テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅行( 82 )


2007年 02月 01日

パサディナ・オルガンコンサート報告 旅行記其の壱

ロサンゼルスから帰ってきました。ダラス・フォートワース空港に降り立つやいなや、寒いのなんのって。やっぱり、南カリフォルニアの気候は素晴らしい!
オルガン・コンサート、無事にやってきましたよ!楽しかったです。オルガンは4段鍵盤で、エオリアン・スキナー社製。こんな感じ。弾きやすい楽器でした。
a0042932_1361980.jpg

a0042932_1457920.jpg二階のバルコニーにキラキラ輝く立派なトランペット・アン・シャマード(オルガンケースから水平に突き出てるパイプ。このストップ、とっても大きな音がします。)がありました。ちょっと右の小さな写真ではパイプの輝きがわかりにくいのが残念!


***************

木曜(25日)の朝8時に、テキサスを出発し、ロサンゼルス空港に着いたのが、午後1時くらい。2時すぎに遅い昼食をしてから、夕方7時15分までレジストレーションのセット(オルガンの音色決め)にたっぷり時間を費やしました。レジストレーションさえ決めれば、精神的に大きな余裕が出るんです。その後、ホストファミリーのお宅で軽い夕食をご馳走になり、すぐ就寝。テキサス時間で、すでに深夜。ちなみにテキサスとカリフォルニアでは、2時間の時差があります。

金曜(26日)は時差のせいで、朝早くから目が覚めました。朝9時から練習。お昼は教会の近所のインディアン・レストランで。インド飯、すごく美味しかったけれど、何が入ってたのか、食べた後、眠くなって困りました。眠い中、午後も少し練習。夜はホスト・ファミリー宅でディナーをいただきました。夕食の後、実は、盛り上がったんです。何で盛り上がったかというのは、後日、写真とともにアップしますね(笑)。

土曜(27日、コンサート当日)、パサディナ内を少し案内された後、朝10時から練習。1回通しのリハーサルをして、終わり!昼は「FAMIMA 」(アメリカに進出した日本のコンビニ)でランチ。お寿司とおにぎりを食べました。気軽にお寿司が食べられるだけでも幸せでしたが、「おにぎり」はヒジョーに不味かった。その後、昼寝。夕食にホストファミリーが軽くオムレツを作ってくださいました。本番は7時半から。この日は珍しく雨が降り、寒かったのですが、教会内は暖房が入り、快適でした。お客様の熱い拍手に大感激しました。感謝!

**************

a0042932_13564654.jpg

ホストファミリーのお宅は教会から歩いて15分のところにあり、とっても便利でした。築95年の古い家でしたが、この写真からわかるように、趣きがあり、なかなかの豪邸。玄関を入ると「安藤広重」の浮世絵が何枚も飾られ、他にも私の知らない日本人画家の絵が何枚もありました。アジア文化をこよなく愛する方たちでした。
このお宅、映画「NY式ハッピー・セラピー(Anger Management)」という映画のロケ地として使われたんですって。きよと私はジャック・ニコルソンが座ったというソファに座って写真を撮りましたわ(笑)。私たち、ジャックの大ファンなので。ミーハー気分をたっぷり満たしてきました(笑)。

まだまだ報告、続きます。

お・ま・け
[PR]

by organistnikki | 2007-02-01 13:40 | 旅行 | Trackback | Comments(8)
2007年 01月 25日

演奏旅行に行ってきます。

明日からロス・アンジェルスに演奏旅行に出かけます。

演奏会の場所はこちら。
パサディナ長老教会 Pasadena Presbyterian Church
585 East Colorado Blvd.
Pasadena, California 91101


開演は27日(土曜日)7時半からです。
パサディナ、ロス・アンジェルス近郊にお住まいの方、どうぞ、いらしてくださいね。

テキサス北部は、まだ連日寒くて、練習中、手がかじかむほど。一方、L.A. では T シャツでオッケーらしいです。でも用心して、セーターとホット・カイロは持参します(笑)。

