テキサスでオルガン!

pipeorgan.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 10日

オルガン・コンサートのご案内

a0042932_11101426.jpg1月13日の金曜日に我が夫・清人がパイプオルガンのコンサートをするんです。場所は彼の教会。
これが宣伝用のポスターです。地元のグラフィックデザイナーの方が制作してくれました。

この写真、実は右側に私が座ってたのですが、彼のソロコンサートなので、「わたし」消されたんですよ(笑)。ほんと、最近のコンピューターグラフィックの技術は素晴らしいですね。

プログラムは地元のコンサートなので、あまり重々しい曲はありません。いつも感心するのは、清人くん、全曲を楽譜なしで弾くのです。今まで、どこに招かれてもソロ演奏会では、彼は全曲暗譜で通してきました。

実は私も真似しようと思って、音楽院の学生の頃は、しばらく楽譜なしで演奏してたんですよ。ところが、ある日、パフォーマンスのクラスで、ど忘れしてしまったのです。あれは、 J.S. バッハのニ長調の前奏曲とフーガを弾いてた時でした。フーガの真ん中あたりで、堂々巡りして、ちっとも曲が終わらない・・・・とほほ。 それ以来、間違えるよりマシかと思って、楽譜を見て演奏してます。オルガン曲って、意識的に覚えないと忘れるんですよ。特に足鍵盤の音から忘れやすいんです。

そういう彼も大きな演奏会の最中、ど・忘れをしたことがあるんですよ。それに私たちの先生(ほんと、巨匠!)たちでさえ、演奏会中、ど・忘れをしたことあるんですよ。でも決して演奏中に止まらない。これってプロとして原則ですよね。あ、プロなら間違えるなって? でも人間ですから。それより、そういう失敗にめげないで、また自分に挑戦していくってことが素晴らしいと思うのです。

金曜のプログラムは以下のとおり

バッハ作曲 カンタータ No. 29 よりシンフォニア
バッハ作曲 G 線上のアリア
バッハ作曲 前奏曲とフーガ イ短調
渡辺 作曲 2 つの賛美歌に基づくジャズ風の前奏曲
セアル編曲 五木の子守唄
ウルフォード編曲 ロンドンデリーエアー
デュプレ作曲 ノエルによる変奏曲
アラン作曲 連祷
デュルフレ作曲 アランの名による前奏曲とフーガ

素晴らしい演奏会になりますように!

# by organistnikki | 2006-01-10 13:23 | パイプオルガン | Trackback | Comments(6)
2006年 01月 09日

テキサス DE 麻雀

先週末は、結婚式やらお葬式があって、まとまった時間が取りにくかったのですが、しかし、麻雀となると、必死で合間を縫ってでも時間を作るもんですねえ。
時間が限られてると、少しでもたくさん遊びたくって、テンポのいいゲームになるんですよ。それってすごくいい頭の体操!

ジャン友たちは、全員そろって料理が上手いんです。だから麻雀も楽しいけれど、毎回、料理もすごく楽しみです。『あれっ、あ〜たは作らないのかって?』っていう、つっこみはなしにしてね。最新の写真ではありませんが、こんな感じです。わいわい、がやがや、楽しいです。アメリカ人のノーマンも麻雀用語はしっかり頭に入ってるし。次は日本語会話か!?

この日はビビンバ!
a0042932_14103835.jpg
この日はイワシ尽くし。千華姉、お誕生日おめでとう!
a0042932_1473712.jpg


# by organistnikki | 2006-01-09 14:29 | テキサスライフ | Trackback | Comments(4)
2006年 01月 05日

ローズ・ボウル!

今晩は「Rose Bowl Game」の日。ってことで、夕方からの教会の仕事(大人のクワイヤーのリハーサル)がキャンセルになったんですよ。つまり、全米ナンバー1を決めるフットボールの試合が ローズ・ボウルという名前の競技場であるんで、その試合をテレビ中継で観たい。だから仕事は早々に終わりってことです。

う〜ん、最初、それを聞いた時にはびっくり。フットボールの試合をテレビを観たいからって理由で仕事を切り上げていいのか、テキサス人!って思いました。でも、よく聞けば、今2位のテキサス大学が 現在1位の南カルフォルニア大学を相手に、優勝をかけて戦う特別な試合だから、すっごく大切らしいです。愛郷心、強いもんね、みんな。今頃、みんなテレビを観ながらパーティーをやってることでしょう。(ホントはパーティーが好きなだけぢゃないの?)

フットボールの試合って、みんなすっごく熱くなるんですよ。周りにも母校のフットボールの試合は絶対観に行く!と言って、シーズンチケットを買って、車で6時間もかけて、試合を観にいく人がいるし。まさか、Rose Bowl はカルフォルニア州のパサディナだし、そこまで観に行く人はそんなにいないでしょうが、でも、もしテキサスが勝ったら、どこか近所で花火くらい上がるかも。

あ、花火の「火」で思い出しましたが、こちら、自然火災 (Wild fire) があちらこちらで発生しております。(おお、すごい話が飛んだ!)時々、ハイウェイを走っていると脇道の草が真っ黒に焼けてることがあるのですが、これ自然火災だったんですね。てっきりタバコの投げ捨てだと思ってました。こちら、毎日、とっても暖かくて、昨日など25度 Cまで上がったんですよ。長いこと雨が降ってないし、空気はカラカラに乾燥してるし、あ〜あ、お肌もカサカサ。やれやれ〜。

日本は寒い日々が続いているようですね、この暖かさ分けてあげたいです。どうか、みなさま、お体には気をつけてください。

a0042932_136977.jpg
蛇口から水を飲むタロー先生。
乾燥には水分補給ってことでしょう。
アドバイスをどうもありがとう。

あ、テキサス大逆転したんですね、すごい!
明日周りのみんなハッピーだろうなあ。

# by organistnikki | 2006-01-05 13:26 | テキサスライフ | Trackback | Comments(7)
2006年 01月 03日

テキサス DE おせち

a0042932_1223227.jpg今日は地元の親愛なる姉御「千華(せんか)」さまが新年会に招いてくださいました。左の写真、美しいでしょ。これ、全部、千華さまのお手製。彼女の作る料理は、美味、芸術的で、それにレパートリーも広い。毎回、ものすごく楽しみのなのです。とくにおせち料理の素晴らしさには定評があり、私たち、実は1年前からこの日をずっと楽しみにしてました。

おせちって作るの大変ですよね。手間も時間もかかります。体力も使います。それなのに食べるって行為は、何てあっけないんでしょうねえ・・・・これだけの量を食べるのに1時間もかかりませんでした。わいわいがやがや、新年早々賑やかで楽しいひとときでした。

実は日本に住んでいた頃はおせち料理はそれほど好きじゃありませんでした。料理が冷えてるし、味も地味に感じたんです。でも異国の生活が長くなるにつれ、日本の伝統料理の素晴らしさに今さらながら魅せられてます。


a0042932_1254353.jpgなんで徳利があるんでしょう? この後、千夏ちゃんも私も午後の部の仕事に行きました(笑)。

左が私たちの大御所、右が着物姿の千華さま

ここで千華さまの年頭の一句をどうぞ。
「しあわせの 大きさ願う ことよりも 無事是名馬 年明けの願」千華

ありがとう!すっごい美味でした。
大御所さま、手作りのカステラと桜餅、ありがとう。

# by organistnikki | 2006-01-03 12:23 | テキサスライフ | Trackback | Comments(2)