春秋社から「ユニクロ潜入一年」が発売されました。
ただいま、企業動向の売れすじ・ベストセラー1位だそうです。

テキサス・オルガニストの自分は
著者の横田増生氏とは大学時代、同じ英語クラブに属し、同じスピーチセクションにいました109.png

以下アマゾンからの引用です

ワンマン経営に疲弊する現場を克明に描く潜入ルポルタージュの傑作!

サービス残業、人手不足、パワハラ、無理なシフト、出勤調整で人件費抑制――。
「(批判する人は)うちの会社で働いてもらって、どういう企業なのかをぜひ体験してもらいたい」
そんな柳井正社長の言葉に応じ、ジャーナリストはユニクロの店舗への潜入取材を決意。
妻と離婚し、再婚して、姓を妻のものに変え、面接に臨んだ――。

「週刊文春」誌上で大反響を呼んだ「ユニクロ潜入ルポ」をもとに、一年にわたる潜入取材の全貌を書き下ろした。
読む者をまさにユニクロ店舗のバックヤードへと誘うかのような現場感に溢れたルポルタージュである。
気鋭のジャーナリストが強い意志をもち、取材に時間をかけ、原稿に推敲を重ねた読み応えのあるノンフィクション作品が誕生した。


まだ全部は読み終わってませんが(ちょうど半分読み終わったところ)
横田氏の書き方が上手くて、ついつい引き込まれてしまいます。

お店での情景が思い浮かんで、フッと笑える(失礼!)箇所が、すでに何箇所かありました。
そのひとつの例・・
潜入取材のはじめの頃、目立たないためにも
お客さんに英語で対応できないフリをしていたらしいですが
ある日、中東系の女性から英語で話しかけられてしまい
咄嗟に Yes, ma'am. How can I help you? 答えてしまったと書いてます。
そういうところ、いかにも横田氏らしい104.png 

彼はアイオワ大学のジャーナリズムで修士号を取得
大学でも英語クラブにいたし、英語は母国語同様ですから。
身についてしまったことを隠すのは、むるかしい。

私がこの本を紹介すると、どうしても軽くなって申し訳ないけれど
ものすごい大作です。重みがあります。
本の後半は、もっともっと面白くなります。(まだ読んでないですが・・でもチラッと活字が目に入った)
横田氏、素晴らしいジャーナリストです。

皆様もどうぞ是非、読んでみてください。
ちなみに単行本で1620 円、キンドルで1300 円ですよ。
図書館で借りてもオッケーです101.png

この本をきっかけに、真の働き方改革が行われますように。









東京と大阪でトークがあるそうです。
行ける方はどうぞ!



[PR]

by organistnikki | 2017-11-04 01:04 | お友達 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://pipeorgan.exblog.jp/tb/237956683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 横田増生 at 2017-11-07 08:18 x
渡辺先輩、ご高評をいただき、ありがとうございます。ユニクロは国際企業と言っても、進出先のほとんどは東南アジア。アメリカでは、出店しては店をつぶしての繰り返し。ユニクロの鬼門といわれています。アメリカで、なぜユニクロが売れないのか。どうすれば売れるのか。これが分かれば、経営者の柳井正氏は狂喜乱舞して喜ぶことでしょう。

拙著では、ユニクロ国内の店舗だけでなく、sweatshop(搾取工場)と呼んでいい中国とカンボジアの生産委託工場にも取材しています。

どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by みいはあ at 2017-11-08 14:23 x
ちえみちゃん、わかりました!私も読んでみますね。
ただし、断捨離なんで図書館から借りよう♪
本がなければ、買ってもらえるようリクエスト出来るのです。
だから、確実に私の手元に来ると思う・・

ユニクロはかつて、私、ずいぶん購入していました。小柄な私にはSサイズがあることが魅力だったのです。でも、最近は細身すぎて‥(;´・ω・)女性の平均サイズ、ちゃんと知ったうえでのことかな?って疑問。ダイエットしている女性対象にしか見てない??

ブラック企業と言われつつあるユニクロ。お前はやっぱりその名の通りのユニ黒か?!(笑)
Commented by organistnikki at 2017-11-14 12:24
横田増生君
最後まで読ませていただきました。素晴らしいルポでした。内容はやはり重かったなぁ。
工場の労働者、気の毒です。
この会社の洋服、買いたくなくなりました。
洋服にはこだわらないけど、工場の実態を知ってしまった今、洋服も重く感じます。
本が売れますように!
それから、ここでワタナベセンパイっての、勘弁してね(笑)
Commented by organistnikki at 2017-11-14 12:54
みいはあさん
図書館にリクエスト、ありがとうございます!

私もそこの製品、本を読む前まではよく買ってたけれど、最近はグッと控えめにしてます。
そうそう、サイズ、変化しましたよね。私もSなんだけど、同じSでも「ちんちくりんな製品」あります。
帰国した時に、サイズだけを見て、試着しないで慌てて買うので、失敗するんですよね。
最近は質も劣化してると思います(怒)洗濯するとすぐ縮む!洗い方が悪いんでしょうか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 教会創立98周年      Trunk or Treat ... >>