テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:パイプオルガン( 105 )


2018年 05月 01日

オルガンコンサート@ウェイコー報告

a0042932_12220091.jpg
テキサスの心臓部ウェイコーの
ファースト・バプティスト教会でオルガンコンサートしてきました。
これは、教会行事じゃなくて、アメリカのオルガニスト協会(AGO)主催のコンサートでした。
つまり、かなり内輪なイベントってわけ(笑)

ウェイコーには、清人が学生時代にお世話になった方々が住んでいます。
懐かしい人達に会えて、大いに意義ありでした。


歴史ある美しい教会だし
最近全米で大人気のChip とJoannna のMagnolia Market が隣にあるし
リハーサル中、何度も観光客(+ツアーガイド)がサンクチュアリーに入ってきましたよ。


実はね、今回の私ったら、本番、ピアノでコケました。
コケた=転んだ、という意味じゃないですよ(笑)
リハーサルでは万全だったのに143.png
ライブだし、そんなこともあるでしょうが・・
その経験、次回への「糧」166.pngとします。

人生、この年齢になっても挑戦に満ちてて
今でもオルガンを弾けることに
感謝101.png

さて、次は日本
兵庫県西宮市の関西学院大学です。
お天気だったらいいな。
その前に、飛行機が無事に飛びますように!




[PR]

by organistnikki | 2018-05-01 23:32 | パイプオルガン | Trackback | Comments(2)
2018年 04月 29日

コンサートのご案内 @ 関西学院大学中央講堂

オルガンコンサートのご案内です。
オルガンに興味がある方、時間がある方、
いつもとちょっと違った時間・空間を体験してみたい方、是非!

場所は兵庫県西宮市上ヶ原1番町1-155の中央講堂にて

a0042932_04271693.jpg
阪急電車甲東園駅からダラダラ歩いて20分のところです。
去年、久しぶりにこの坂道を登ったら、結構キツかった(笑)

初日は5月4日(金曜日)
私が「オルガニスト」に転職!するきっかけをくださった
恩師・太宰まり先生の演奏会です。
関学のパイプオルガンの特徴を生かした素晴らしい演奏をされることは間違いなし177.png

開演は12時50分からです。



More
[PR]

by organistnikki | 2018-04-29 08:03 | パイプオルガン | Trackback | Comments(4)
2018年 04月 14日

コンサート報告 その壱

カリフォルニアから無事、テキサスに戻ってきました。

下の写真が弾かせていただいた Ascension Lutheran Church のパイプオルガンです。
49ランク、3段畑+足鍵盤

1989年にカンサス州のパイプオルガン会社ロイターが
最初に33ランクのオルガンを建てて
その後、2008年にサウス・ダコタ州のデイビッド・セイルマンという人が
16ランクのパイプを足したそうです。
a0042932_10505604.jpg
ヴェンチュラ郡にあるパイプオルガンで一番大きな楽器だそうですよ。
とても弾きやすいオルガンでした。

パイプの配列の仕方はこんな感じ
a0042932_10511430.jpg

イースター白ゆりが飾ってありました。
まだイースターですからね!
a0042932_10504611.jpg
ピアノはヤマハ製C6

コンサートのプログラムはこちら

ワーグナー作曲 ワルキューレの騎行 オルガン連弾
メルケル作曲 ソナタ オルガン連弾
ウィーバー作曲 シネノミネ オルガン・ソロ (タロー母)
ラフマニノフ作曲 ピアノ協奏曲2番より1楽章 オルガンとピアノ
offertory 休憩
渡邉編曲 3つのジャズスタイルの賛美歌 オルガン・ソロ (タロー父)
アンプト作曲 ワルチング・マチルダ オルガン足連弾
リスト作曲/渡邉編曲 ハンガリアン狂詩曲2番 オルガン連弾

たくさんの人たちが来てくださいましたよ。
お客さまのリアクションを背中で感じながら。
アンコールでスーザの「星条旗よ永遠なれ」を弾いたのですが
曲の最初から手拍子が入りまして・・
手拍子が音楽のビートとだんだんズレくるんです。

なので、手拍子を聞かない努力が必要でした(笑)
幸い?!教会の礼拝で同じことは何度か経験してるので
大丈夫でしたよ!