どやどや荷物を詰めてたら、やっぱりこの方に気づかれてしまいました。いつもと様子が違うってことで、態度が変です。スーツケースに入ったまま、どいてくれません。来週の火曜に帰ってくるからね。ゴメン!
a0042932_410306.jpg

留守中はタローを譲ってくれたキャロラインおばさんが毎日遊びに来てくれます。
[PR]

by organistnikki | 2007-01-25 04:27 | 旅行 | Trackback | Comments(6)
2006年 11月 18日

日本旅行記 1 ジップロック

a0042932_1027931.jpg旅行するとき、いつも私たち、身軽です。荷物はみんながびっくりするほどコンパクトにまとめちゃいます。

今回の日本旅行でも、「機内持ち込み可能なサイズ」のスーツケースとショルダーバッグひとつだけ。機内に持ち込める手荷物は2点までですから。

で、もちろん、荷物は預けないで、機内に持ち込みます。成田に着いた時、時間の節約になるんです。1本早い成田エクスプレスに乗れるんで。

ところで、空港での手荷物のチェックって面倒ですよね。バッグはチェックカウンターで X 線の検査を受けます。コート、靴は脱いで専用の容器にいれて、これらもX線検査を受けます。そして最後に人間も X 線の検査機械をくぐって、危険物を携帯していないか、チェックを受けます。

で、今回私たちに新しかったことは、機内に持ち込む液体類のことですね。以下のとおり。

1. 化粧ローション、歯磨き粉などはジップロックという透明のビニール袋に入れる。
2. ジップロックに入れられた液体類は、スーツケースから取り出して別個にX 線の検査を受ける。
3. 機内にお茶や水は持ち込めない。

アメリカを出国する時、そんなこと知らなかったので、お茶は持ってたし、きよも私も化粧ポーチを使ってました。そのせいで、X 線検査では見事引っかかり、スーツケースに念入りに詰めた荷物は係員にぜ〜んぶ開けられてチェックされましたわ〜。

ローションなど液体類がぜ〜んぶ取り出されて、『これ、廃棄になりますよ〜。ジップロックに入れ替えたら大丈夫ですが。』と言われた時には、びっくりしました。幸い、ジップロックに風邪用マスクを入れてたことを思い出し、入れ替えできて、大丈夫でした。お茶はもちろん廃棄されましたわ(泣)。

そして日本からアメリカに入国した時にも、またまた荷物検査で引っかかりました。学べよ〜〜自分!(笑)。この時はX 線検査の時、液体類が入ってたジップロックをスーツケースの中に入れっぱなしにしてたので。スーツケースから出して別個に検査を受けるべきだったんでした。

この新しいルールは、アメリカ国内を旅行される方、アメリカ行きの飛行機に乗られる方に適用されてます。あ、参考までに、スプレー類、カミソリ、ライター、はさみなど、もちろん没収されますよ。

あのね、ダラス空港では係員のチェックがとーっても厳しかったんですよ。でも成田空港での検査は、ものすご〜〜く緩かったですよ。バッグにペットボトルのお茶を入れてたのに(わざとぢゃないよ!)、成田では引っかかりませんでした。でもダラスではすぐ見つかって廃棄されてしまいましたよ。

チェックが厳しいのは、やっかいだけど、安心して空の旅をできるんですから、ありがたいです。んー、でも、ちょっと心配になってきたぞ、日本の空港セキュリティー。

a0042932_12103321.jpg
タローも日本に連れて行きたかったな〜(笑)。靴、好きなんだよね、君。
[PR]

by organistnikki | 2006-11-18 11:01 | 旅行 | Trackback | Comments(5)
2006年 11月 17日

シロの歓待を受ける

a0042932_11311331.jpg毎回、日本の家を訪れるたびに、ご主人シロさま、ご主猫シロさまに会うのは楽しみなんです。高い声で「いらっしゃ〜〜い。」って鳴かれると、きよも私も、トロけるほどうれしいです。

それだけで、充分なんですが、シロさまは、もっと具体的に歓迎の気持ちを表したい?らしくて、これにはホトホト参ります。

写真の左下の方に「ヒモのようなもの」が見えますね。なんでしょね(笑)。このヒモ、すばやく動くんです。おまけに鳴くんですよ!

