テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 21日

久しぶりのオフは

朝から元気よく、ヘルスクラブで汗を流してきました。爽快爽快。
家に帰ってきたら、タローがいない。
いつもならお腹を出して迎えてくれるのに。
名前を連呼すると、チャリっと鈴の音がしましたよ、頭上から。
『ここにおるわいっ!』って一応、音で知らせてくれたらしいです。

タロー先生、こんな感じで世の中(狭い我が家)を睥睨されておりました。
そこ、天井に一番近い食器棚の上です。a0042932_235825.jpg

もうちょっと寄ってみたら、カメラに向かってポーズまでしてくれました。
a0042932_245536.jpg

[PR]

# by organistnikki | 2007-07-21 02:12 | | Trackback | Comments(4)
2007年 07月 19日

夏の風物詩

毎年、この季節に私たち、オルガンのデュエットの新曲の練習を始めるんですが、今年も頑張ってますよ〜。夏場は、大人と子供のクワイヤーのリハーサルがお休みのおかげで、練習できるチャンスなのです。

とはいえ、ひとりで練習してても「もあっ」と暑いテキサスのサンクチュアリー。夫とふたりでオルガンベンチに座るとなると、かなりあっちくて、カッカして練習してます。
まあまあ、まだ譜読みの段階なんだから、のんびりゆるゆるいこうよ!という私と違って、夫はかなり細かく厳しいのです。

たとえば、八分音符を四分音符並みに伸ばしただけで、即ストップ。やり直し。間違って弾いたら、そりゃもちろんやり直し。ペダルのリズムには特にうるさくて、何度も何度もやり直しですよ。これが何回も繰り返されると、お互いガミガミ言い合いが始まるんです。んですが、このような日々を経て、少しづつ曲の形ができていくのです。

これが毎年の夏の私たちの風物詩?となってます。

今日もタローは元気です。オルガンベンチの上でくつろいでますね。夏場はオルガンベンチが冷たくて心地よいせいか、よくそこで寝てます。
a0042932_9305571.jpg


[PR]

# by organistnikki | 2007-07-19 08:42 | テキサスライフ | Trackback | Comments(8)
2007年 07月 16日

尻跡対策

a0042932_7375963.jpg

この季節、家の冷房の温度調節のことで夫とモメます。きよの設定温度じゃ、私が寒い。私の設定温度じゃ、きよが暑くて死ぬ!と言うし。で、死なれちゃ困るし、いつも私が折れて厚着して、設定温度低めにしてますよ。

公の場所に行くともっと激しいです。どこに行っても室内の設定温度低すぎ。ガンガンに効いた冷房は骨身に堪えます。テキサス人って暑がりの人が多いですからね〜。

でも平日、冷房が効いてないところがここ。礼拝堂。オルガンのある場所です。きよも私も一日、何時間もオルガンベンチの上で過ごすんですが、汗、たくさんかきます。汗ってね、額とか脇の下からばかり出るわけじゃないんですよ。一番汗をかくのが、オルガンベンチの上。つまり腿とお尻のあたり。両足でもオルガン鍵盤を弾くので、汗かくのも当然ですね。

去年、ベンチに汗でハート型の尻マークをつけてたことに気づいたんですが、実際はもっと前からマークを付けてたのかもしれませんね。ふと気が付けば左端にも尻マークが・・・。これは間違いなく夫の尻跡ですわ。

今年はタオルを敷いて練習してます。衣服を守るためにも重宝してますよ。オルガンを弾くと、ズボンのお尻のあたりがツルツルテンになりますから。

そうえいば、きよの大学時代のオルガンの先生が、練習の時タオルを敷いてました。「先生はいつもスカートで、腿の滑りが悪いからタオルを敷くのかな。」などと思ってたんですが、これは「尻の汗対策」なんだ、と納得しました。

一方、家の練習用オルガンは弾く人もいなくて、ベンチはタローのくつろぐ場所になってます。当然、私たちのお尻の跡はありませんが、代わりにタローの毛玉などが落ちてます
a0042932_8365870.jpg

[PR]

# by organistnikki | 2007-07-16 08:43 | テキサスライフ | Trackback | Comments(14)
2007年 07月 14日

おばちゃまキラーのさよならコンサート

私の教会ではインターン(見習い)のシステムがあります。インターンは地元の大学生から募集してるんですが、現在3人のインターンがいます。

インターン卒業後、実際、教会に就職した人(私の知る限り)が3人、今、牧師を目指して神学校で学んでいる人がひとり。私たちスタッフが大学生たちに与える影響って大きいらしいって自負してます。
a0042932_2246538.jpg

音楽インターンをやってくれた Joey (タキシードを着てる人)の就職先が5月末に決まり、7月末にとうとう私たちの教会を「卒業」することになりました。3年間一緒に働いた彼に、とびきり最高の思い出を作ってあげたいと思いまして、「さよならコンサート」を企画しました。それも「13日の金曜日」に。うちの教会のサンクチュアリーにて。プログラム全14曲の伴奏を私、弾かせていただきましたわ〜。盛大でしたよ。

写真はコンサートの後のレセプションの様子。彼 「おばちゃまキラー」なんですよ。ホント、大人気。おばちゃまたち、みーんな Joey とツーショットの写真を撮りたがりまして、こんな写真ばかりになりました。さりげなく、ピンボケで自分とカレンの写真もありますが。地元の劇場のディレクター(右下の写真)がレセプションの間、ブロードウェイのミュージカル曲の数々を弾いてくれました。左下は特注・特大のケーキ。実はツーショット写真、他にもまだまだあるのですが、まあ、これくらいにしておきます。

私が企画して、運営したこの教会のコンサート。みんな笑顔いっぱいで帰宅されました。うれしかったです。あ〜〜でも、はい、くたびれました、私。

プログラム
[PR]

# by organistnikki | 2007-07-14 23:43 | 教会 | Trackback | Comments(6)