More
[PR]

by organistnikki | 2018-04-14 10:45 | パイプオルガン | Trackback | Comments(4)
2018年 03月 24日

棕櫚の日曜コンサートのお誘い

a0042932_21265299.jpg
コンサートのお知らせで〜す101.png
ここで宣伝しても誰も来れないでしょうけど(笑)

棕櫚の日曜オルガンコンサートは3月25日午後3時から
@テキサス北部田舎町のタロー母の教会



More
[PR]

by organistnikki | 2018-03-24 07:44 | パイプオルガン | Trackback | Comments(4)
2018年 02月 16日

ウェイコに行ってきた


ウェイコー市にあるFirst Baptist Churchです
ここで5月に演奏会をすることになり、リハーサルしてきました。
a0042932_23293709.jpg
オルガン演奏台は右端にあります。
本番では真ん中に来ます。
左にはスタンウェイの大きなピアノもあるので
またラフマニノフのピアノ協奏曲2番を弾きます、1楽章だけね。


オルガンの演奏台はこんな感じ
a0042932_07015203.jpg
4段畑(笑)です
オルガンのレジストレーション(音色作り)を決めるために
5〜6時間ここにおりました。

***
ところで、この教会の駐車場で車を停めようとしたら、
「10ドル!」と言われましたよ。
教会で駐車料金がかかるなんて、聞いたことない。

事情は後でわかりました。
この教会の隣には、マグノリア・マーケットという人気のお店があるんです。
HGTV で一番人気のテレビ番組「Fixer Upper」に出てる夫婦が出している店です。
店を訪れる人たちが教会に無断で駐車するので、その人たちから駐車料金を徴収することにしたそうですよ。

ちなみに人気の番組のホームページがこちら

私もこの手の番組が好きで〜す。
安くてボロい家を、素敵に変身させるという










More
[PR]

by organistnikki | 2018-02-16 13:56 | パイプオルガン | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 12日

ガーシュイン生誕120周年コンサート報告


ガーシュイン生誕120周年コンサート無事終了しました101.png
寒い中、たくさんの人たちが来てくださいました。
ありがたいことです。
a0042932_12233868.jpeg
普段のオルガンコンサートなら
オルガンの音が大きいからと真ん中や後ろの席から埋まるのですが
今回のプログラムでは、ピアニストの姿を見たいと言って
一番の前の座席から埋まりました。
な、なんと、光栄な!

1時間14分のコンサートのビデオのリンクを貼っておきますね。
お時間と興味のある方、下のリンクをクリックすると見られます。
John正牧師による紹介(1:51~3:20 あたり)
清人のソロでスワニー (3:30~6:00 あたり)
清人のスピーチ (6:15~10:00あたり)
清人とタロー母の連弾でラプソディー・イン・ブルー (10:20~29:10あたり)
清人の伴奏でRosaとDavidによる歌 (30:00~42:30あたり)
そして、清人のスピーチ (43:00~52:30あたり)
清人とタロー母連弾でパリのアメリカ人 (53:00~1:12:24 あたり)







More
[PR]

by organistnikki | 2018-01-12 23:23 | パイプオルガン | Trackback | Comments(6)
2018年 01月 06日

2018年はガーシュインでスタート!

2018年になりました!
今年もどうぞよろしくお願いします
a0042932_11462633.jpg
今年はガーシュインの曲でスタートします。
マーシュ夫妻も歌で私たちに参加してくれます。
1月12日 金曜日 午後7時から


年末年始のテキサス北部の田舎町は恐ろしく寒かったんですよ。
元旦はマイナス11度まで下がりました。
サンクチュアリーの中も激寒

んで、清人が下の写真をフェイスブックにシャレで載せたら
翌日から暖房が入りました(笑)
何事も言わなくっちゃね、アメリカじゃ。

Preparing for our concert (January 12) in an icy-cold church sanctuary on New Years Day!
There is actually nothing else to do . . . (´;Д;`)
元日はコンサートのために冷凍庫のようなサンクチュアリーで練習!
ま、他にすることないんだけどね・・・(´;Д;`)
a0042932_23424888.jpg




More
[PR]

by organistnikki | 2018-01-06 12:57 | パイプオルガン | Trackback | Comments(6)
2017年 08月 29日

最高のお誕生会

こちら、テキサス州フォートワースにあるブロードウェイ・バプティスト教会です
ここには世界一大きなフランス様式のパイプオルガンがあります。
そして、テキサス州で一番大きいパイプオルガンでもあります。
a0042932_01303816.jpg
ここで、写真の中央の方、エメット・スミス先生のお誕生会がありました!
90歳です101.png
彼はテキサス・キリスト教大学で何十年も教鞭をとり
たくさんの素晴らしい音楽家を育てられました。
その彼のため、奥様ジュディスが企画したのが、この誕生会。
最高の奥さんですね172.png