シロさま、わざわざ外にいたネズミを家の中に招き入れて、私たちの前に披露してくれたんでした。滞在中2度も。しかも、わざわざ私たちの夕食のまっ最中に!!

さいわい2度とも、キッチン内での直接的な「惨事」は避けられたのですが、このネズミは見事に逃走に成功し、私たちが寝静まった夜中、床に転がったカボチャを齧り、食器棚のコップを次々になぎ倒して遊んでらっしゃいました。いやまあ、ホンマ賑やかでした。

ちゃんちゃん。
[PR]

by organistnikki | 2006-11-17 12:19 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
2006年 11月 16日

帰ってきましたよ

テキサスに。

テキサスに入るやいなや、ものすごい強風でした。おまけに、さむいっ!日本に帰国した日も強風で、北海道では竜巻が発生して多大な被害をもたらしたのでした。

テキサスに帰ったその日(水曜)から即、お仕事だったのですが、同僚や教会のみんながこの強風でちえみは帰れないんじゃないかと心配してくれてたそうで、クワイヤーディレクターのカレンなどパニックだったそうです。

日本での滞在はほんの1週間でしたが、忙しく、濃い1週間でした。今は幸い、時差ボケにはなってません。でもいつもどおり何となく頭はボケてますが(笑)。

ボチボチ、更新していきますので、またよろしく!
[PR]

by organistnikki | 2006-11-16 22:53 | 旅行 | Trackback | Comments(9)
2006年 11月 06日

秋なのに・・

a0042932_794043.jpg

テキサス北部の田舎、ただ今、激しい雷と雨ですよ。滝のような雨で、道路が川になってます。

雨といえば、水。水といえば・・・タロー(すんごい、こじつけ)。
せっかく「自動水飲み器」を買ってあげたのに、いまだに「水、ちょうだい!」と催促される日々なんですよ。そうそう、先回り&誘導されるとね・・(笑)、またかぁ・・と思いながらも喜んで、蛇口を回しております。

ところで、1週間だけ日本に帰ります。15日にテキサスに帰ってきます。タローくんには、その間、お留守番をしてもらいましょう。これ、おまけの映像!
a0042932_9215050.jpg

[PR]

by organistnikki | 2006-11-06 07:28 | 旅行 | Trackback | Comments(8)
2006年 07月 17日

買い物

私、ショッピングってあまり行かないんですよ。もちろん日常必需品やら食料品の買い出しには出かけますが、ショッピングモールには年に数えるくらい行く程度。駐車場のスペースをさがしながら、運転するの好きじゃないし、それほど欲しい「もの」ってないので。

でも、なぜか旅先では開放的な気分になるのか、思い立ってあれこれ買ってしまいます。記憶に新しいもので、マージャン用の座椅子を4席、バック・ストレッチャー、首用のクーラーなどなど。「おみやげ」って言うには、ちょっと風変わりなものばっかりですが。まあ、それぞれの「もの」から旅先の思い出も蘇るし、何よりも実用的なので、悪くない買い物です。

今回、シカゴ行きの飛行機の中で買ったのがこれ。飛行機の座席に置いてあるスカイモールっていうカタログからオーダーしました。
a0042932_11481969.jpg

タローの「自動ごはん箱」です。タイマー付きで、一日2回決まった時間に下の「受け皿」の中にドライフードが出てくるようになってます。これ、便利です。今まで使っていた「ごはん箱」は、前もって2回分しか用意できなかったんですが、これは2週間分くらい大丈夫。おまけに犬用でもあるんで、頑丈。

実はね、いつもタローの世話をしてくれるキャロラインが、ある日、力づくで「ごはん箱」を開けるタローを現行犯で発見。今までの「ごはん箱」ではタローの腕力で開いてしまうことが判明したんでした。ってことで、ちょうどいいタイミングの買い物。
a0042932_1139519.jpg