ただの誕生会じゃあ、ないですよ
オルガン・コンサートとレセプション付きの大がかりな誕生会です。
昔の教え子さん達がたくさん来られましたよ。

この日に弾いたオルガニストは、今、世界で一番人気の
天才オリビエ・ラトリー氏、パリのノートルダム寺院の正オルガニストです。
超・美人&才能ある韓国人の奥様シン・ヤン・リーさんも
プログラム最後で一緒に弾かれました。ストラビンスキー作曲の「春の祭典」
ちなみに、シン・ヤン・リーさんはラトリー氏の生徒さんだったそうです
一度、彼らの連弾を生で聴いてみたかったのですが

近場の都市フォートワースで聴くことができて良かったです。
ちなみにフォートワース市は新潟県長岡市の姉妹都市ですよ。
a0042932_01300398.jpg
30年前、ノートルダム寺院のオルガニストに就任したばかりのラトリー氏の才能を見出し、
アメリカ人に売り込んだのはエメット先生だったそうで
ラトリーさんにとっては、恩返しコンサートになったわけ。

ちなみに、来年10月、きよの教会でラトリーさんがオルガンコンサートされます。
興味あるお方、どうぞテキサス北部の田舎町までおいでくださいね(笑)



More
[PR]

by organistnikki | 2017-08-29 02:23 | パイプオルガン | Trackback | Comments(4)
2017年 07月 10日

ありがとう!サンディエゴ

カリフォルニア州サンディエゴ市・バルボアパークで
オルガン・コンサートをして来ましたよ。

a0042932_07153627.jpg

インターナショナル・サマーオルガン・フェスティバル
っていうのがあって、今年で30周年なんですって。
その節目の年に招いていただきました。
光栄なことです。

右下端の国旗の衣装は
アメリカに感謝の意を込めて
スーザの「星条旗よ永遠なれ」を弾いた時の衣装
独立記念日の後だったし、お祭り気分で!

このコンサートは野外コンサートなんです。
サンディエゴの海の風を受けながら
オルガンを弾けて最高に気持ちよかったですよ。


a0042932_07394490.jpg
時々、飛行機が頭上を飛んでったりして(笑)

コンサートは夕方7時からなので
だんだん日が落ちると、こんな情景になっていきます。
a0042932_09544117.jpg
本当に夜になってしまった様子(笑)
オルガンベンチで弾いてる私たち、見えますか?
a0042932_09542690.jpg



More
[PR]

by organistnikki | 2017-07-10 07:15 | パイプオルガン | Trackback | Comments(8)
2017年 06月 01日

関学のランチタイムコンサート報告

西宮市にある関西学院大学です
後ろに見える時計台は図書館、その後ろに見えるのが甲山。
ホントに美しいキャンパスだと思います。
この大学の中央講堂で6月1日のお昼にオルガンの演奏をしてきました。
a0042932_12264223.jpg
『え、その普段着で?』というツッコミはなしね(笑)
演奏中は義母からプレゼントされたネックレスを付けてましたから
少しは高級感があったかと・・・


弾いたオルガンは2年前に設置されたばかり。
そんな特別なオルガンを弾く機会を与えられたことに感謝です。
a0042932_08355390.jpg
青く照れされてるのが、オルガンのパイプです。
関学のシンボル、新月の形をイメージしてるそうですよ。


演奏台はこんな感じ
楽譜台にMastery of Service と書かれておりました。
なかなかオシャレでしょう。
Mastery of Service というのは、関学のモットーなんですよ。

a0042932_08363754.jpg
演奏台は2段畑。
オーストリアのリーガー社製
はるばるヨーロッパから来た楽器!


本番では、少し喋って欲しいと言われていたので
自己紹介などをしておきました。
普通なら楽曲の説明などをするんでしょうか。


広い講堂にお客さんがチラホラと見えました。
視力が良くないので、どこに誰が座ってるか
などは分からなかったけれど
懐かしい友人や先生方が来てくださってたのは事前に知ってました。
うふふの紅緒ままさん、陽だまり堂さんも!





さらに写真をどうぞ
[PR]

by organistnikki | 2017-06-01 02:18 | パイプオルガン | Trackback | Comments(4)