タローったら食後すぐ、また新しい「ごはん」が、出てくるんじゃないかって、受け皿の前で待ってるんですよ。それも食べた直後からず〜〜〜っと何時間も。 時々、「ごはん箱」にパンチしてました。2日後、ようやくじっと待ってても「ごはん」はすぐには出てこないってことを学んだようです。猫さまの順応性って素晴らしいわ〜。

あのね、『これで、心おきなく留守できるぞっ。』て思ってるわけじゃないので、タローちゃん、安心してちょ。

追記)人間に「ごはんちょうだい!」と言っても無駄ってことを学習したタロー。代わりに、朝、起こしてくれません。そのせいで、今朝は30分も寝坊してしまった。
[PR]

by organistnikki | 2006-07-17 12:00 | 旅行 | Trackback | Comments(6)
2006年 07月 09日

シカゴ、シカゴ!

今回の旅行はオルガニストのコンベンション(American Guild of Organist の National Convention) に参加してきたんですよ。2年に一度、全米レベルのオルガニスト(AGO) のミーティングがあって、今年がその年。2年前はロス・アンジェルスだったし、2年後はミネアポリスであるそうです。で、今回 2000人くらいのオルガニストがシカゴに集合しました。

シカゴでは、

Holy Name Cathedral、即興のワークショップを受け、
a0042932_1313407.jpg

St. Raphael RC Church、賛美歌コンサートに行ったし、
a0042932_1314720.jpg

College Church of Wheaton、オルガンとピアノのデュエットコンサートにも行き、
a0042932_13233217.jpg

Moody Church、でクワイヤーのコンサートにも行ったし、
a0042932_13143996.jpg


他にもチャーターバスであちこち行きました。2年分のオルガンコンサートって感じで、もう〜お腹いっぱい状態です。もちろん、オルガンのお勉強のために行ったので、当然ですけど(笑)

ってことで、観光どころじゃありませんでした、ってのは嘘っぱちで、しっかり、楽しんできました、シカゴ!こんな美しい都会を楽しまないなんてもったいないっしょ。歩道の花壇、素敵でした。

続きもあるよ!
[PR]

by organistnikki | 2006-07-09 12:53 | 旅行 | Trackback | Comments(9)
2006年 06月 29日

行ってきました!

ニューヨーク・クワイヤー旅行。

a0042932_1273571.jpg

やっぱりねえ、団体旅行は「みんなで一緒に」が基本。スケジュールも緻密に組まれてましたわ。朝食は毎朝7時。ホテルから4ブロック離れたデリでみんなでそろって食べて、それからチャーターバスで観光したり、あるいは48人揃って地下鉄に乗ったりしました。まるで修学旅行みたいでしたよ。

今回の旅行で、ハイライトだったのが、クワイヤーのみんなをハーレムにある St. Martin's Church に(122丁目とLenox Ave. )案内できたことですね。清人が音楽院時代、8年間オルガニストをしていた教会で、ニューヨークのLandmark になってます。映画のロケにも使われたことあるんですよ。「マルコムX」。この教会のメンバーも映画にエクストラで出てたような。ここで日曜の朝の礼拝に参加し、St. Martin's のクワイヤーと一緒に歌いました。懐かしいクワイヤーのみんなとの再会、涙が出ました! 私はこの教会のスタッフじゃなかったけど、音楽院のオーディションを受ける前、毎日のようにオルガンを練習させてもらいました。そうなんです、パイプオルガンを練習する場所を見つけるのも大変だったんです、NYC。

よろしかったら続きもどうぞ
[PR]

by organistnikki | 2006-06-29 08:01 | 旅行 | Trackback | Comments(6)
2006年 04月 29日

ちょっと信州 その弐 

引き続き、信州の写真をどうぞ!4月20日、21日の写真です。

真昼の松本城 この日はまだ暖かかったんです。
a0042932_9253783.jpg

鯉のぼりを見たのも久しぶり!
a0042932_9255548.jpg

爽やかな青空の翌日がこれ!雪だもんねえ・・・信州の春。
a0042932_9262211.jpg


猫さまたちにも会ってみる?
[PR]

by organistnikki | 2006-04-29 10:13 | 旅行 | Trackback | Comments(6)